新型コロナ感染拡大で保険加入者が急増!専門家は入りすぎに警鐘

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況の中、「コロナ保険」に加入する人が急増しているという。しかし、明治大学准教授でエコノミストの飯田泰之さんは「保険に頼りすぎるのは危険」と警鐘を鳴らす。一体どういうことなのだろうか?RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で詳しく聞いた。

明治大学・飯田泰之准教授

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):「コロナ保険」とはどのようなものですか?

飯田泰之明治大准教授(以下、飯田):新型コロナそのものと関係なく、月々の決まった掛け金を払えば、日数に関わらず入院1回につき5万円もらえます、というような仕組みです。これは新型コロナ以前からあったものです。新型コロナの感染拡大をきっかけに、このようなタイプの保険に新型コロナも適用され、加入する人が増えたという背景があります。実は今、このようなタイプの保険が一部販売中止や保険料の値上げをしています。これはオミクロン株の感染拡大に伴い、感染スピードが急であること、さらには新型コロナ感染して自宅療養をする場合でも保険金を支払う対象になったことが理由です。

櫻井:保険金を支払う対象が拡大して、保険会社が持たなくなってしまうんですね。

飯田:気をつけなければならないことは、どの保険でも、お金がすぐに支払われるという訳ではないことです。さらに、加入すれば即、保険対象になるという訳でもありません。通常は2週間から1か月間の待機期間ののち、保険が適用されます。つまり、新型コロナに感染してから保険に加入しても対象に入らないということなんです。忘れてはならないのは保険というのものはそもそもギャンブルなんです。

櫻井:ギャンブル!?

飯田:掛け金を支払って、ちゃんとした事由がある場合はお金を受け取れます。逆に考えると、健康でケガもせずに生きていたらお金は受け取れませんので、金銭の意味では「損した」ということになります。

飯田:保険の問題を考えるときによく言われているのは「日本人は世界で一番保険が好きな民族」だということです。これが世界の金融界でも謎とされていて、公的医療保険が充実しているにも関わらず、多額の掛け金を払って保険に入っているというのは不思議なことです。「念のために」とか「万が一の時を考えて」多くの方が加入しているのだと思います。

飯田:そもそも保険というものは、原則加入者が損する仕組みなのです。そうしなければ、保険会社が儲かりません。そこで保険を見直す際のポイントをお伝えします。病気、入院、死亡となってしまった時に、自分ひとりではカバーできないお金を補ってくれる保険というのは加入する意味があります。一方で、少額の掛け金で5~10万円を受け取るタイプの保険は、平均的に見ると損なので、本当に入る意味があるのかを改めて考えた方が良いでしょう。

櫻井:ということは、冒頭に紹介した新型コロナ保険も考えるべきですね。

飯田:一部の保険会社で販売停止したこともあり、継続している会社はどんどん契約が伸びています。感染のピークがまもなく来ると言われていますが、今加入して2週間の待機期間を過ぎたのち本当に得をするのか、それで受け取れる5~10万円は自分では調達できないお金なのか?を考えるべきですね。保険は人生で2番目に大きい買い物だと言われています。実際に一生に払った金額を積算すると、家を一軒買ったぐらいの金額になることもあります。今一度、なんのためにどの保険に加入しているのか整理してみるとよいでしょう。
 

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、本田奈也花、飯田泰之
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※この番組は終了しました。

きのこアドバイザーが警鐘…臓器不全で亡くなる人も!「殺しの天使」とも呼ばれる“白いきのこ”とは?

ホラン千秋がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「apollostation Drive Discovery PRESS」。番組では、“ラジオの中の編集部”を舞台にホランが編集長、リスナーが番組専属特派員となり、全国の食べ物やさまざまな場所にスポットを当て、日本の魅力を再発見していきます。9月25日(日)の放送では、前回に引き続き、きのこアドバイザーの荻田毅(おぎた・たけし)さんをゲストに迎え、現在シーズンを迎えている“きのこ狩り”についてたっぷり語っていただきました。


(左から)ホラン千秋、荻田毅さん


◆毒性のあるきのこは「その辺りにも生えている」

荻田さんいわく、きのこは年間を通して何かしらは採ることができるものの、きのこ狩りをするなら、9月~11月が最適なシーズンとのことで、「マツタケや舞茸といった大物と言われる高級きのこは9月に採れることが多い。ただ、それとともに毒性のあるきのこも多いです」と警鐘を鳴らします。

毒性のあるきのこは見た目では判別できないようで、「“(見た目が)真っ赤だから毒”“地味だから食用”というイメージが強いと思いますが、それは全然当たらない。派手だけどおいしいきのこもあれば、地味なのに人が死ぬぐらいの毒があるきのこもある」と補足します。

ちなみに、この時期は特にドクツルタケに注意が必要とのことで、「真っ白でレースを纏っているようで“殺しの天使”とも呼ばれている。これが、一番毒性が強いきのこです」と荻田さん。

そんなドクツルタケの写真を見たホランは「ブナピーみたい。一見すると食べられそう」と率直な印象を語ると、荻田さんは「だから怖いんですよね。“白いきのこは安全”というイメージが強いけど、僕たちからすると真逆で“怖い”というイメージ」と強調。

その毒性については「(食べると)内臓機能を破棄してしまう。食べて数時間後に吐いて、かなり苦しんで病院に運ばれ、その後いったん回復してきたかなと思っていたら、翌日に臓器不全で亡くなってしまう人もいる」と解説します。

また、毒性のあるきのこは、山奥だけでなく「私たちの周りにも普通に生えている。なので、(食べられるかどうか)分からないきのこは、とにかく食べないこと」と呼びかけました。

◆きのこ狩りで常備しておくと良いアイテムは?

きのこ狩りに行く際に、持って行くと良いアイテムとして“熊鈴”を挙げます。理由は、きのこ狩りの最中に熊と遭遇する可能性はゼロではないから。また、雨をしのぐためのレインコートや、山は寒暖差があるので、寒さをしのげるような服装・防寒具も常備しておくといいそう。ちなみに荻田さんは、万が一にマムシなどに噛まれた場合、傷口から(毒を)吸い込む用のスポイトも持参しているそうです。

ここでホランが、きのこ狩りのおすすめスポットを聞いてみると「最近、山を切り拓いてできた施設周辺がベスト」と荻田さん。というのも、「昔からある土壌は、地中のバクテリアなども飽和状態にあるため、新しいきのこが入り込む余地が残っていない」と説明します。

逆に、施設などを建設するためにブルドーザーなどで土を掘り返したり、山を切り拓いた場所は、きのこの胞子が入り込む余地があるので、「最近できたキャンプ場やアウトドア施設、山の中にあるレジャー施設などの周辺に行けば、とりあえず何かしらのきのこは見つけられると思う」と言います。

前回の放送で、きのこ狩りにいくタイミングとして、「雨が降った3日後ぐらいに行くのがベスト」と教えてくれましたが、今回、その判断材料としてもう1つ付け加えたのは“20℃スイッチ”。「朝晩の気温が20℃を下回ると、きのこが発生するスイッチがピッと入るんです。僕が天気予報で一番何を見ているかというと“朝の最低気温”。15℃~20℃ぐらいがいい」と荻田さん。

2週にわたる荻田さんとのトークを振り返り、ホランは「特別な場所に行かないときのこ狩りはできないのかと思っていましたけど、例えば、みなさんの身の回りの裏山や都会の道端などにもきのこがあるかもしれないので、まずは“こんなところにもきのこが生えているんだ”と知ることから始めてみたいと思いました。スーパーにあるきのこだけじゃなくて、自然界にあるきのこも観察してみたい」と感想を述べました。

次回10月2日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月3日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:apollostation Drive Discovery PRESS
放送日時:毎週日曜 12:00~12:25
パーソナリティ:ホラン千秋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/discovery/

Facebook

ページトップへ