木村匡也が語ったナレーターの原点は「よかトピア」と『電波少年』

木村匡也さん

福岡県はミュージシャンや俳優、お笑い芸人など、芸能界で活躍している人々を数多く輩出している都道府県のひとつ。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』では、6月13日~16日の特集企画「福岡県人会」で、4人の福岡出身芸能人の知られざるエピソードをお送りする。

初日13日に登場したのは、バラエティや情報番組のナレーターとして活躍中の木村匡也さん。インタビューを終えた番組パーソナリティのRKB・田畑竜介アナウンサーがやり取りを振り返った。

「まるで音楽」声でテレビ番組のシーンがよみがえる

「めちゃめちゃイケてるッ!」この第一声でいきなりハートを鷲掴みされました。『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)や『電波少年』シリーズ(日本テレビ)のナレーションでその名を轟かせた福岡県出身のナレーター・木村匡也さん。今も『がっちりマンデー!!』(TBS)『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)など、彼の声を聴かない日が無いというくらいの活躍ぶり。

インタビュー中に、これまでに担当したナレーションの一節を披露すると、その番組や、その番組を見ていた当時がパッと思い出されます。まさに音楽みたい。思わずテンションが上がりました。

声の仕事の原点は福岡の博覧会「よかトピア」

そんな木村さんにナレーターになるきっかけを伺うと、出てきたワードが「よかトピア」です。懐かしいですね。現在、RKB放送会館がある福岡市早良区百道浜一帯で1989(平成元)年に行われた、アジア太平洋博覧会のことです。留学したかった木村さんは、その「よかトピア」にできたイベントFM局で、高校卒業後から留学する年の9月までの間、アルバイトで働くことにしました。

ちょうどその時、東京のFM局がDJコンテストを行うことを知り、イベントFM局のスタジオ機材を使ってオーディションテープを作って送ることに。すると、予選を通過して、本選に参加したら「なんと優勝しちゃった!」と話す木村さん。そこでプレゼントされた番組でDJを務めることになり、その声を聴いた『電波少年』スタッフからの依頼で、ナレーターへの道へ繋がったそうです。

まさか原点に「よかトピア」が関係していたとは。意外なエピソードが聴けました!博多弁を交えてエピソードを話してくれた木村さんを、より身近な方に感じることができるインタビューとなりました。

あす14日は原口あきまさが登場

原口あきまささん(右)と田畑竜介アナウンサー
こがけんさん(右)

14日以降もバラエティに富んだ福岡県出身者が登場する。火曜日は明石家さんまや石橋貴明のものまねでブレイクした原口あきまささん。水曜日はドラマや舞台で活躍中、かつてRKBラジオでもレギュラー番組を持っていた俳優・山崎銀之丞さん。木曜日は久留米出身のお笑い芸人・おいでやすこがのこがけんさんがそれぞれ出演予定だ。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、辻満里奈、木村匡也
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ