「寛容ラップ」CMのおばあさん役女優「ラップは2週間猛特訓」

山口玲香・ハル ©RKBラジオ

コンビニのレジでもたつくおばあさんに、後ろに並んでいるコワモテの男性がラップで「何も気にするな」と語りかけ、おばあさんの方も「私も反省、見た目で判断」とラップで答える――この夏、テレビやラジオで繰り返しオンエアされたACジャパンのCM「寛容ラップ」だ。このおばあさん役の女優・小田原さちさんがRKBラジオ『Toi toi toi』に出演し、CM撮影の舞台裏を語った。

寛容ラップ(全国キャンペーン)※公益社団法人ACジャパンのサイト

生まれて初めてのラップは2週間の猛特訓

ハル:話題になったCMですから、小田原さんもかなり反響あったんじゃないでしょうか?

小田原さちさん(以下、小田原):テレビ、ラジオ、新聞、雑誌。それから電車の中でも流れていて、本当に目にする機会が多かったんですね。私、出身が北海道なんですけれど「北海道からも見たよ」とか「小田原さんだよね」とかって、ずいぶん反響がありました。

ハル:街を歩いていて、リアクションもあるんじゃないですか?

小田原:それはないです。マスクをしているし、普段は私、眼鏡をかけているので。

ハル:それにしても、見事なラップを披露しているじゃないですか。もともとラップの経験はあったんですか?

小田原:生まれて初めてです。(CMの)オーディションがあって、そこでラップを聞かされて「こういう感じでやってください」ってことで、それでやったんです。でも何回か失敗しちゃって「もう無理だ」と思っていたんですけど、たまたま決まりまして。

ハル:練習期間ってあったんですか?

小田原:オーディションから本番まで2週間、必死になってやりました。音源を録音していただいて、それをもう何度も聞いて。でも娘からは「それはラップじゃない」って言われて(笑)

リモート出演した小田原さちさん

呂布カルマさんから直接アドバイスも

小田原:撮影時はラップの掛け合いをした(ラッパーの)呂布カルマさんから「こういう感じの方がいいんじゃないか」みたいなことで言っていただいて。すごく優しい方でしたね。

ハル:あんな怖そうなのに!

小田原:私も最初見たとき、怖いって思ったんです(笑)サングラスをして、オールバックですごい派手なシャツ着てるじゃない。でも、全然そんなことなくて、待ち時間に写真撮ったり、アドバイスいただいたりとかして、優しい方でした。

ハル:具体的にはどんなアドバイスをもらったんですか?

小田原:マイクの使い方ですね。「こういうふうに持って」って。いや、あれマイクじゃなくて、ソースを持ってるんですけどね(笑)

「ウェブ広告を見て」女優業は60歳から

ハル:小田原さんって、もともと女優をやってらっしゃったわけですよね?

小田原:いえ、60歳になって初めて事務所に入って、ブランクも5年くらいあって。いま73歳ですから、通算7、8年ってとこですかね。

ハル:何がきっかけだったんですか?

小田原:私、たまたま60歳からパソコンを始めまして。(ブラウザの)画面の横に、芸能事務所の広告が載っていたんですね。それで「ちょっとやってみたいな」と思って行ったのがきっかけですね。最初のお仕事はビールか何かのコマーシャルで、200人くらいの大勢のエキストラがいる中の1人だったんですが、それがすっごく楽しくて。こんな楽しい仕事でいいんだろうかと思いながら帰ってきたんですね。そういう感じで始まりました。

ハル:所属事務所のホームページを拝見したところ、いろんな作品に出てらっしゃいますよね。GReeeeNのミュージックビデオとかにも。とくに印象に残っているお仕事は何ですか?

小田原:やはり今回のACジャパンが印象的でした。あと「先生のおとりよせ」っていうドラマ(テレビ東京)に出たんです。北村有起哉さんのおばあちゃん役で。それが結構セリフがあって、自分ではもう駄目駄目だったんですけど、家族の評判は良くて。

共演してみたい人は誰?実はキャッシュレス派!?

山口玲香:今後の夢とかありますか?こんなお仕事やってみたいとか。

小田原:映画で、セリフがあって存在感のあるような、そういう役者になりたいです。

ハル:共演してみたい人は?

小田原:中井貴一さんです。大好きです。

ハル:ちなみになんですけど、小田原さんはプライベートでは現金派ですか、キャッシュレス派ですか。

小田原:半々ですかね。コンビニは結構、キャッシュレスとかで、でも、ほかのお買い物は結構現金が多いかもしれないです。

ハル:実際には(CMのように)あれだけ時間がかかることは本当はないけどね、っていうことですね。きょうはありがとうございました。

Toi toi toi
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 9時00分~13時00分
出演者:ハル、山口玲香
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram
公式LINE

※放送情報は変更となる場合があります。

円安埋蔵金“外為特会”の活用議論にクギ 「国際政治的に絶対に無理」石川和男が断言

政策アナリストの石川和男が5月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。最近、国会で政策財源のひとつとして議論された「外国為替資金特別会計(外為特会)」について専門家と議論した。

※イメージ

政府・日銀は4月29日と5月2日、急激な円安の進行を阻止する狙いから、ドル売り円買いの為替介入を実施したと見られている。為替介入は、国の「外国為替資金特別会計」=通称“外為特会”の資金を使って行われるが、この資金をめぐって今、国会で議論が沸き起こっている。

財務省が公表しているデータによると、今年1月末時点の外貨準備高は1兆2917億ドル(約200兆円)で、このうち1兆ドル近くが米国債などの証券、残りがドル現預金とれているが、詳細な内訳は公表されていない。これらドル建ての米国債や現預金の円での評価額が、円安の影響で膨れ上がっており、その差額=「含み益」を政策財源に充てる案が国会で浮上している。

この話題について、ゲスト出演した岩手保健医療大学理事で経済評論家の濵田敏彰氏は「外国為替資金特別会計では、ドルを現金でも持っているが(ほとんどは)アメリカの国債で持っている。(含み益を円に戻して確定させるために)アメリカの国債を日本だけが大量に売るとなると、国際社会の中で生きているので調整が必要」だとして、現実的な選択肢ではないと指摘。石川も「それは国際政治的に絶対に無理」と断言した。

石川は「大量に何兆円というオーダー、あるいは何千億円のオーダーでボンっと一気に売ることになると、アメリカは逆のことをしかねない。日本に次いで、世界のドル保有国2位の中国でさえ、あれだけアメリカと貿易戦争をしておきながら、ドル(米国債)を売らない。それは、アメリカを怒らせたらろくなことはないという証拠」と言及。

濵田氏は「そもそも外為特会は特別会計で、1年で締めて、本当に利益が出たときは、その分きちんと国庫に納めている。今回、その上に売るというのは、為替の調整のためならまだしも、その金で国民にばらまくみたいな話は通らない」と述べた。

Facebook

ページトップへ