福岡アジア美術館で開催中!「アジアン・ポップ」の豪華イベント!

クリエイティブプロデューサー・三好剛平氏

現在福岡アジア美術館で開催中、この番組でも5月にご紹介したコレクション展「アジアン・ポップ」の関連イベントとして2日間限定で開催されるスペシャルな企画がある。このイベント、「アジアン・ポップ」展に出品されているインドの絵画作品と、その創作源であり日本のスクリーンでは滅多に見ることのできない“インド映画の歴史を変えた金字塔的作品”が楽しめる貴重な機会となっていると、RKBラジオ「田畑竜介GrooooowUp」に出演したクリエイティブプロデューサーの三好剛平さんが熱く語った。

「アジアン・ポップ」とは

まず、はじめに現在福岡アジア美術館で開催中の展覧会「アジアン・ポップ」のおさらいから。

「アジアン・ポップ」は福岡アジア美術館の開館25周年記念コレクション展として開催されているもので、アジ美が開館以来収蔵している貴重なコレクションに新たな光を当てていく展覧会です。アジ美は「世界で唯一アジアの近現代美術を専門に収集保存する美術館」として、そのコレクションにも特徴があり、まずはアートの業界で既に価値が認められたアジアの「ファインアート」に加え、アートとして認定はされていないが市民の暮らしに深く浸透している、広告や娯楽に関連する表現物=「大衆美術」、土地ごとの信仰や習俗に関連して生まれた独自の表現物=「民俗芸術」といったものたちも多数収蔵していて、現在5,000点に及ぶコレクションのうち、その約半分、50%が大衆美術で占められているそうです。

 

そのような大衆美術も含んだ独自のコレクションの魅力をどのように伝えていくか考えた際に学芸員さんが見つけられたのが、「ポップアート」を切り口として光を当てていくキュレーションでした。「ポップアート」は1950年代に欧米から始まったアートのトレンドで、大量消費社会が生み出した商業広告やイメージをアート表現に取り込み、現代社会に対する皮肉も込めながら作品化していくアート表現でした。1980年代にはアジアでも「ポップアート」の手法を取り入れた作品が多数作られており、これらの作品と、そのルーツとなった「大衆美術」とを一緒に紹介・展望していくのが、この「アジアン・ポップ」という展覧会なのです。

インド・パキスタンの映画ポスターが並ぶコーナーに異彩の作品が

さて、この会場の中頃に、インドやパキスタンの映画ポスターがずらりと並ぶコーナーがあり、その中で異彩を放つ絵画作品として展示されているのがアトゥル・ドディヤの「ガンボージ色のガッバル」という作品です。実際に作品の図版もご覧いただきながらご紹介しますが、黄色い画面(ガンボージ色、藤黄とうおう色)の真ん中に、緑の軍服と血走った眼で銃を発砲する男の姿。そしてそれを取り囲むようにして、血を流して倒れている人間や、馬に跨り銃を担いで出発しようとする男性の姿などが描かれています。さらに奥には骸骨なども描かれていて、画面全体はカラフルながらもよく見ると結構物騒です。そしてその画面の下部分には、そうした一式に向かって手を合わせて拝んでいる子どもたちの姿。

 

実は画面中央で銃を構える男は、1975年公開のインド映画史上最大のヒット作『炎(原題:SHOLAY)』に登場する悪役ガッバル・シン。そしてガッバルの周囲に描かれた暴力シーンや死のイメージも、映画のなかの場面と関係しています。また、それらに向かって合掌する子どもたちは、そのような暴力的な映画も無批判に楽しみ有り難がってしまう大衆の姿を象徴しているとも言われています。作家であるアトゥル・ドディヤはこのようにして、映画や広告など大衆の日常に溶け込んだ様々なイメージを組み合わせながら、インド社会の問題を鋭く浮かび上がらせています。

 

さてそんな大衆の価値観に深く影響を与えた映画として引用されたのが『炎 SHOLAY』という1975年の映画になるわけですが、実はこの映画、興行面も、そしてその後のインドカルチャーに与えた影響も、いずれも予想を超える破格の作品だったのです。

映画『炎 SHOLAY』とは

まずは『炎 SHOLAY』のあらすじから。
インドのある村の首長を務め、かつては警官だったタークルは、警官時代に出会ったジャイとヴィールという勇敢な泥棒コンビにある提案を持ちかける。それは村を襲撃する恐ろしい盗賊ガッバル・シンを、賞金と引き換えに生け捕りにするというものだった。その依頼を引き受けたジャイとヴィールは、村の人々と交流しながらロマンスや友情を深めますが、いよいよ極悪非道なガッバル・シンとの対決の日が迫ってくる——。

 

1975年8月15日のインド独立記念日に封切られたこの『炎SHOLAY』ですが、劇場では映画にあわせ観客たちが歓声を上げながら熱狂する満員御礼状態が続き、口コミで評判が広がり、インド全国を巻き込んだロングランとともにド級の国民的大ヒットとなっていきます。ある劇場では1975年の公開からなんと5年以上もこの映画の上映を続けたことでようやく客足が収束した、というとんでもない逸話が残っているほど。

 

当然のごとく、これだけのヒットを通じて、本作に出演した俳優たちや制作スタッフたちはインド映画シーンで現在も活躍するような大スターや大脚本家などになっていきました。加えてこの映画に登場したひとつ一つのシーンやセリフは、その後のインドの人々の大衆文化、ポップカルチャーに多大な影響を残していきます。ある時期以降、劇場では映画のセリフを暗唱した観客たちが、映画に向かってセリフを言い合うような風景が生まれたり、映画の場面がその後のあらゆるインド映画に引用されていきます。

 

日本にインドの大衆映画が本格的に輸入され始めた90年代中盤に日本でも公開された1992年の『ラジュー出世する』という映画でもこの『炎』が引用されていたのをはじめ、それこそ、2022年に日本で公開されたあの『RRR』 のなかにも、インド映画ファンのなかで「DOSTI(友情・絆)」モノとされる主人公二人の相棒関係をこの『炎』との影響から読み解く批評も存在するほど。

今週末はスペシャルな2日間!インド映画を堪能できる!

とにかくそのようにしてインドの大衆文化に今もなお大きな影響を与えた国民的超大作だったわけですが、日本では調べる限り、劇場では1988年にある映画祭で字幕付きで上映され、その後何度か上映されたのみ。そして2022年にJAIHOというアジア映画を中心とした配信サービスで期間限定配信されたのみにとどまっており、日本の映画ファンにとっても幻の一作という状況でした。そこを今回、なんと特別にインドの配給元と調整し、アジア美術館の8Fあじびホールで、2日間限定で日本語字幕付きのスクリーン上映をお楽しみいただける、ということなのです!

 

6/15土は福岡を拠点に活動するアジアンDJユニット・ソムタムワナカーンのDJパーティとともに、そして8/17土はアジア映画研究者で『炎』の字幕翻訳も手がけた松岡環さんのオンライン解説トークとともにお楽しみいただける、特別な2日間です。しかもなんと鑑賞は無料!

 

詳細はアジア美術館のホームページのイベント欄や、SNSの投稿などでぜひご確認ください。アジ美が収蔵するコレクション作品と、それに関連する日本では滅多に見られない映画作品をみんなでスクリーンで見て、インドの文化そして美術館のアート作品への理解までを楽しく深められる、この貴重な機会をどうかお見逃しなく!

6/15(土) アジアン・ポップ☆イベントⅠ

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、三好剛平
番組ホームページ
公式X

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

今日の運勢占い7月20日(土)12星座占いランキング第1位は乙女座(おとめ座)! あなたの星座は何位…!?

2024年7月20日(土)の毎日占い「12星座ランキング」を発表!
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」では、今日の運勢や今週の運勢、心理テストなどを配信中です。2024年(令和6年)7月20日(土)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属・占い師のムクルさんが占います。「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」第1位は乙女座(おとめ座)! あなたの星座は何位……?



【1位】乙女座(おとめ座)
ワクワク、ドキドキすることに意識を向けてください。遊び心いっぱいに行動することで、運気が上がるでしょう。挑戦したいと思っていたことがあれば、今日始めてみるのもいいかもしれません。

【2位】牡牛座(おうし座)
価値観が広がるような出会いがあるかもしれません。いつもとは違う行動をしてみましょう。勧められていた本を読みはじめてみるのもいいかもしれません。外出も運気を上げるでしょう。

【3位】山羊座(やぎ座)
ありのままのあなたを表現することで、良い流れがやってきます。無理や我慢をしていたことがあれば、今日は自分自身を解放してみましょう。好きなことに贅沢に時間を使うといいでしょう。

【4位】蟹座(かに座)
パートナーシップを意識すると、喜ぶごとが起こるかもしれません。好きな人とやりとりをしたり、デートをしたり、2人きりの時間を楽しみましょう。お仕事などの契約ごとの話をするのにも良い日です。

【5位】魚座(うお座)
周りの方との関係を大切にしましょう。いつも関わっている人たちに、感謝を示していくことで運気がUPします。笑顔で挨拶をしたり、ありがとうの言葉を意識して使ったりするといいでしょう。

【6位】牡羊座(おひつじ座)
将来の計画を立てましょう。具体的な目標を立てることで、今なにをするべきなのかも明確になるでしょう。革新的なアイディアや素晴らしいインスピレーションが湧いてくるかもしれません。

【7位】蠍座(さそり座)
お家時間を楽しむことで運気が上がるでしょう。好きな映画やドラマを観たり、気になっていた本を読んでみたりするのもいいでしょう。短時間でも良いのであなただけの時間を作って、有意義に過ごしてください。

【8位】水瓶座(みずがめ座)
もし、あなたがいつも忙しく動いているのならば、なにもしない時間をつくることも大切です。ゆったりと静かに過ごすことは、心を落ち着けるためにも必要なことなのです。意識をしてみてください。

【9位】天秤座(てんびん座)
今日関わる人には、アットホームな気持ちで接しましょう。お相手を受け入れるあたたかな態度をみせていくことで、好感度が上がり良い流れがやってきます。穏やかな心でいることを意識しましょう。

【10位】射手座(いて座)
お金を使うと運気がUPします。日ごろからお世話になっている方や、好きな方にプレゼントをしたり、ご馳走をしたりするのもいいでしょう。今日は、心にゆとりをもって贅沢に過ごすと良さそうです。

【11位】双子座(ふたご座)
あなたの魅力がUPする日です。とくに異性からの人気が上がるので、アプローチを受けることもあるでしょう。新しい出会いを求めている方には良いですが、そうではない方は注意が必要かもしれません。

【12位】獅子座(しし座)
理想の生活スタイルを意識しましょう。食事や運動、睡眠時間など、改善しようかなと考えていたことがあれば、すぐに行動してください。充実した日々を過ごすために、今日できることをやってみましょう。

【今日の一言メッセージ】
あなたが今まで歩んできた道のりのなかに、あなたが必要とする答えがあります。何かに迷うことがあったならば、過去を振り返ってみてください。あなたがどの選択をしたときに失敗があって、どの選択をしたときに成功があったのか、思い出してみてください。過去に意識を向けることで良い展開があるでしょう。

■監修者プロフィール:ムクル(mukulu)
池袋占い館セレーネ所属。SATORI電話占いで月間No.1に輝き、その後殿堂入り占い師に。母方の親戚がクリスチャンということもあり、幼少期から聖書を愛読し、天使の存在を身近に感じながら育つ。「天使の声」をメッセージとして伝えている。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ