みうらじゅん「ウルトラマンの世界観と共通」仏像の魅力を語る

みうらじゅんさん

イラストレーター、漫画家、エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオDJなど、さまざまな顔を持つ人、みうらじゅんさん。彼が仏像マニアであることはよく知られているが、みうらさんが仏像について話す機会は、活動の多彩さゆえに今はほとんどない。しかし、新型コロナ禍で心の安らぎや救いを求める人々が増えている今日、改めてその魅力を彼の口から語ってもらおうと、RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』はみうらさんに出演をオファーした。

 

みうらじゅんさん(以下、みうら):多くの人にとっては、仏像=奈良・東大寺の大仏のイメージなんですよね。修学旅行などで大仏を見ても、ほかの仏像には興味を持っていない人にとっては、仏像=大仏なんです。しかし、大仏があるなら小仏もある。仏像って他にもたくさんあるんです。

 

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):みうらさんは京都出身で小さい頃から仏像を見てきたんですよね。

 

みうら:僕が小学1年生の時に怪獣ブームがあって、写真を切り抜いて「怪獣スクラップ」にしたものを5冊ぐらい作っていたんです。ところが小学4年の時に突然「仏像スクラップ」に移行しました。2つに共通していたのは「異形」だったんです。京都・東寺のお堂の中に「立体曼荼羅」があるんです。曼荼羅は絵で表すものなのですが、空海が当時表現した飛び出す仏像曼荼羅なんです。その密教仏の世界観にグッときました。憤怒の表情をしたもの、顔が何個もあったり、手が何本もあったり…まさに異形ですよね。しかも見上げる角度も怪獣と共通している。そうして仏像がだんだん好きになってくると、あるとき京都・広隆寺にある国宝第一号の弥勒菩薩半跏思惟像は「ウルトラマン」の世界観と同じだということに小学生の時に気づいたんです。

 

櫻井:え!?どこが同じなんですか?

 

みうら:弥勒菩薩は釈迦が入滅して56億7000万年後にこの世を救いに来られるという設定もそうですし、顔のシンメトリーさとアルカイックスマイルが初期のウルトラマンの口元と同じなんです。さらに口元に手を当てて、足元にもう1本の手を乗せているんですが、そのもう1本の手を上げていくと「スペシウム光線」になるんです。

 

櫻井:(笑)

 

みうら:あと、僕が中学生だった当時話題になった映画「エマニエル夫人」では、夫人が半跏思惟像のポーズをとるシーンがあります。観音の世界は「豊穣の神様」であったりするので、インドではものすごくナイスバディな体つきでもあるんです。「エロ」に興味を持つ中学生の僕にとって、セクシーでかっこいい観音や地蔵は、仏像に惹き込まれる要因でした。

 

櫻井:みうらさんは「見仏記」という本もシリーズで出されていますよね。

 

みうら:実はその本を書いていた当時、お寺の住職さんに「仏は見るものではない、拝むものだ」と怒られたんです。でも「見仏」という仏教の言葉もあるんです。僕は“かっこいい”という入口から興味が湧いたのですが、好きには違いありません。そののちに仏教の世界観を知るようになったんです。仏像には「たおやか」「美しい」などという表現がよくあてはめられますが「かっこいい」というのもあると思うんです。密教仏は特にそうです。当時の最新のものを空海は持ち帰っていますから。最先端が詰め込まれています。もし当時レーザー光線があれば使っていたと思うんです(笑)

 

櫻井:みうらさんは今まで何体ぐらいの仏像を見てきたんですか?

 

みうら:いや…分からないんです。かつて「九州仏」を集めた展示会が福岡で開かれた時に、僕といとうせいこうさんとでテレビの収録をしたことがあったんですが、九州だけに限っても、こんなにも数があるのかと驚きました。

 

櫻井:九州でおすすめの仏像はどこですか?

 

みうら:大分県豊後高田市にある「太郎天」ですね。大分は神仏習合の地なんです。だから“神センスをもった仏の表現”とかがあります。明治以降、神仏分離があって別々になってしまいましたが、大分にはそのルーツが残っています。太郎天は神像ですが、とても不思議なものです。また、東大寺大仏とも縁がある宇佐の八幡神もおすすめです。

 

櫻井:みうらさんにとって「仏像」とはどんな存在ですか?

 

みうら:かっこいいの一言です。かっこいいものではないと、何十年何百年と残っていないと思うんです。宗教の教えを守り伝える側と、美しいものを残したい仏師とのせめぎあいもグッときます。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、みうらじゅん
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

「ほぼトラ」はそもそもあり得ない? アメリカ大統領選挙の現状に迫る

4月17日「長野智子アップデート」(文化放送)、午後4時台「ニュースアップデート」に、上智大学総合グローバル学部教授の前嶋和弘さんが登場。アメリカ現代政治が専門の前嶋さんに、今年11月に迫っているアメリカ大統領選挙について話を伺った。

前嶋和弘「アメリカって投票率がOECD加盟国、先進国の中でいちばん伸びているんですね。1996年の選挙で50%いくかどうかだったのが、2020年の選挙では65%までいきました。理由は何かというと期日前投票、これもしっかりやって、みんなを行きやすくさせた。いろんな努力をしています。あと近年、大混戦です。僅差の中で『自分の1票は大切だ』と思うところも増えた、ということもありますね」

鈴木敏夫(文化放送解説委員)「二極分化している中で、なんとしてでもバイデンに当選させてなるものか、なんとしてでもトランプはイヤだ、という人が『行かなきゃ!』となるんですか?」

前嶋「そうですね。あと選挙戦術もそうなんですよ。長野さんは何度もアメリカ大統領選挙を取材なさっていますけど、90年代ぐらいは真ん中に人がいた。いまは右と左に分かれて、バイデン応援団とトランプ応援団。よくバイデンさんの支持率が悪い、悪いと言います。バイデンさんの支持率、全体の40%ぐらいですけど、民主党支持者の支持率は85%ぐらいなんです。共和党支持者の支持率は5%ぐらい。やっぱり分かれていて、バイデン再選、絶対だ、と思っているほうと、いやいやトランプだ、と思うほうがかなり分かれてしまっている。それだけの熱意がある中で、引っ張られて選挙に行く、という人も多いわけですが、行かない人もいる。そこが問題ではあります」

長野智子「本当に二極化していて日本では『ほぼトラ』(ほぼトランプで決定)みたいな言葉をメディアでも、永田町でもよく聞くんですけど、どうですか?」

前嶋「そもそもアメリカっていま、2つの大きなことが起こっています。史上最悪の分断、もうひとつは史上最も厳しい僅差。この2つが一緒にあって、最も厳しい僅差なので、『ほぼトラ』ってそもそもあり得ない」

長野「はい」

前嶋「それと今年の選挙って予備選は基本的に共和党の戦いで、民主党側は、やっていたけど注目が集まらないので、トランプさんが勝っているシーンばかり見られている。また勝ったぞ、やっぱりトランプだ、みたいな話になるけど、それはおかしい。最近あまりニュースが日本で流れなくなって『いま、何?』みたいな状態ですけど、バイデン、トランプ、どっちが勝っているかというと、この2週間ぐらいでワッとバイデンが上がっていて、ほぼ並んでいる。このままずっといくんだと思います」

長野「へえ~!」

前嶋「なぜかというと、メディアにトランプが裁判の話で出てくる。選挙の話ではあまり出なくなったので、並んでくるんですね」

長野「露出が影響あるんですね」

前嶋「そして近年の選挙って最後の最後まで決まらない。2000年選挙から、どちらが勝ってもおかしくない、というのが続きました。今年もそうだと思います。秋ぐらいまで決まりません」

Facebook

ページトップへ