九州派の中心 現代美術の重要作家「オチ・オサム」の世界

クリエイティブプロデューサー・三好剛平氏

福岡市美術館で3/24まで開催中の企画展「オチ・オサム展」。
オチ・オサムは福岡を拠点に活動した前衛芸術集団「九州派」の中心メンバーとして活動し、
その後2015年に亡くなるまで独自の表現を探究し続けた、福岡の現代美術の重要作家だ。
RKBラジオ「田畑竜介GrooooowUp」に出演したクリエイティブプロデューサーの三好剛平さんは
「地元にこんなすごい作家がいたのかと驚かされるに違いない」と評した。

オチ・オサムと九州派

オチ・オサムは1936年生まれの現代美術作家で、福岡を拠点として活動を続けました。

高校時代に美術部に在籍してはいましたが、以降大学などで専門的な美術教育を受けることなく、1955年に19歳となったオチは現在の凸版印刷に就職。その傍らで画業に勤しみます。そして同年9月に開催された「第40回二科展」に出展した作品が初入選し、なんとあの岡本太郎の目に留まります。ちなみにオチが本名である越智靖の漢字表記からカタカナの「オチ・オサム」と名乗るようになったのも、岡本太郎の勧めによるものだったと言われています。

この当時からのオチ・オサム作品の特徴のひとつとして挙げられるものは、通常は画材には使わないような素材も絵画に用いてしまう、独創的な発想でした。彼が二科展に出品した「花火の好きな子供」(1955)という作品には、通常では画材として使われない石炭由来の液体=コールタールが用いられていたように、恵まれない経済状況のなかにあっても、身近なものから面白い素材を見つけては試してみるような、既存の美術制度の型に嵌まらない自由な探究精神と、そのような素材でさえも美術として成立させられるだけの独自の美的センスを持ち合わせていました。

そして彼のキャリア前期を決定づける契機となるのが1956年、福岡出身の画家・桜井孝身(たかみ)との出会いであり、この二人の出会いこそが前衛芸術集団「九州派」結成のきっかけとなるものでした。

 

ここで「九州派」についてもご紹介します。「九州派」は福岡を拠点に1950年代後半から60年代にかけて活動した前衛芸術家集団です。「反芸術」「反東京」を掲げ、身近な生活用品を素材として用いながら、東京中心のアカデミックな芸術表現を批判し、活動しました。メンバーには桜井孝身やオチ・オサムをはじめ、菊畑茂久馬、田部光子らを擁し、以前この番組でもご紹介した、同時期に関西を中心に活動した前衛美術グループ「具体」などとも並び評されることも多い、戦後美術史においても重要な位置を占める美術集団です。

この「九州派」を特徴づける素材として挙げられるのが、アスファルトです。通常は道路の舗装や塗装に用いられる、わたしたちの「生活」にありふれた素材であるアスファルトなのですが、これを絵画に用いることで、当時の急速な都市開発や炭鉱の労働争議なども連想させる、九州派のシンボルとなっています。そしてこの素材を彼らが発見した背景には、オチ・オサムと桜井が交わしたある会話が背景にあったようです。

 

曰く、彼らは新しい絵画、その画面を実現し得る画材とは何かと模索するなかで、オチは、「桜井さん、総てのモノが色になりますヨ」、すなわち何も高価な絵の具なんて必要なく、砂だろうが紙だろうが何でもひっつけて画面上の「色」にしまえば良いと語り、しかしそれらをどうやってひっつけるのだと桜井が問えば、オチはアスファルトでもパテでも使えば良いと答えた。桜井はオチによるこの美術の枠にとらわれない天才ぶりに圧倒されつつも、まさしくここで現れたアスファルトこそが、その後の九州派を決定づける素材となっていったのでした。

圧倒的な「球体シリーズ」

その後、オチは彼のキャリア前期の代表作となる「出口ナシ」という作品を1962年に発表しますが、そこから一旦作家活動を停滞させます。その後、桜井の誘いで1966年から渡米し、当時全盛だったヒッピー文化などもインスピレーションとしながら、オチは徐々に新たなスタイルを手繰り寄せていきます。

 

その到達を見るのが、1970年代から晩年まで生涯をかけて追求するライフワークとなった「球体シリーズ」でした。現存する作品だけでも100点を超えるこの一大シリーズでは、宇宙空間のような仮想空間のなかに、色とりどりの球体が浮かぶ抽象的な絵画です。

 

無数の球体は一見ランダムに画面上に浮遊しているようで、実は画面に緻密なグリッドや円弧が引かれており、どの球体もその軌跡上に配置されています。ここにはオチ・オサムが見出した独自の世界認識が反映しています。

 

彼は「私は十字架がクロスした地点に立っている。私の母、娘は、私の十字架とは少しずつずれた十字架を背負って、この世の地平を見ています。となると、この世は網の目か碁盤ジマのようになってますね」と語ったと言います。それを踏まえると、この球体と軌道は、この世界における人間とその関係を示しており、またこのシリーズの絵ひとつひとつが、この世界を抽象的かつ理知的に凝集した曼荼羅のようなものとしても読めるのではないか、となっていきます。

実際、このシリーズを目の前にしてみると、その迫力と緻密さに圧倒されます。そして、キャリア前期においては新しい質感・新しい画面の成立を素材から徹底的に問い直していたオチが、ここにきていよいよ、純粋な絵画によってひたすら完璧に美しい画面へと到達した、とも言えるし、あるいはそこには世界の実像が写し込まれているのではないか、とか、あるいはオチ自身の脳内宇宙を映し取っているのではないか、など、無数の読みを引き受けて堪えるだけの、強靭な絵画としてオチの芸術が完成していくのを目の当たりにします。

 

このあたりの感動は、一枚の絵画だけを見て得られるものではなく、今回のようにキャリア前期から彼の表現の変遷を順に経ていきながら、ついに球体シリーズがまとめて展示されるブロックへと至るまでを経験してこそ得られる感覚で、そういう意味でも本展は、オチ・オサムの凄さを真に味わえる充実の展示となっています。

 

これを機に、是非皆さんも福岡の重要作家であるオチ・オサムの作品と出会ってみてください。地元にこんなすごい作家がいたのかと驚かされるに違いない、素晴らしい作品と展示ですよ。

福岡市美術館 企画展 「オチ・オサム展」

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、三好剛平
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

中川大輔「黒歴史を乗り越えていくテーマに共感してもらえたら嬉しい」 『鴨川ホルモー、ワンスモア』キャスト陣が意気込みを語る

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が、4月12日(金)に東京・サンシャイン劇場にて開幕。開幕に先がけて行われた会見にはキャスト9名と脚本・演出の上田誠が登壇し、開幕に向けた意気込みや作品の見どころを語った。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』キャスト陣

【初日前会見登壇者コメント】

中川大輔

<中川大輔>
40日間たくさん稽古を積んで今ここにいるので、圧倒的な充足感があり、すごく良い状態で本番に臨めるなと思っています。上田(誠)さんが稽古を観て「生命の喜びみたいなものを感じられた」とおっしゃっていて、そういうものを毎公演お客様に届けられるように演じていきたいです。
オニを使ってホルモーをするという一見奇想天外な話に思えて中身は青春群像劇で、更にその中でも黒歴史を乗り越えていくというのがこの舞台のひとつの主題だと思います。そういう経験は誰でもありますし、共感していただけたら嬉しいです。全公演全力で演じていきますので、ぜひ劇場へお越しください。お待ちしています!

八木莉可子

<八木莉可子>
キャストの仲が良くて、その仲の良さが舞台に表れていると思うので、お客様にも感じ取っていただけたらと思っています。そして大学生の頃の青い部分や少し恥ずかしい気持ちがたくさん詰め込まれた青春群像劇になっているので、観ていただいた後にお客様の青かったり恥ずかしかったりしたことも「良い思い出だな、よかったな」と肯定してもらえたら嬉しいです。

鳥越裕貴

<鳥越裕貴>
今までいろいろな台詞を喋ってきましたが、本当にオニ語だけがどうもしっくりこなくて。みんなでふざけてオニ語を喋っているうちにだんだんと馴染むことができましたが、時には仲が良すぎて怒られたりもしました(笑)。今ではオニ語で会話できるぐらいホルモーの世界にどっぷりと浸かっています。お客様に何かひとつオニ語を持って帰っていただけるよう、この世界にしっかり浸らせられるように頑張ります!

清宮レイ(乃木坂46)

<清宮レイ(乃木坂46)>
去年の夏ごろに出演のお話を頂いてから、あっという間に初日になってしまいました。すごく緊張していますが、みんなで何度もホルモーの練習を重ねてオニ語も体に染みついていて、今はもう自信しかないので、楠木らしく真面目に頑張ります!

佐藤寛太

<佐藤寛太>
自分たちが出ていないシーンでも他の人を見て学ぶことが多いですし、若いキャストも日々芝居がどんどん変わっていって、先輩方も面白い芝居を繰り出しているので、すごくワクワクドキドキしております。今日からやっと本番を迎えられるのがすごく楽しみです。

浦井のりひろ(男性ブランコ)

<浦井のりひろ(男性ブランコ)>
今回ヨーロッパ企画の角田さんと顔が似ているというありがたい偶然のおかげで出演が決まり、奇跡的なことだと思っています。同じ青竜会1回生の皆さんも素晴らしい人たちで、本当に大学時代に戻ってサークル活動をしているような楽しい稽古期間でした。1回生の中で角田さんだけがダントツで歳が上なのですが、1回生はアクションが多く、ふと目を離すと休まれているので、僕はそれを弟としてサポートしていけたらなと思っています。最後まで駆け抜けますのでよろしくお願いいたします!

平井まさあき(男性ブランコ)、浦井のりひろ(男性ブランコ)

<平井まさあき(男性ブランコ)>
稽古がとても楽しくて、あっという間の40日間でした。キャスト・スタッフ一丸となって作ったので今の時点でも良い作品だと思っていますが、お客様とのやり取りできっと更に良くなっていくと思いますし、ここからグルーヴが上がっていくのではないかと、とても楽しみにしております。「楽しみが多い」と書きまして「楽多(たのた)」と言わせていただきたいと思います。

槙尾ユウスケ(かもめんたる)

<槙尾ユウスケ(かもめんたる)>
今回は久しぶりの女性役ということで、最近のメイクのトレンドを取り入れて頑張っています。今回は芸人が二組いて、男性ブランコさんは勝手に尖っている芸人だと思っていたのですが、いざ一緒に稽古をやってみると優しくて話しやすく、すごく仲良くなれたのでよかったです。今、かもめんたるは漫才の大会に出場中なので、稽古期間中も実はそのことで頭がいっぱいでミスをしたこともありました(笑)。でも「鴨川ホルモー」と「かもめんたる」は“かも”つながりなので、縁があるなと思っています。

岩崎う大(かもめんたる)

<岩崎う大(かもめんたる)>
僕は上級生の役で現役のホルモープレイヤーではないのですが、ホルモーの試合は本当に白熱していてハードなので、ここに入ることにならなくてよかったという気持ちでした。ただ最近の皆さんも見ていると、ちょっと僕もやりたかったなと思います。原作を読んだ時にも思ったのですが、読み始めた時は「なんだこれ」と思いながらも、最後離れる時にはすごく寂しくなる、そんな体験ができる作品だなと。観終わった後にはきっと皆さんもホルモーをやりたくなっていると思います。

脚本・演出 上田 誠

<上田 誠(脚本・演出)>
ニッポン放送さんとは原作のある作品を演劇にするという取組みをずっとやっておりまして、今回がその第4弾となります。万城目学先生の作品『鴨川ホルモー』と『ホルモー六景』は、一人称による「ホルモー」という謎の競技をめぐる青春小説なのですが、今回はそれを18人のキャストによる群像謎競技巨大コメディ=「巨(キョ)メディー」として舞台化しました。演劇界や俳優界のみならず各方面から集まった18人がホルモーの訓練を積みまして、オニ語を習得し、数多くの情緒と段取りを身に着けまして、今日この日を迎えることができました。強豪校と呼んで差し障りのない仕上がりになっていると思います。優勝を目指します!

『鴨川ホルモー、ワンスモア』キャスト陣
【『鴨川ホルモー、ワンスモア』初日前会見及び公開通し稽古(ゲネプロ)概要】
<日程>2024年4月12日(金)
<場所>サンシャイン劇場(東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ 文化会館4F)
<登壇者>中川大輔、八木莉可子、鳥越裕貴、清宮レイ(乃木坂46)、佐藤寛太
浦井のりひろ(男性ブランコ)、平井まさあき(男性ブランコ)
岩崎う大(かもめんたる)、槙尾ユウスケ(かもめんたる)
脚本・演出 上田 誠

Facebook

ページトップへ