「ふくしま」の元気を発信するラジオ番組「絆。十七字で奏でよう」

~「子どもと大人・子どもと子どもがペアで作る五・七・五」ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業~
福島県が平成14年度より実施しているこの事業は、 子どもたちの豊かな心を育むために、次の点に力を入れています。
○子どもたちの豊かな体験活動を大事にします。
○人と人との絆を深めます。
○学校、家庭、地域みんなで子どもたちを育てる体制づくりを推進します。
尚、平成30年度の応募数(組)は、絆部門、復興部門合わせて44,545組で、平成14年度から 延べ1,119,328人が参加しています。

番組では、 絆部門と復興部門の最優秀賞と優秀賞の計20作品を、「なすび」さんの感想を織り交ぜながら紹介してまいります。

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ