英語の語り部を続ける85歳の女性被爆者に迫る『ヒロシマ・クライシス~私は伝え続ける~』

原爆投下から77年の「原爆の日」を迎えます。

三度、原爆が落とされることがないように。
この世からすべての核兵器が無くなりますように。
被爆地広島の願いが、いま危機にさらされている。
ウクライナに侵攻したプーチンの「核の恫喝」で多くの国が防衛力増強に走り、核兵器の必要性を意識し始めた。
それは、被爆国日本においても。
『使わなくても、持つだけで抑止力になるから必要だ』。
ある大学の授業で行われた学生への質問で核兵器保有、あるいは核兵器シェアを支持する意見が大半を占めた。
広島の訴えは潰えてしまうのか

そんな思いを抱く新人アナウンサーは、英語の語り部を続ける85歳の女性被爆者に会う。
『多くの人は、核兵器のことを何も知らない』。
『相手の気持ちに寄り添って伝えれば、分かってくれる』。
どんな危機が迫っていても女性の思いはまったく揺るがない。
伝えることの大切さを教えてくれた。

ヒロシマ・クライシス~私は伝え続ける~
放送局:RCCラジオ
放送日時:2022年8月6日 土曜日 14時00分~14時50分
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

八女茶スパークリングにサウナ―注目のサウナで最高のととのい!?

八女茶スパークリング

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。8月は八女市にあるFM八女の中島直樹さんと「夏を全力投球」というテーマで八女の魅力を再発見していく。14日(日)の放送ではおしゃれスポットへ生まれ変わった八女市健康増進施設のべんがら村を訪れた。(報告・荒木風花ディレクター)

Facebook

ページトップへ