新型コロナの集団免疫獲得は「完璧に神話」ワクチン以外の解決法を

毎日新聞論説委員・元村有希子さん

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかける切り札と期待されているワクチン接種。政府も接種率の向上に躍起になっているが、ここにきて「集団免疫獲得は絶望的」という見出しが新聞紙面に躍るようになってきた。一体どういうことなのか?毎日新聞論説委員の元村有希子さんが、RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で解説した。


櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):これまでは、国民の60%~70%がワクチンを受ければ、集団免疫ができて、それで感染もだんだん収まってくるんじゃないかって言われていたんですけど、その集団免疫が絶望視されているんですか?


元村有希子さん(以下、元村):例えばシンガポールの財務相も「集団免疫は獲得できない」、アメリカの専門家も「獲得は接種率95%でも無理」、あとイギリス・オックスフォード大学の先生は「集団免疫の基準に達することがもはや絵空事である」と言っていますね。

櫻井:そもそも“集団免疫”っていうのはどういうことなんですか?

元村:「ある集団が感染症に対する免疫を持っていれば、ここに1人、感染者が紛れ込んだとしても、みんな免疫を持っているので広がらない」という考え方です。

櫻井:そうすれば、多少感染者が出ても大きく広がってくことはない。

元村:そのときに考慮しないといけないポイントが二つあって、一つは「どれぐらいの人が免疫を獲得できるか」ということですね。新型コロナでいうと、どれぐらいの人が実際に罹って抗体を作るか、あるいはワクチンを打って抗体を作るかっていうことですね。ですから、ワクチン接種率を何%まで上げれば、集団免疫状態になるかっていうことが議論されてきたわけです。で、これ実は“公式”があるんですよ。

櫻井:公式?

元村:必要な数値は、1人の感染者が何人にうつすのか、という「再生産数」。麻疹(はしか)だと20人ぐらいにうつすと言われています。新型コロナは1人が2.5人にうつす、と1年半前には言われていました。だから2.5っていうのをちょっと覚えてください。

櫻井:2.5ですね。

元村:公式は、まず1をこの2.5で割る。そうすると1÷2.5=0.4ですよね。次にこの0.4を1から引きます。

櫻井:0.6になりますね。

元村:つまり60%ですね。だから、2.5っていう再生産数だと60%の人が免疫を持っていれば、集団免疫を獲得した状態になるんですよ。

櫻井:公式はシンプルでわかりやすいですね。

元村:ただ、この1人が2.5人にうつすっていう数字がいま、揺らいできているんです。デルタ株に置き換わっていると言われていますよね。このデルタ株の再生産数は、2.5を大幅に上回っていて、だいたい7とか言われているんですね

櫻井:7!?1人が7人にうつすって言われているんですか?

元村:水ぼうそう並みって言われています。先ほどの公式で集団免疫獲得を計算すると、まず1÷7≒0.15。次に1-0.15=0.85ですよね。つまり、85%の人がワクチンを打たないと、集団免疫は獲得できないっていうことが、理論的に成り立ちますね。

櫻井:なるほど。

元村:もう一つ考慮に入れるポイントは、デルタ株でもお分かりのように、新型コロナウイルスって変異しやすいんですよ。私たちが見てきている範囲だと、このウイルスはどんどん危険な方向に変異しているじゃないですか。もともと2.5って言われていたのが7まで“凶暴”になってきているということは、次にまた未知のものが出てきて、再生産数が10とか12とかになるかもしれない。そうすると、私たちはどの変異株を対象にワクチンを作っていいかもわからないし、どこを目指して打てばいいかも不確定になるわけです。一方で、麻疹のウイルスは1人が20人ぐらいにうつすと先ほど言いましたが、こちらは集団免疫が可能なんです。

櫻井:なんでですか?

元村:麻疹のウイルスってめちゃめちゃ安定していて変異しないんですよ。人間がやるべきことは、ワクチンを1回作ったら、それをいかにたくさんの人に打つかっていうことだけ考えればいいんです。ところがコロナウイルスは、変異していくので厄介ですよ。

櫻井:まだこれからどんどん変異してきますもんね。

元村:だから集団免疫のことは、頭の片隅ぐらいに置いといて、やはり感染対策をできる範囲で行って、免疫を獲得していくような社会をめざしていくべきで、集団免疫はもう完璧に神話だと思った方がいい

田中みずきアナウンサー:ワクチン2回打っても「ブレイクスルー感染」っていうのがあるし、もう何も安心する要素がないですよね。

元村:もともと言われていましたよね、ワクチンは感染予防じゃなくて重症化予防だって。だからそこの時点でもう集団免疫は幻想になりつつあったんですけど。

櫻井:そうなると、やっぱり特効薬がないと立ち向かえないんだっていうことを思わせますね。

元村:特効薬というか「解決方法は一つじゃない」ということを認識しつつ、いろんな解決法を考えていくっていう方に、社会として頭を切り替えないといけないですね。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、元村有希子
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ