梅雨時期に聴きたい「てるてる坊主」の謎

©RKBラジオ

遠足や運動会の前日に、晴天を祈って軒下にぶら下げる、てるてる坊主。その風習はいつ、どこで始まったのだろうか?また、名前の由来は何なのか?「聴けばいまが見えてくる」がコンセプトのRKBラジオ朝の情報ワイド番組『櫻井浩二インサイト』では、「てるてる坊主研究所」主任を名乗る、高橋健一さんに話を聞いた。

Q.てるてる坊主研究所とは?

A.空想上のもので、ウェブサイトで発信する際のハンドルネームとして使っている。研究内容をnoteとYouTubeで公開している。

Q.てるてる坊主に興味を持ったきっかけは?

A.大学時代に友人が「雨乞い研究」をしていたことに影響を受け、卒業論文でその逆の「晴れ乞い」のシンボルである「てるてる坊主」をテーマにした。社会人になってから外回りの営業の仕事をしていると、保育園や伺った家でてるてる坊主に出くわすことが増えて、また研究してみようと思った。

Q.てるてる坊主の名前の由来は?

A.江戸時代、北海道では「てろてろ坊主」と呼ばれていた。坊主とは、昔お坊さんや山伏に頼んで晴天祈願してきたため、その名残であるという説がある。

Q.てるてる坊主のほかの呼び名は?

A.北九州・小倉では「日和坊主(ひよりぼうず)」と呼ばれていた。昭和30年に発行された方言の本には、杓子に目・鼻・口を半分ずつ書いて吊るす風習があったと書かれていた。

Q.晴れ乞いではなく、雨乞いのための作っていた地方もあった?

A.鹿児島・種子島では、昭和45年の調査報告によると、晴れ乞いではなく雨乞いのために梅の木につるすという説も。「梅雨」だから梅の木なのだろうか。

最後に高橋さんに、てるてる坊主への愛を語ってもらった。

「新型コロナの影響でイベントや学校行事がないため、てるてる坊主を作る機会も目にする機会も減っている。またてるてる坊主が作れるような穏やかな日々になりますように。てるてる坊主の風習が100年、200年、300年と続いていきますように…」

高橋さんのてるてる坊主への愛はとても温かく、忙しい毎日を送る私たちが忘れかけている「やさしさ」を思い出させてくれたような気がした。高橋さんのnote「てるてる坊主研究所」には、「300年後のてるてる坊主研究のために」と書かれており、論文のように細かく、時には説明を深めることができる動画も配信されている。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

星野源、自身のMVも手掛けた映像監督・関和亮と「オールナイトニッポン」で特別対談!

『星野源のオールナイトニッポン』に星野源のMVも手掛ける映像監督の関和亮が出演することが決定した。

『星野源のオールナイトニッポン』6月29日(火)25時~27時 生放送

TBS系火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』の主題歌『不思議』を収録したニューシングル『不思議/創造』が6月23日(水)にリリースとなる星野源。そんな星野がパーソナリティをつとめるニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』22日(火)の放送では、火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)より、真柴くるみ役の川口春奈、藤野駿役の横浜流星、さらに演出の塚原あゆ子、プロデューサーの新井順子が登場し、作品の魅力を語り尽くしたが、次回6月29日(火)の放送も、豪華ゲストが登場することが発表された。

6月29日(火)放送では、現在公開中の映画「地獄の花園」にて監督を務める関和亮が登場。星野源の楽曲『SUN』、『恋』、『アイデア』などのミュージックビデオも手掛けた関との特別対談を実施する。また、番組のレギュラーコーナーであるラジオドラマ企画『星野ブロードウェイ』への山岸聖太の脚本提供も決定。関の出演のきっかけとなった山岸がどのような形で関わるかも、聴き逃せない。

関和亮がゲスト出演する『星野源のオールナイトニッポン』は、6月29日(火)25時より、ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで生放送。

 

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』
■放送日時:2021年6月29日(火)25時~27時 生放送
■パーソナリティ:星野源
■ゲスト:関和亮
■番組メールアドレス:gen@allnightnippon.com
■番組ハッシュタグ:#星野源ANN

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210630010000

 

Facebook

ページトップへ