ザ・ドリフターズを国民的スターにした『8時だョ!全員集合』の音楽監督

音楽プロデューサー・松尾潔氏

毎週、子供たちを狂喜乱舞させ、ザ・ドリフターズを国民的スターへと押し上げた、昭和のお化け番組『8時だョ!全員集合』。実はヒット曲の宝庫だ。同番組の音楽監督・たかしまあきひこさんの功績を、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した音楽プロデューサー・松尾潔さんが紹介した。

たかしまさんが東京藝大を卒業した翌年に始まった『全員集合』

5月24日が誕生日の音楽家に、たかしまあきひこさんという方がいます。ご存知ない方も多いのではないかと思いますが、ザ・ドリフターズを国民的スターに押し上げた、昭和のお化け番組、TBS『8時だョ!全員集合』(1969年~1985年)の音楽監督でした。たかしまさんは1943年生まれ。東京藝大を卒業したのが『全員集合』が始まる1年前の1968年です。

この番組の初代音楽監督は山本直純さん。山本さんも昭和を代表する日本の音楽家で、寅さんの『男はつらいよ』のテーマソングで有名な方です。東京藝大の後輩で、山本さんの門下生だったたかしまさんは、大学を卒業してすぐ、この人気番組に音楽のアシスタントとして入り、途中から正監督の座に就きました。そこからこの番組の音楽の幅がぐっと広がっていきます。

音楽に精通したメンバーと生み出したヒット曲

ザ・ドリフターズはよく知られている通り、元々はジャズバンド。“音楽的センスもある、ジャズマンの遊び心のコント”で、お笑いの世界を席巻していくわけですね。これはドリフだけではなく、その前のクレイジーキャッツも同じです。バンド、しかもかなり本格的なジャズバンド、ジャズメンだった人たちがコントに行く流れは、戦後の日本の芸能界ですごく多かった。ナベプロやホリプロといった大手芸能プロダクションのように、ジャズを1回通った人たちが作った会社もあります。ドリフターズもその伝統の中にあったわけです。

ドリフはジャズのイメージを早めに払拭して、ポップな展開に行った。これが図抜けた一つの理由だと思うんです。そこで大きな働きをしたのが、たかしまあきひこさんなんですね。『全員集合』の人気コーナー「ヒゲダンス」のテーマ曲には、「Do Me」という、元々アメリカのソウルシンガー、テディ・ペンダーグラスが歌っていた原曲があります。この曲を、志村けんさんが気に入って「イントロ部分だけを延々と演奏してほしい」って、たかしまさんにリクエストしたんです。

今ヒップホップのDJが、ある4小節だけを延々と繰り返すようなトラックを作ったりしますけど、そういうのを毎週生演奏でやっていたんです。今の音楽業界にいる人間からすると信じられないような離れ技で、毎週ミラクルを起こしていたような感じです。それに合わせて加藤茶さんと志村けんさんが踊っていました。この「ヒゲのテーマ」はシングルカットされて、オリコンチャート第5位になりました。

もうひとつ、これもマニアックな話になるんですが、ソウルシンガー、ウィルソン・ピケットの「Don’t Knock My Love」という曲のインストゥルメンタルに、いわゆるラップ的なものを乗っけてやったのが「ドリフの早口ことば」です。こちらもオリコンでトップ10に入っています。

クラシックの要素を取り入れた劇伴に長けたたかしま氏

たかしまさんがすごいところは、東京藝大出身の作曲家で、クラシックの楽理にもオーケストレーションにも長けていながら、こういったブラックミュージック的なグルーヴも出せて、映画やドラマの劇伴もできることです。コントのオチに使われていた「盆回り」という曲は、もともとあるコントのために1回だけ使うつもりで作った曲でした。それをいかりや長介さんが「これいいじゃないか、来週も使おう」って言って定番化しました。今でもTBS『オールスター感謝祭』で使われています。

この曲、組曲「地獄のオルフェ」の「天国と地獄」というクラシックの定番曲がうまく落とし込まれています。元ネタがあるものをアウトプットに合わせてモディファイするって、まるでヒップホップのDJみたいな感じなんですよね。部分的にサンプリングして、新しいものを作り上げるという。これを毎週生放送で味わうことができた昭和の子供たちって幸せだったなと、僕もその1人として思います。

「笑いと音楽の融合」のプロトタイプとなったドリフ

たかしまさんは2016年に73歳で亡くなりましたが、ブラックミュージックのグルーヴを一部取り出して、またそこに新たなエッセンスを加えて新たな音楽にするということが一般化した今、改めて彼の曲を聴いてみると「生ヒップホップだったんだな」という、妙な凄みを感じます。

そして、ザ・ドリフターズのメンバーのブラックミュージックに根差した、反射神経の良さというか“音楽のアスリート”だったんだなっていうのもよく分かります。そういう意味では、ドリフがプロトタイプになって、そこにもうちょっとイケメン度を加えてうまくやったのがSMAPということも言えるかもしれませんね。入口がアイドルだったのか、それともミュージシャンだったのかっていう違いで。お笑いと音楽の融合っていう意味では、一緒かもしれません。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

夏川椎菜「最難関を更新した1枚」ニューシングル『シャドウボクサー』に込めた想い!


声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
4月13日のゲストは夏川椎菜さん!
ニューシングル『シャドウボクサー』について伺いました。

「シャドウボクサー」は夏川さんの名前にちなんで毎年イベントを開催している「417の日」、4月17日に発売!作曲はUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんです。「今まで私と田淵さんで作ったものよりも、ちょっと攻撃的だったり、皮肉が効いた感じの曲にしたいとお願いしたんです。エッジのある曲が来るのは予想していました」

歌詞は夏川さんが書いています。「自分で書いて良かったと思うことの方が多かったですね。自分で歌いながら歌詞をつけるから歌いやすい母音と子音の並びに自然にするんですけど、 人に書いてもらっていたらちょっと覚えるの遅かっただろうなと。最終的には自分が歌いやすい並びになっています。作詞する時はなるべく外に出て、人の雑踏とかちょっとした雑音が聞こえる場所でやると1番集中出来る。ちょっとざわざわしてるぐらい」

かなり早口で歌い続ける『シャドウボクサー』、レコーディングはどうだったのかというと「何度も何度もブツブツ言いながらカフェで歌詞を書いていたので、改めて練習ということもなく、作詞をして流れるようにレコーディングみたいな感じでした。歌入れも最近はお任せ頂けるというか、1回考えてきたことを録音して、それを基準に膨らまして録っていくような感じです。レコーディングはスッと行きました」

ただスンナリと行かない部分もあったようです。「仮歌を自分の家で録ったんですけど、スタジオで歌った時に“ちょっとここ口が回らないな”とか“逆の方が意味的にいいな”と思ったりして、修正したりしました」

MVは夏川さんの想いを反映して、予定していたストーリーから変更されていました。「最初にアイデアを頂いた時は、勝てないから努力してどんどん強くなってって、最後強くなって勝ちますというストーリーになっていたんですけど、“勝ちたくない、最後まで負けたい”と思って変更してもらいました。『シャドウボクサー』は負け犬に対しての応援歌というか、手応えなくたっていい、ブザマな姿を晒しても挑戦し続けることに意味があるということを一番伝えたかったので、勝ってしまうとそこで終わっちゃう、それ以上ない感じがしたので“負けたい”と言ったんです」

カップリングの『労働奉音』は「ふざけました!メタルなのかなというくらいダークな印象。ライブを想定して書いた曲です。私のバックバンドを“ひよこ労働組合”と呼んでいて、バンドのテーマソングみたいになればいいなと思って。音に奉公をするために労働するという意味でタイトルを付けました。ぜひクラップなどで参加して頂きたいですね」

自分が担当していたラジオ番組に雨宮天さんから「あらやまみそ」というラジオネームでメールを送られたことがある夏川椎菜さん。ニューシングル『シャドウボクサー』は夏川椎菜さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「どちらも最難関を更新した曲、1枚になったと思っております。この2曲をうまく乗りこなせる、そんなアーティストになれたらいいなと思っております!」

Facebook

ページトップへ