「生理の貧困」女子学生が上げた声が社会を動かした

毎日新聞解説委員・元村有希子さん

新型コロナの影響で経済的に困窮した女性が、生理用ナプキンを買うことを躊躇したり、交換する回数を減らしたりという実態が明らかになりました。この「生理の貧困」について、RKBラジオ朝の情報ワイド番組『櫻井浩二インサイト』木曜日のコメンテーター・元村有希子さん(毎日新聞論説委員)が解説しました。


政府も予備費を使って、生活に苦しむ女性に、NPOを通じて生理用品を無料配布しようと、対策に乗り出しています。でも「生理の貧困」はきのうきょう始まった問題ではありません。

そもそも、女性にとって生理は負担が大きなもの。12、3歳から50代まで、月に一度、数日間の生理期間を合計すると、約3000日=8年という計算になります。1日数回ナプキンを交換する必要があるので、生涯では1万枚を消費するのです。1枚数十円で売られているので、金額の負担は50万円にのぼります。


金銭的な負担だけではありません。生理が重くて仕事に行けないとか、休もうにも職場に生理休暇制度がないとか、それが原因で解雇される、セクハラに遭うとか、いろんな負担がのしかかってくるんです。ですから「生理の貧困」というのには“ただ単にコロナになって収入が減って、ナプキンが買えない”というだけではない、もうちょっと深いものがあるのではないかと思います。


長年、女性にとって生理は恥ずかしいもの、隠すもの、という風潮がありました。それを変えたのが国際基督教大学に通う女子学生。この実態に憤慨して、この問題を卒論のテーマにしてことがきっかけで、社会運動にもつながりました。

ネット上で「#みんなの生理」で出てきますが、生理用品を“生活必需品”として軽減税率を適用し、消費税を8%にしようと訴えています。女子学生がとったアンケートによると、回答した人の2割の人が「生理用品を買うのを、お金がなくて躊躇した」と回答。37%の人が「1日5~6枚交換しなければならないのを、1枚で我慢した」と回答しています。

実際に、埼玉県八潮市議会では消費税率を8%にしようという意見書を採択したり、大手コンビニエンスストアチェーンのファミリーマートでは、今月9日から年末まで、生理用品の価格を2%引くという、事実上の軽減税率扱いにしたりという動きが始まっています。一人の女子大生が上げた声が、着実に社会を動かしていて、政府の動きもそれに連動したものと言えるでしょう。

海外に目を向けると、ケニア、カナダ、マレーシア、インド、イギリス、オーストラリアでは生理用品は非課税。スコットランド、ニュージーランドでは無料、もしくは学校で無償で配られています。政治の中に女性の声が入りやすい国ほど、そういうことが進んでいるといえるのではないでしょうか。

ただ、これは女性だけの問題ではなくなってくるでしょう。例えば高齢者がつける「おむつ」はどうでしょう。これも軽減税率が必要なんじゃないか?って話になってきて、それはつまり、女性のためというものから、だんだん“弱い立場の政策”ってことになってきて、これは男性にとっても他人事ではない動きになってきます。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、元村有希子
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

橋下徹「ネット記事にする“基準”を聞きたいです」 生放送中に自身の予想外の記事が掲載され驚き

元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が1月24日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。様々な「ニュース」を辛坊とともに斬っていったが、生放送中に自身のコメントが即座にネットニュースで記事掲載され、その内容について感じた違和感を語った。

橋下徹

橋下)さっき事務所から報告が来て、『(橋下氏が)脱毛した医療機関が(大阪府知事で弁護士の)吉村さんの顧問先だった』という(この番組中の雑談)がネットの記事になっていましたと(笑)。辛坊さん、わたし今日、ものすごく「ニュース」を語りましたよね、一生懸命。ここですか? いちばん価値のあるニュースは(笑)……

辛坊)ネットでニュース(記事)になるものの“雰囲気”は、よくわかります。つまり3行くらいでまとめられるコメントでないといけない。我々のこの番組のコメントはちゃんとしているのだけれど、長いのですよ。長くて難しすぎて、3行でまとめるのは無理だから。『橋下が脱毛している』ということと、『そこの顧問弁護士が吉村だ』ということであれば3行でいけるから(笑)

橋下)結構準備して、2時間半話したことはネット記事に書いていない……

辛坊)準備していないでしょう? 適当に話しているだけでしょう(笑)

橋下)いやいや、一応。

増山さやかアナウンサー)“適当”はないと思います。

橋下)1回、ちょっと基準を聞きたいです、ネット記事にする場合の基準(苦笑)。私がいちばん重要視しているのはそこではないと……

増山)お聞きになっているライターの方、「そこではない」ということです。

橋下)私はそこではないと思う。

橋下徹、増山さやかアナウンサー、辛坊治郎

そして、番組のエンディングでは、リスナーが橋下氏に聴いてもらいたい曲として『にんげんっていいな』をかけたあと、改めてこの記事について取り上げた。

辛坊)どうですか? 何か言い残したことはないですか。確かに『スポニチアネックスで』ネットニュースになっていますね。

『元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が24日、ニッポン放送「辛坊治郎ズーム そこまで言うか!」(月曜~木曜後3・30)にゲスト出演し、「医療脱毛」の経過についてコメントした。

昨年12月、同番組で医療脱毛を始めたことを明かした橋下氏。「毛根を焼いて。1回やるたびに10パーセントずつ毛根を破壊していくので、だいたい10回やればツルツルになる」とコメントしていた。』

~『Sponichi Annex』2022年1月24日 16:43 掲載記事【橋下徹氏 医療脱毛の“その後” クリニックとの意外なご縁「後で知ったことなんですけど…」】より

橋下)だからここではないでしょう……この2時間30分のまとめがこの記事ですか? でも怒ってはいけない。人間っていいな。スポニチの記者さんもいいな。

……でも私は言いたいです。「ここかよ」と(笑)。今日の総まとめは。

辛坊)面白いな、これは(笑)

増山)本当ですね(笑)

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ