劇場で見逃すな!映画「ソウルフル・ワールド」

クリエイティブプロデューサー・三好剛平氏

本日ご紹介するのは4/12(金)よりシネコンほか各劇場で上映されているディズニー×ピクサー制作による『ソウルフル・ワールド』という映画です。先月にも一度この番組でご紹介したように、3月15日より「ディズニー&ピクサー“泣ける名作”3作品」という企画で、コロナ禍によって惜しくも劇場未公開となっていたディズニー×ピクサー制作の『私ときどきレッサーパンダ』『あの夏のルカ』『ソウルフル・ワールド』という傑作3本が、2週間ずつ順番に劇場で「初公開」されていくプログラム、その最後を飾るのが今日紹介する『ソウルフル・ワールド』です。これ、あらゆる角度からも、ついに劇場で見られるこの機会を絶対逃すべきでない映画であるのに加え、僕の人生の転機をも大きく左右してしまった特別な映画なもので、ここからその魅力についてご紹介していきたいと思います。

 

どんな物語?

まずはあらすじから。主人公はニューヨークでジャズピアニストを夢見ながら中学校の音楽教師を続ける黒人男性ジョー・ガードナー。毎日心のどこかで「いつか叶える夢」としてジャズピアニストになる機会を伺いつつも、生活のためもあってしょうがなく教師生活を続けています。

 

そんな折、ジョーが「彼女と共演できたら死んでも良い」というほど憧れていたジャズ・サキソフォニストであるドロシア・ウィリアムズのライブで、ピアニストとして彼女と共演できるかもしれない機会がめぐってきます。オーディションがわりのセッションで実力を存分に披露した彼に、ドロシアは「今夜9時、良いスーツを準備して」と、見事その日の夜のライブ共演のお声がかかることに。いよいよ人生の転機!とばかりに浮き足立つ彼でしたが、その道すがらで、工事中のマンホールから落下する事故に見舞われてしまいます。

 

目覚めた彼がいたのは、すべての魂が集まる「生まれる前の世界」。彼は仮死状態のまま、この世界に魂だけ迷い込んでしまいます。

 

この「生まれる前の世界」=ユーセミナーは、地球上の生命になる前の魂(ソウル)が、どんな個性や才能、興味を持つのかを決める場所。子どもみたいな生まれたての魂たちが、色んなアクティビティを経験しながら、胸元に貼られた7つのスタンプシールを埋めていきながら、自分だけの「性格」を形成していきます。

 

なかでも一番大切なのが、そのスタンプシールの一つである「一人ひとりの“きらめき(spark)”」と呼ばれるもの。「自分のやりたいこと」が見つかった瞬間にそのスタンプが埋まれば、地上の生命になる準備が完了ということで、魂たちが地上へ飛び立っていく、という仕組みです。

 

この世界で、何百年も地上の生命になることを拒み、居座り続けているのが、22番と呼ばれる“こじらせ”ソウルさん。彼女は自分のやりたいことや好きなことを見つけられず、「人間に生まれたくない」とずっと思っています。

 

かたやこの世界に迷い込んでしまったジョーの魂は、このこじらせ22番に「自分のやりたいこと」を見つけて地上の生命になることを決意させてあげられたら、彼ももういちど人間界に生き返ることが出来そうだと知ったことから、ジョーと22番は、彼女の人生の“きらめき”を一緒に探すことになるのだが——、というお話です。

劇場で見た方が良い3つの理由

ここからこの映画をまず劇場で観た方が良い3つの理由をかけあしでご紹介します。

 

まず一つ目は観たことのない「生まれる前の世界」の描写です。マンホールから落ちて彼が目覚めてたどり着いた世界の世界観は、おそらく誰もがちょっと見たことない「あの世」観がすごいです。語弊のないようにお伝えすると、不思議な穏やかさと、ちょっとヤバいとこに来てしまった、と直感で理解できる異様な迫力が両立する、これまでどの映画でも観たことのないような描写になっています。これ、絶対に映画館で見たら圧倒される描写ですから、、まずはここを一つ目のポイントとして推しておきたいと思います。

 

続いて2つ目は、ジャズ演奏にまつわる場面です。映画の主人公のジョーが会話の最中に披露するジャズピアノや、憧れのドロシア・ウィリアムズ・バンドとのセッションシーンなど、この映画では音楽がもうひとつの主役になっています。天下のピクサーがそのような音楽の映画をつくるとあらば、迎える才能もさすが超一流とあって、まず主人公のジョーのピアノ演奏、および全体のジャズ監修には2022年にグラミー賞を独占したジャズ畑出身〜今ではソウル・ミュージシャンとして大活躍するジョン・バティステが起用されています。

 

そしてドロシア・ウィリアムズ・バンドの演奏シーンについても、ビヨンセのツアーバンドでサックスを務める女性サキソフォニストのティア・フラーをはじめ、現代ジャズシーン注目のドラマーのひとりであるマーカス・ギルモアなどの名前が並ぶ超本格仕様。映画の中でも、ジャズ演奏の場面ではちょっと音が前に出てくるような音響設計で「ガチで聴かせにくる」場面となっていて、これを劇場の音響で聴けるのはもはやジャズライブを楽しむのも同然。間違いなく「音楽映画」としても楽しめる贅沢さになっています。

 

そして最後が、やはりこの物語を映画館で見られること自体の特別さです。
これまでご紹介した通り、この映画で描かれるのは、「死にたくない魂」としてのジョーと、「生きたくない魂」である22番の出会いと葛藤。その先にあるメインテーマは、世界中であらゆる哲学や宗教が問い続けてきた人類最大の問いである「人生の意味」=なぜ私たちはここにいて、生きるのか。そしてその間に何をすべきか、といった問いになっていきます。

 

22番が抱く、怯えからくる皮肉な視点。経験したことのない転機を前に恐れを覚え、自分は「取るに足らない存在」だと感じてしまう感覚。自分だけが持つ才能を自分自身が信じられないし、そもそも夢中になれることが見つからない「何かが欠けている存在」という感覚。そして、そんな自分でも「人生の意味」がないとだめなのか?という問い。

 

彼女と対になるのがジョーです。彼はジャズ・ミュージシャンになるという、それだけで生きる意味になるだけの「人生の目的」が明確になっている。確かに彼のその情熱は彼自身を成長させもするけど、しかし一方で、1つのことしか目に入らないせいで、他の大切な瞬間を見逃す可能性もある。そんな二人の出会いが、最後にどういう場所に行き着くのか?ここをどうか見届けてほしいと思います。

 

映画の終盤はもう涙・涙で画面が見えなくなるほどだし、私たちが最後にたどり着くひとつの結論は、ほとんど禅の境地などにも近いような、圧倒的にシンプルで究極なものです。そこへ至るまでの旅を、どうか楽しんでもらいたい。ちなみに僕はこの映画を数年前に見たことで、ようやく自分の人生をどう生きていきたいか決断することが出来、今の仕事を始めました。そんなふうに、ひとりの人生を変えてしまうくらいの影響力を持つ、本当に特別な映画です。

 

最後に、本作の制作者たちが語ったひとつのメッセージを紹介して、この紹介を締めくくりたい思います。「誰もがみんな、心の奥深くで人生の目的を探しています。そしてこの作品を見た人は、私たちの人生は贈り物なのだと感じてもらえるはずです」。

 

「ソウルフル・ワールド」は明日、4月12日(金)から2週間限定で、シネコン各劇場で上映です。どうかお見逃しなく!


 

映画「ソウルフル・ワールド」

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、三好剛平
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

乃木坂46賀喜遥香「『えへ、えへへへ』って笑っちゃって(笑)」山下美月の卒業コンサートで披露した「I see...」の“あおり”を反省!?

乃木坂46の賀喜遥香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 乃木坂LOCKS!」(毎週木曜23:08頃~)。5月16日(木)の放送は、リスナーから寄せられたメッセージを紹介するとともに、5月11日(土)に東京ドームで開催された「乃木坂46山下美月 卒業コンサート」DAY1を振り返りました。


乃木坂46の賀喜遥香



――リスナーが話したいこと
「遥香先生、美月さんの卒業コンサートおつかれさまでした! 私が特に印象に残ったのは、1日目に披露した『I see...』です。美月さんと2人でセンターに立つ遥香先生は、いつにも増して笑顔が本当にかわいかったですし、見ているこっちもずっと楽しくて“この時間が永遠に続けばいいのに”と思っていました。美月さんも遥香先生のいいところを見つけてくれたけれど、私たちも負けないくらい遥香先生のいいところをもっと見つけて、これからもずっと乃木坂46を応援していきます!」(24歳)

――「アドリブ対応中にまさかのハプニング!?」

賀喜:ありがとうございます! DAY1では「I see...」を(美月さんと)一緒にセンターで披露させていただきました! 「I see...」は先輩の卒業コンサートで披露することが多くて、そのたびに私が曲の間奏であおることが定番になってしまっています(笑)。

いつもは間違えちゃったらイヤだから文言をちゃんと決めるんですけど、今回は「美月さんと2人で(あおりを)やってください」って言われて。だけど、美月さんは1日目も2日目も、曲だったり、MCだったり、覚えることがいっぱいすぎて“そこまで覚えられないだろうな”って思っていたんです。

それで、美月さんと「『I see...』のあおりはどうしましょうか?」とお話をしたときに、美月さんから「賀喜に任せるし、2人であおるところは流れに任せてノリでやっちゃおう!」と言われたので、初めて文言を決めないでやってみたんですね、「東京ドーム声出せ~!」って。

そうしたら、美月さんが「かっきーも盛り上がっているか~!?」と言って、「おー! いけるぞー! 美月さんも一緒に盛り上がりましょう~!」って言った後に、私がめっちゃマイクに乗せて「えへ、えへへへ」って笑っちゃって(笑)。いつもだったら間奏でカッコよく「この後も盛り上がっていくぞ!」みたいに言いたいのに、「美月さんも一緒に盛り上がっていきましょう! えへ、えへへ、えへへへ……I see」って曲に入っちゃったことをすごく反省しました(笑)。

終わった後、マネージャーさんに「私の変な笑い声が入っちゃいましたよね」って聞いたら、「でも、それが卒コンっぽいし“賀喜は本当に美月さんのことが好きなんだな”っていうのが、あの一瞬で伝わってきたから、いいと思うよ!」と励ましてくれたので、結果的に良かったかなって(笑)。若干の後悔はあるんですけど、楽しかったですね! もし見返す機会があったら、私の気持ち悪い笑い声も聴いてみてください(笑)!

----------------------------------------------------
5月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月24日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ