永遠の若大将・加山雄三の歩んだ軌跡は芸能界の“歴史”で‟道しるべ”

音楽プロデューサー・松尾潔氏

年内でコンサート活動を引退すると発表した国民的大スター・加山雄三。若大将の歩んだ軌跡は、まさにスターのそれである。元祖シンガーソングライターで、元祖歌う俳優。エレキギターもサーフィンもスキーも、日本人は若大将に教わった。音楽プロデューサー・松尾潔氏がRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で足跡をたどった。

みんなの憧れを体現したような「国民的な芸能人」

加山雄三さんは「国民的な芸能人」と言い切れる、数少ない方だと思います。なにしろ、愛称が「若大将」ですから。いきなり余談ですけども、若大将と対になって語られていたライバル役・田中邦衛さんの呼び名はご存知ですか?青大将ですね。

今年85歳の加山雄三さん、一生現役と思っていた方もいるかもしれませんが、コンサート活動を引退することを先週発表しました。音楽活動として作曲やレコーディングは続けるということなんですが、やっぱり一つの時代の区切りを感じてしまいますね。

加山雄三さんに憧れて音楽を始めた方、芸能界を目指した方って本当に多い。60代の半ばから70代ぐらいの方、皆さん加山さんに憧れてギターを持ったり、ピアノに向かったりしたという感じじゃないかと思います。とにかく何でもできちゃう、なんでも持っている人っていうイメージが強いですよね。

加山さん、われわれが教科書で習った、あの岩倉具視さんの子孫で、父親は銀幕のスター、上原謙さんですよね。それでご本人は大学時代スキーで国体に出たようなスポーツマンであり、自分でピアノ弾いて、ギター弾いて、元祖シンガーソングライターでもあり、当時大学進学率が低い頃に、学士俳優として、大ヒットした映画のタイトルが『大学の若大将』ですからね。その後も『ハワイの若大将』とか『銀座の若大将』とか。みんなの憧れをどんどん体現したような方です。

ポップカルチャーの成熟に大きな役割果たす

今から25年ぐらい前、僕は親交のある山下達郎さんに「年長の世代だったらどういう人を意識しますか、もしくは年の重ね方で参考にしてらっしゃる方っていらっしゃいますか?」っていう話をしたときに、三波春夫さんの名前を挙げたんです。三波春夫さんって、当時70代でもこんなに声出るんだっていうようなスーパーボーカリストとして知られていたんです。その達郎さんが今69歳って考えると、芸能界の高年齢化、あと高年齢現役化っていうのも、実はこの20年ぐらいの間に、著しく進んだなあと思いますね。

小田和正さんはもう70代で、その小田さんの新譜を私たちが待っているような状況にあるわけで、これは大衆音楽、ポップミュージックの成熟を物語っていると思うんですね。もともとユースカルチャーとして世に出てきたけれど、大人になった後もずっと楽しみ続けるような作品があるということで。そういった日本におけるポップカルチャーの成熟に当たって大きな役割を果たしたのが加山雄三さんかなというふうに思います。

福山雅治、星野源…「歌う俳優」の道を作った

「お嫁においで」なんて曲も作っているし、そのときそのときの世相みたいなものが盛り込まれている。多くの場合は作詞家の岩谷時子さんと一緒に作っている作品が多いんです。代表曲「君といつまでも」は、大ヒットミリオンセラーで、1965(昭和40)年に発売されて、350万枚のヒットと言われています。

人気俳優でありながら、ご自身で作曲されている「歌う俳優」は後の寺尾聰さんとか、今の福山雅治さん、星野源さんもそうですよね。そういう「歌う俳優」の道を作った方としても、ずっと記憶されていくんじゃないかと思います。エレキギターブームとか、彼が火をつけたもの、サーフィンもそうですしスキーもそうですね。本当にスーパーマンのような方で、この場で「長年のコンサート活動おつかれさまでしたと」と拍手を送りたいですね。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ