財津和夫、ヘタウマをやって上手い人を超えていく力を持っているビートルズを目指した

TULIP・財津和夫が、時には60年代の音楽の潮流を考察してみるRKBラジオ『財津和夫 虹の向こう側』。6月9日の放送では、ロックそしてビートルズへの思いを、いつもとは異なる切り口で綴ります。

勉強になる音楽と、心惹かれる音楽は違う

6月9日は日本語の語呂合わせで「ロックの日」。そして、財津がROCK=ロックと聞いて思い浮かべるのは勿論ビートルズ。そのロックの起源について、財津が口を開く。「ビートルズのホワイトアルバム(英米では1968年発売の2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』の通称)の中の『ヘルター・スケルター(Helter Skelter)』いうポールマッカートニーが作って歌った曲がある。そこから『ロック』が始まったって言われてますね」
ロックという言葉は、誰が言い出したのかもいまやわかりませんが、ビートルズのこの曲から始まったというのは有力な諸説うちのひとつのようです。

世界中で若者の力が大きな高ぶりを見せた1960年代。アメリカではベトナム反戦運動がムーブメントのひとつとなっていました。
「自分たち若者が、なぜこれをやっちゃいけないんだろうという思い。それを代替する言葉がロックだ、と僕は考えています。社会的なメッセージが強かったんです。音楽の力って凄いじゃないですか。だから、その音楽の力と同時にロックという言葉が若者を動かしたんでしょうね。」
「ちょっと気取った言い方をすると、ROCKって書かれたチェーンを世界中の若者みんなで持っていたような気持ち。このチェーンで大人たちを巻き付けてどこかに捨てよう、そんな力をロックという言葉が持っていたんだと思います」
ロックの根源的な意味を語ったところで、ビートルズ以外のロックについて問われた財津、「僕は、ロックを語るにあまりふさわしくない人間なんですよ」と、なぜか尻込み調になってしまう。自分は軟弱な人間で、問題意識も何もなく、カバー演奏をしたくてバンドを組んで歌を始めたのだ、と。意識的に安保闘争や反戦歌フォークなどの潮流から、距離を置いていたのかもしれない。

ロックから離れて、若かりし頃の財津の音楽への傾倒・嗜好について、思うままに話が続く。
「どんな歌も好きでしたね。ビートルズは格別に好きでしたけど、変な感じだったんです。ビートルズは一言で言うと語弊がありますが、ヘタウマをやって上手い人を超えていく力を持っている。その力にどういう秘密があるのかをものすごく知りたかったんですけど、今でもわかりませんけどね」
「他のアーティストはものすごく演奏も歌もうまいし、音楽的にもしっかりわかりやすく、そして高度な感じで伝えてくれるんです。そういう意味では大好きで、勉強にはなりましたね」
音楽的に教養の高い勉強になる音楽と、なぜか心惹かれる音楽は違っていたのだ。
「いろんなアーティスが好きでしたけど、そのアーティストというより曲が好き。作品が良ければアーティストが誰でもいいじゃないですか。PPMはハーモニーが面白くで良く聴いていました。それからビージーズ。ビートルズのモノマネで出てきたんですけど、その時も、ディスコサウンドになってからも良かったですよ」
「あの頃のバンドは、世界中がみんなビートルズを目指したんじゃないですか。TULIPは、目指しても近づくこともできないだろうな、でもマネしたいなって」
いまだにビートルズの力は世界中すごい、ということで、今回の財津のロック論転じてビートルズ論はお開きです。

今日の一曲は、ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」。1954年に発表、翌1955年のアメリカ映画「暴力教室(Blackboard Jungle)」の主題歌として使用され、大ヒットしました。ロックンロール時代の始まりの曲のひとつともいわれています。

次回6月16日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
「麺類」についてお話しします。

財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ