木村匡也が語ったナレーターの原点は「よかトピア」と『電波少年』

木村匡也さん

福岡県はミュージシャンや俳優、お笑い芸人など、芸能界で活躍している人々を数多く輩出している都道府県のひとつ。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』では、6月13日~16日の特集企画「福岡県人会」で、4人の福岡出身芸能人の知られざるエピソードをお送りする。

初日13日に登場したのは、バラエティや情報番組のナレーターとして活躍中の木村匡也さん。インタビューを終えた番組パーソナリティのRKB・田畑竜介アナウンサーがやり取りを振り返った。

「まるで音楽」声でテレビ番組のシーンがよみがえる

「めちゃめちゃイケてるッ!」この第一声でいきなりハートを鷲掴みされました。『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)や『電波少年』シリーズ(日本テレビ)のナレーションでその名を轟かせた福岡県出身のナレーター・木村匡也さん。今も『がっちりマンデー!!』(TBS)『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)など、彼の声を聴かない日が無いというくらいの活躍ぶり。

インタビュー中に、これまでに担当したナレーションの一節を披露すると、その番組や、その番組を見ていた当時がパッと思い出されます。まさに音楽みたい。思わずテンションが上がりました。

声の仕事の原点は福岡の博覧会「よかトピア」

そんな木村さんにナレーターになるきっかけを伺うと、出てきたワードが「よかトピア」です。懐かしいですね。現在、RKB放送会館がある福岡市早良区百道浜一帯で1989(平成元)年に行われた、アジア太平洋博覧会のことです。留学したかった木村さんは、その「よかトピア」にできたイベントFM局で、高校卒業後から留学する年の9月までの間、アルバイトで働くことにしました。

ちょうどその時、東京のFM局がDJコンテストを行うことを知り、イベントFM局のスタジオ機材を使ってオーディションテープを作って送ることに。すると、予選を通過して、本選に参加したら「なんと優勝しちゃった!」と話す木村さん。そこでプレゼントされた番組でDJを務めることになり、その声を聴いた『電波少年』スタッフからの依頼で、ナレーターへの道へ繋がったそうです。

まさか原点に「よかトピア」が関係していたとは。意外なエピソードが聴けました!博多弁を交えてエピソードを話してくれた木村さんを、より身近な方に感じることができるインタビューとなりました。

あす14日は原口あきまさが登場

原口あきまささん(右)と田畑竜介アナウンサー
こがけんさん(右)

14日以降もバラエティに富んだ福岡県出身者が登場する。火曜日は明石家さんまや石橋貴明のものまねでブレイクした原口あきまささん。水曜日はドラマや舞台で活躍中、かつてRKBラジオでもレギュラー番組を持っていた俳優・山崎銀之丞さん。木曜日は久留米出身のお笑い芸人・おいでやすこがのこがけんさんがそれぞれ出演予定だ。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、辻満里奈、木村匡也
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ