ジョブ型社員とは?日本型雇用を見直す企業の「ずるい」理由

「日立、全社員をジョブ型に」-日本経済新聞1月10日朝刊1面トップ記事の見出しだ。あなたは、自分が「何型社員」なのか知っているだろうか?RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で明治大学経済学部の飯田泰之准教授に聞いた。

明治大学・飯田泰之准教授

飯田泰之・明治大学准教授(以下、飯田):ジョブ型社員の対義語は、メンバーシップ型社員といい、日本人になじみが深い働き方です。入社時に、すでに何かの技能を持っているというわけではなく、会社の中でローテーションしていき、その社員の得意分野を見つけてスキルを身につけていくという方法です。

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):いわゆる総合職ということですね。

飯田:そうです。それに対し「ジョブディスクリプション」の略であるジョブ型は、仕事の内容を明確にしています。労働者がどんな経験をしてきたのか、資格を持っているのか、大学の専攻は何だったのかを重視します。この2つの基準をかけ合わせてあらかじめ「この仕事をする人を雇います」という採用活動をすることになります。メンバーシップ型の場合は、何をする、という規定なく雇われているため、会社の都合で部署の異動、転勤が発生してしまいます。一方ジョブ型は、誰が何をするのか明確で、欠員時は社内で公募することがほとんどです。

櫻井:2つの働き方、随分違うんですね。

飯田:どちらの方が良い、というものではありません。それぞれメリットとデメリットがあります。ジョブ型雇用に移行すると、企業側としては解雇しやすくなります。解雇というのには一定の合理的な理由が必要でした。メンバーシップ型では配置転換すればよいですが、ジョブ型の場合はその技能を必要とする職業が社内になくなったら、雇う必要もなくなります。この「辞めやすくなる」というのは重要なポイントなんです。転職市場に挑みやすくなるからです。ただ、メンバーシップ型の方が若年層にはメリットがあります。ジョブ型に移行すると、新卒のような未経験者の場合、働けるポストがなく、厳しい状況になってしまいます。

櫻井:経験が積まれていないからですね。

飯田:ヨーロッパでは「エントリーレベルジョブ」と呼ばれる制度があり、技能や資格を必要としない職種に就きながら、無休のインターンシップを活用してジョブスクリプションに書ける技能を獲得していく仕組みがあります。

櫻井:それもハードルが高いですね。

飯田:ですから、ジョブ型を採用している国では若者の失業率が高いという傾向があります。しかし、転職時は次の職を見つけやすい。それに比べて、メンバーシップ型の方が失業率は低いものの、転職の時に苦労するという特徴があります。現在の日本では大企業を中心にジョブ型での採用を検討し始めていますが、それにはある「ずるい」理由があるんです。

櫻井:ずるい?

飯田:日本全体がメンバーシップ型主流である中、人事異動をいくつか経て、学び終わった人を他社から連れてくる、ということを目論んでいるんです。いわゆる「引き抜き」ですね。ただ、これを多くのがやってしまうと、新入社員の教育はどうするのかという問題があります。社会全体がジョブ型中心になってしまったときに、誰がその教育を担うのかという新たな問題が出てくると思います。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、本田奈也花、飯田泰之
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ