「生理の貧困」女子学生が上げた声が社会を動かした

毎日新聞解説委員・元村有希子さん

新型コロナの影響で経済的に困窮した女性が、生理用ナプキンを買うことを躊躇したり、交換する回数を減らしたりという実態が明らかになりました。この「生理の貧困」について、RKBラジオ朝の情報ワイド番組『櫻井浩二インサイト』木曜日のコメンテーター・元村有希子さん(毎日新聞論説委員)が解説しました。


政府も予備費を使って、生活に苦しむ女性に、NPOを通じて生理用品を無料配布しようと、対策に乗り出しています。でも「生理の貧困」はきのうきょう始まった問題ではありません。

そもそも、女性にとって生理は負担が大きなもの。12、3歳から50代まで、月に一度、数日間の生理期間を合計すると、約3000日=8年という計算になります。1日数回ナプキンを交換する必要があるので、生涯では1万枚を消費するのです。1枚数十円で売られているので、金額の負担は50万円にのぼります。


金銭的な負担だけではありません。生理が重くて仕事に行けないとか、休もうにも職場に生理休暇制度がないとか、それが原因で解雇される、セクハラに遭うとか、いろんな負担がのしかかってくるんです。ですから「生理の貧困」というのには“ただ単にコロナになって収入が減って、ナプキンが買えない”というだけではない、もうちょっと深いものがあるのではないかと思います。


長年、女性にとって生理は恥ずかしいもの、隠すもの、という風潮がありました。それを変えたのが国際基督教大学に通う女子学生。この実態に憤慨して、この問題を卒論のテーマにしてことがきっかけで、社会運動にもつながりました。

ネット上で「#みんなの生理」で出てきますが、生理用品を“生活必需品”として軽減税率を適用し、消費税を8%にしようと訴えています。女子学生がとったアンケートによると、回答した人の2割の人が「生理用品を買うのを、お金がなくて躊躇した」と回答。37%の人が「1日5~6枚交換しなければならないのを、1枚で我慢した」と回答しています。

実際に、埼玉県八潮市議会では消費税率を8%にしようという意見書を採択したり、大手コンビニエンスストアチェーンのファミリーマートでは、今月9日から年末まで、生理用品の価格を2%引くという、事実上の軽減税率扱いにしたりという動きが始まっています。一人の女子大生が上げた声が、着実に社会を動かしていて、政府の動きもそれに連動したものと言えるでしょう。

海外に目を向けると、ケニア、カナダ、マレーシア、インド、イギリス、オーストラリアでは生理用品は非課税。スコットランド、ニュージーランドでは無料、もしくは学校で無償で配られています。政治の中に女性の声が入りやすい国ほど、そういうことが進んでいるといえるのではないでしょうか。

ただ、これは女性だけの問題ではなくなってくるでしょう。例えば高齢者がつける「おむつ」はどうでしょう。これも軽減税率が必要なんじゃないか?って話になってきて、それはつまり、女性のためというものから、だんだん“弱い立場の政策”ってことになってきて、これは男性にとっても他人事ではない動きになってきます。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、元村有希子
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

麒麟・川島、くっきー!に感謝「初めてライブに呼んでくださった先輩」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月31日(土)放送のお客様は、お笑いコンビ・野生爆弾 くっきー!さん。ここでは、麒麟がブレイクする前に、野生爆弾の2人にお世話になった(!?)エピソードを披露しました。


くっきー!さん



NSC大阪の13期生で、1994年に幼馴染のロッシーさんとお笑いコンビ・野性爆弾を結成。ネタ作りからコントの小道具まで、すべてご自身で手掛け、独特の世界観のコントで注目を集めます。2008年に拠点を大阪から東京に移し、“白塗り顔”で表現するモノマネ芸などでブレイク。クリエイターとしても作品を発表しており、「超くっきー図鑑 渡り鳥」(ヨシモトブックス) 「くっきずむ」(美術出版社)などの著書も。個展「超くっきーランド」は国内外で総来場者数50万人を記録。また、学生時代から音楽活動に精通しており、ロックバンド「ジェニーハイ」ではベースを担当。お笑い・アート・音楽と、多方面で活躍しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」7月31日(土)放送のゲスト:くっきー!さん



◆麒麟を初めてライブに呼んでくれた先輩

1996年、大阪時代の野性爆弾(左からくっきーさん!、ロッシーさん)



川島:麒麟の2人が最初にお世話になった先輩は野性爆弾さんなんです。初めてライブに呼んでくださった先輩。

くっきー!:そうやなあ。

川島:「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)に出て大阪でお仕事をいただいてからも、野性爆弾さんはライブに呼んでくれて。2006年かな? 「これはいける!」って思うネタができたんですよ。

くっきー!:会心の。

川島:「M-1」でずっと3位やったけど、「これは今年いけるわ!」ってネタができて。そうしたら、野性爆弾さんが「うめだ花月」のライブで「麒麟出てくれ」ってオファーしてくれてね。「うめだ花月」でしっかり漫才をやったら、自信があるネタやったのにめちゃくちゃスベッて、誰も笑わなかった!

くっきー!:(笑)。

川島:お客さんが満員で300人ぐらいいるのに、1個も笑いが取れへんまま(舞台の)袖にはけることになったら、くっきー!さんが「ごめんな」と。「俺らのことが好きな客やから、悪いことをしてしまった。ほんまはおもろいネタやねんけどな」って謝ってくれたんです。それで、次に野性爆弾さんが舞台に出てネタをやったんですけど、同じぐらいスベッて。「お客さんは何を観に来たんや!」と思いましたね(笑)。

くっきー!:ちょっと待ってくれよ。俺、今日この番組のゲストちゃうんか(笑)? お前、やってくれてるな(笑)。

川島:いやいや(笑)。2人きりでこういう話をあんまりしたことがないので、答え合わせをしたいんです。あのとき、どういう気持ちやったのか。麒麟に対して優しくしたあとに、同じ災難が(自分たちに)降りかかったわけじゃないですか(笑)?

くっきー!:たしかにな。なんで我々もスベッたんやろね(笑)?

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回8月7日(土)のお客様は、フリーアナウンサーの青木源太さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月8日(日・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

Facebook

ページトップへ