「コーヒーの木」オーナーになって最高の一杯を!福岡県みやま市・晴れのまち農園

 福岡県みやま市にある「晴れのまち農園」では、九州では珍しいコーヒー栽培をしています。2023年からコーヒーの木ごとにオーナーになれる制度を導入し、収穫体験や自ら焙煎した豆を味わえる体験が人気を集めています。6月12日、RKBラジオ『Toi toi toi』で、中継リポートを放送しました。(報告・スナッピー小島可奈子) 

コーヒーの木のオーナー制度

コーヒーの生産地というと中南米をはじめ、ハワイ、東南アジア、中東・アフリカ…など遠い海の向こうの国々が思い浮かびますが、ここ福岡県みやま市でも栽培されています。 晴れのまち農園のビニールハウスの中へ。完熟した深紅色のコーヒーチェリーが実っていました。この農園では、現在約150本のコーヒーの木の栽培をしています。

2023年からスタートしたオーナー制度は、1本あたり年間5万5千円(税込)。水やりや害虫駆除など日常の管理は農園側が担います。オーナーは、春のコーヒーチェリー収穫や焙煎体験会、コーヒーの花を観賞する花見などに招待されます。全国のコーヒー好きから人気を集め、今シーズンの枠は完売しているそうです。

みやま市に足を運んでもらうために

晴れのまち農園を運営しているのは リサイクル事業や土木工事資材の製造販売などを手がける大坪GSI株式会社(本社・柳川市)です。この農園に近い、みやま市山川町に同社の工場があり「(農園を)人が集まる場所にして、地域活性化に貢献していきたい」と思っていたそうです。「遠くからでも、みやま市に足を運んでもらえるものは何か」と考えた時、熱帯・亜熱帯が主産地で国内では希少なコーヒーの栽培に目をつけました。 
 

農業未経験!若手社員の挑戦

晴れのまち農園でコーヒー栽培を担当しているのは 大坪GSIの社員・菊池祐希さん(34)。大坪GSIでデスクワークをしていた菊池さんは2年前、農業未経験でコーヒーの栽培の世界に飛び込みました。ただでさえ、国内での例が少ないコーヒー栽培、大変な苦労を重ねたそうです。 農薬を使わず、有機肥料で育てる。最初のシーズンは 水を入れるタイミング、ハウスの温度管理に試行錯誤して、植えていた40本の木を枯らしてしまったことも。現在は、地元農家の指導を受けながら工夫を重ね、1本あたり約3キロの果実を取れるようになったそうです。

自社のリサイクル人工軽石を活用

コーヒーは水はけのいい土壌が必要です。その土壌を作るために自社でリサイクルして製造した人工軽石を使用しています。 人工軽石はビンガラスや板ガラスから製造したリサイクル製品です。人工軽石は軽量で多孔質であるので、余計な水を排出すると同時に、土壌中の保水もバランスよく行う資材となります。  

貴重なコーヒーを試飲

オーナーしか飲めないコーヒー豆を特別に分けていただき、試飲させてもらいました。 「びっくり! 今まで飲んだことない! フルーティーで豊かな風味」とリポートでお伝えしました。国産コーヒーの最大の魅力は、生豆の鮮度。外国産のコーヒー豆の多くは船便で、生豆の状態で数か月かけて輸送されます。晴れのまち農園では採れたての新鮮なコーヒーを味わえます。 

農園でイベントも開催

晴れのまち農園では、コーヒーだけでなく、人工軽石を使った車海老の養殖やさつまいもの栽培も手がけています。秋から冬にかけては、それらを使ったイベントも実施予定だそうです。 

10月26日・27日 さつまいもの収穫祭&マルシェ 
11月30日・12月1日 車海老の収穫祭&マルシェ 

晴れのまち農園 
https://www.ogsicfarm.co.jp/ 
住所:福岡県みやま市山川町河原内1448-1 
電話:0944-74-6811(受付時間 8時~17時)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Toi toi toi
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 9時00分~13時00分
出演者:山口たかし、内村麻美
番組ホームページ
公式X
公式X
公式Instagram

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ