新たなランドマークが誕生した福岡市姪浜エリアで“最古の商店”はどこ?

スナッピー小島可奈子(右) ©RKBラジオ

今年4月、複合商業施設「MEINOHAMA STEPS」(メイノハマ ステップス)がオープンし注目を集めている街、福岡市西区姪浜エリアを、RKBラジオのキャスタードライバー「スナッピー」が訪問。5月13日~16日の『Toi toi toi』で新・旧の商店や企業を口コミだけで探し中継放送した。(報告・スナッピー小島可奈子)

姪浜の新ランドマーク「MEINOHAMA STEPS」

かつて唐津街道や魚町通りを中心に宿場町として、また炭鉱の町として栄えた時代の面影を残す、福岡市西区姪浜。取材のルールは①インターネット上の情報に頼らないこと、②取材で紹介したところよりも歴史の長い商店や企業を訪ねること。月曜日にスタートして、最終日の木曜日に向かって、創業年数の長いところにたどり着こうという企画です。

①創業1か月「MEINOHAMA STEPS」(メイノハマ・ステップス)

今年4月19日にオープンした姪浜エリアの新たなランドマーク。「ライフスタイルの提案」をコンセプトにしています。5階建てで、1階に飲食店、2・3階は北欧家具とインテリアのショップ、4階はコミュニティスタジオ、5階にヘアサロンがあります。

MEINOHAMA STEPS

運営する株式会社サワライズは福岡市西区(姪浜・小戸・愛宕)で不動産や医療事業をはじめ、小戸ゴルフセンター、姪浜ドライビングスクール、テラシス桜花、あたごはま幼稚園・保育園の運営を手がけています。

サワライズの牛島雅さんに「MEINOHAMA STEPS」を詳しく紹介してもらいました。

1階のレストラン「kubelto(クベルト)」は、姪浜漁港で水揚げされた活きのよい魚介と糸島の肉・野菜などを使った、本格的な薪火料理を楽しめます。店舗中央には「薪グリル」があり、熾火で時間をかけて焼き上げることで、素材の旨味を最大限引き出しています。

4階のコミュニティスタジオは、五感(見る・聞く・嗅ぐ・食べる・触る)+αひらめきを体験・体感でき場所になってほしいという思いを込めて「gokant」という名称がつけられています。習いごとや個展・イベントなどに利用できますが、オープン1か月ですでに70以上のスクールがあるそうです。取材で訪れた日「gokant」では「はじめての消しゴムハンコイベント」が開かれていました。

姪浜の歴史をさかのぼっていく取材

②創業11か月「惣菜屋&素のまま」

姪浜で保育園を経営する吉野さんが「こどもたちの食育のために」と、素材の味を生かした惣菜を提供するお店。姪浜は福岡市内でも子どもの数の多い地域なのだそうです。

③創業15年「ハマのフレンチ」

佐賀県唐津市出身のシェフが「地元に似ている」と感じオープンしたフレンチレストラン。姪浜は漁港が近いことから新鮮な魚が入るのが気に入っているのだそう。姪浜住吉神社の前にあることから、七五三のお祝いで利用する家族もいるそうです。

④創業59年「barbarひろた」

87歳の初代オーナーが28歳のときに創業した理髪店。現在の店舗に至るまで2度移転していて、経営も息子さんが2代目として引き継いでいます。店内には親子共通の趣味である釣り竿やギターが飾られていました。

創業70年超えを発見…どこまでいく?

⑤創業70年「タケオ薬局」

姪浜の歴史に詳しい、2代目の竹尾真一さん(66)によると、かつて薬局の前には、西鉄路面電車の終点から延びた引き込み線があったそうです。博多どんたくの花電車を見ようと、たくさんの人がお店の前に集まり、賑わっていたそうです。

⑥創業77年「中西商店」

鰹節を削り販売する中西商店の店先からは、鰹節のいい香りと削る音が響いています。削る機械は創業当初と同じものを使用。

⑦創業78年「エルライト」

店内には78年前、当時小学4年生だった2代目の近藤さんが撮った、店の外観の白黒写真が飾られていました。現在はガス器具を扱っていますが、炭鉱の町だった姪浜では創業当時、木炭などをリヤカーで売り歩いていました。

 

(次ページ)ついに“100年企業”を発見!最後は驚きの…

友達からのバンドの誘い、楽器歴が浅いけれど挑戦してみたい…SUPER BEAVERが10代リスナーの悩みに答える

SUPER BEAVERがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! ビーバーLOCKS!」。7月12日(金)の放送では、生徒(リスナー)と直接電話を繋ぎ、バンド活動に関する相談に答えました。


SUPER BEAVER(左から上杉研太、藤原広明、渋谷龍太、柳沢亮太)



<リスナーからのメッセージ>

4人に相談したいことがあります。私は今、中学生の頃から念願だった軽音楽部に所属し、ベースを担当しています。ある日、同じクラスの友達から「ベース担当がいないから掛け持ちでバンドをやらないか」と誘われました。

誘ってくれたことはとても嬉しかったし、やりたい気持ちもあるけれど、4月からベースを始めた私なんかが掛け持ちをしていいものなのかと思い、答えを出せずにいます。

返事はゆっくりで大丈夫だよと友達は言ってくれましたが、そのことを考えるとモヤモヤしてしまいます。4人からバンド掛け持ちへの背中を押してほしいです(15歳)

――柳沢「友達に誘われるのも才能の1つ」

渋谷:4月ってこのあいだだよ? すごいことだなと思っております! 電話しながら直接相談に乗りたいなと思います! もしもーし! ありがとうね!

リスナー:こちらこそありがとうございます!

渋谷:めちゃくちゃハキハキしているから、掛け持ちに誘われている理由がわかるよ! 中学生の頃からやりたかった軽音部に入ったんだ? 楽しい?

リスナー:はい! 先輩も優しくて、理想の軽音部って感じがしています!

上杉:最高じゃない! 何にも言うことないですね~!

渋谷:ベースはいつからやっているの?

リスナー:ちょうど2ヵ月前にやり始めました!

渋谷:入ってからベースを始めて、掛け持ちに誘われているのね?

リスナー:はい!

藤原:もしかして、天才なのか!?

上杉:元々メンバーがいないから「あなたがベースをやって!」的な感じですか?

リスナー:そんな感じです(笑)。

上杉:だいたいみんなギターとかボーカル、ドラムとかで、最初からベースを弾いている人は少ないよね。要は、人口が少ないから強制的に始めましたっていうベーシストが今も周りにいますから。あるあるですよね。

リスナー:そうですね(笑)。

渋谷:でも、よかった! バンドを組んだり、誰かと音を出すってすごく楽しいでしょ?

リスナー:本当にすごく楽しいです!

渋谷:その楽しいっていう気持ちが一番大事だと思うからね。なるべく長く継続して楽しんでほしいなって思うんだけど、お悩みとしては「かけ持ちを誘われたけど、やっていいのかな?」っていうことでしょう? 「私なんかが掛け持ちしてもいいのかな」と思っている、悩みの根幹の部分は歴が浅いからなのかな?

リスナー:はい。周りのみんなは楽器経験者の子が多くて、私だけ始めたばっかりなので、浮いちゃうんじゃないかなって不安があります。

渋谷:そういうことね! ちなみにだけど、リスナー的にはやりたい気持ちはあるのかな?

リスナー:やりたいです!

上杉:それでいいじゃない!

柳沢:やっちまえ!

藤原:やっちゃえよ!

柳沢:誘われている時点で一緒にバンドやりたいんでしょ?

渋谷:歴以外に悩んでいることがないんだったら、やっちゃえって俺ら的には思うんだけど?

リスナー:やりたいです!

渋谷:オッケー! 俺もバンドを始めたときなんて、上杉に誘われて、人前で歌ったことなんてないような状態で始めてさ。今、20年目だぜ?

リスナー:すごいです!

渋谷:延長線上にいるんだぜ?

柳沢:この電話の最初にぶーやん(渋谷)が誘われた理由がわかるって言ってたじゃん? 仲がよくて、友達に誘われるっていうことが、もうすでに1個の才能だと思うけどね。

渋谷:本当にそうだと思う!

――上杉「緊張しないコツはないです」

渋谷:せっかくの機会だから、上杉に聞いておきたいことはある? ベースだし、何かあったりする?

リスナー:ステージのことを考えると弾くときに手が震えてきちゃうんですけど、緊張しないコツってありますか?

上杉:緊張しないコツはないです! 我々4人だって各々今でも緊張しているし、緊張するっていうことに対して、最終的にどういうふうに向き合っていくかってことになるだけで。緊張しないように人が成長していくことってたぶんないんですよね。

思いっきり準備してステージに立ったら緊張して手が震えちゃったとしても、「思いっきりやるんだ」って気持ちで挑むことを積んでいくことしかないと思うんですよ。だから、 頑張って練習して本番になったら、ドーンとやっちゃえばいいと思いますよ! それで終わったときに、一皮も二皮も剥けていくと思うんだよね。

渋谷:一生緊張するんだって思ったら、別に普通のことじゃない?

上杉:そうそう! (緊張は)あるものと思ってね。

渋谷:緊張することが特別なことでも、恥ずかしいことでもまったくないから。絶対に緊張するもんだと思って取り組めば大丈夫よ!

リスナー:はい!

藤原:楽しんでやってね!

渋谷:じゃあ、結果的には掛け持ちする方向に気持ちは傾いたかな?

リスナー:はい! やります!

上杉:素晴らしいですね~!


----------------------------------------------------
7月12日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年7月20日(土)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ