「ふくしま」の元気を発信するラジオ番組「絆。十七字で奏でよう」

~「子どもと大人・子どもと子どもがペアで作る五・七・五」ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業~
福島県が平成14年度より実施しているこの事業は、 子どもたちの豊かな心を育むために、次の点に力を入れています。
○子どもたちの豊かな体験活動を大事にします。
○人と人との絆を深めます。
○学校、家庭、地域みんなで子どもたちを育てる体制づくりを推進します。
尚、平成30年度の応募数(組)は、絆部門、復興部門合わせて44,545組で、平成14年度から 延べ1,119,328人が参加しています。

番組では、 絆部門と復興部門の最優秀賞と優秀賞の計20作品を、「なすび」さんの感想を織り交ぜながら紹介してまいります。

「絆。十七字で奏でよう」
放送局:RFCラジオ福島
放送日時:毎週月曜~金曜 18時10分~18時12分
出演者:なすび
番組ホームページ

※ 2019年1月21日~2月15日、月曜~金曜に放送

※該当回の聴取期間は終了しました。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ