国の借金1200兆円は問題なのか?ファイナンシャルプランナーが解説「国の借金は国民の資産」

ファイナンシャルプランナー中村賢司さん

「国の借金1212兆円で過去最大を更新。国民一人当たり966万円の借金」

このニュースを見聞きして、あなたはどう感じただろうか?

「このままでは財政が破綻する」「後世に借金を残している」という意見もあるだろう。

 

しかし、ファイナンシャルプランナー・中村賢司さんは全く逆の考え方を示し「国の借金は国民にとっては資産」だという。一体どういうことなのだろうか?

 

RKBラジオの朝の情報番組『櫻井浩二インサイト』に出演した中村さんの説明によると…。

 

中村:国(政府)が借金をするということは、インフラ整備のためです。何も政府が借金をして遊んでいるわけではない。例えば建設会社に工事を発注しているわけで、そのお金は労働者の賃金になっている。つまり、借金をしたものは私たちの資産になっているとも言えるんです。国の借金は国民の資産。国民一人当たり966万円の借金、ではなく資産なんです。

 

一方、国が借金を帳消しにするために、お札をたくさん刷った場合、ハイパーインフレを招くのではないか、という不安もあります。これについても中村さんは「あり得ないこと」と言います。その理由とは…。

 

中村:日本の借金は1212兆円ありますが、逆に海外に1000兆円くらい貸しているんですね。これを対外資産といいます。企業や個人が海外にお金を貸したり、投資をしたりしている額です。これに対し、対外債務は700兆円。差額は300兆円。これは世界トップです。国の借金が問題だというのなら、対外資産を売っちゃえばチャラになります。対外資産を売るということは、円が強くなるということ。円が強くなってハイパーインフレはあり得ません。インフレになるときは通貨が暴落しますから。

 

毎週木曜日に出演し、生活に身近なお金のやりくりも含め、わかりやすい解説が定評の中村さんのお話は、ぜひradikoでチェックしてください。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、中村賢司
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

ひまわりにも見られる神秘的な「自然界の法則」

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月30日放送分のテーマは「ひまわりにまつわる法則」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

ひまわりの中心には、種となる小さな花がたくさん並んでいますが、その並び方は中心から外に向かってらせん状になっています。さらによく見ると、同じらせん状でも左回りと右回りがあるそうです。

それぞれ並んでいる花の数を数えて行くと、ひまわりの大きさに関係なく、必ず3つのパターンのどれかになります。

その1:左回りに21、右回りに34。

その2:左回りに34、右回りに55。

その3:左回りに55、右回りに89。

この21、34、55、89という数字の並びですが、“隣同士の数の合計”が規則正しく並んだものとなります。実際に計算してみると、21+34で55、34+55で89になります。この数字の並びのことを「フィボナッチ数列」と言います。

ひまわりの場合、この数列に従ってらせん状に並ぶと、最も多く並べることができるそうです。そうすることで種を少しでも多くつけ、子孫を残そうとしているのだとか。

「フィボナッチ数列」に基づくらせん状は、ひまわり以外にも松ぼっくり、アンモナイトやオウムガイの殻、台風など、自然界にも数多く見られるのだそうです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ