新たな変異株「オミクロン」水際対策で第6波は防げるか?

毎日新聞解説委員・元村有希子さん

国内で2例目の感染が確認された、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」。毎日新聞論説委員の元村有希子さんは、出演したRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で「水際対策で時間稼ぎをしている間にどれだけ準備ができるのかが重要」と指摘した。第6波は防げるのだろうか。

これから国内で感染者が広がっていくのでしょうか?

それは時間の問題でしょう。いま水際対策をすごく厳しくやっていますよね。外国人の入国はもちろん、海外から帰国した日本人に対しても制限を設けていて、その対応も早かったと思います。日本はいま、感染がかなり抑え込めています。この状況で、オミクロン株の脅威というのは、外から入ってくるものに限られています。ということは、かつてのニュージーランドやオーストラリアのように、とりあえずは水際対策をきちんとやって、状況に応じて緩めていくという戦略が有効だと考えられます。水際対策で時間を稼いで、その間にオミクロン株の性質をより正確にとらえ、ワクチンや飲み薬、医療機関の施策を整える。今どれだけ準備ができるかというのが重要です。ただ、やはり盲点はあります。陰性証明やワクチン証明を持っている人であっても、たとえば、出発した国のPCR検査の精度が低ければ間違っていることもあるし、経由地で乗り換えて日本に入国する場合は、そこで感染するということもあります。先月まで入国後の待機期間も短かったので、ひょっとしたらすでに市中で誰かにうつしているかもしれません。

オミクロン株はウイルス表面のスパイクタンパク質がかなり変異をしている?

30か所以上という、デルタ株の数倍の変異が起きています。これがどういう意味を持つかというと、もう融通無碍というか、あらゆる手段で人間の細胞の中に入り込んでくる怖さがあります。実際に南アフリカなどでは、急速にデルタ株が淘汰され、オミクロン株に感染の主役が置き換わっています。つまり状況証拠としても、デルタ株よりうつりやすということです。ただ、それが人間にとってどれぐらい脅威かということは、これから見極める必要があります。重症者や死者に関する情報がまだ少なく、感染はしやすいかもしれないけれど、重症化するリスクは低いのかもしれない、という専門家の声もあります。そうすると逆に戦い方は変わってきます。もしかしたら医療逼迫のリスクはデルタ株より下がるかもしれません。とはいえ、蔓延すると社会経済活動が滞ってしまうので、それをどうするかという作戦に切り替える必要もあります。そこは、現時点では何とも言えません。

変異株によってワクチン効果はなくなる?ウイルスとの戦いはこれからも続く?

コロナウイルスは、もともと私たちが風邪をひく原因になっています。インフルエンザではない風邪をひいたときは、いちいち調べませんよね?それくらい、コロナウイルスに感染することは普通のことでした。当たり前のことというか、社会が怖がってないという。「風邪をひいたら寝なさい、ひどいときは家で休んで、治ったらまた出ていく」という“付き合い方”を知っているウイルスです。今は“新型”コロナウイルスで、致死率が高いために、どう向き合うかを学んでいる最中です。ひょっとすると、5年とか10年のスパンで見れば、これまでと同じ風邪を起こすコロナウイルスとして向き合うぐらいの付き合い方になっているかもしれません。既にもう丸2年になりましたが、あと1年ぐらいは「変異株が入ってきた、ワクチンどうする、医療体制どうする」っていう、この繰り返しを続ける必要があると思っています。

ワクチン接種をめぐる格差の解決も課題

今回、発生源と言われている南アフリカは、ワクチン接種率が2割ぐらいです。打ちたくない人が多いという考え方もあれば、打ちたくてもワクチンがないという状況もあり、先進国が2回分を確保したとか、3回目を義務化するとかやっている一方で「そのおこぼれにあずかれない途上国」があるということをまざまざと見せつけています。だからグローバル化すればするほど、どこかの国の不幸や不運は絶対に波及するんです。

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、田中みずき、元村有希子
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ