香川照之のコメントを音楽プロデューサー・松尾潔が批判「不快な思い」に謝罪する人々

音楽プロデューサー・松尾潔氏

性加害騒動をめぐりTBSテレビの情報番組『THE TIME,』で香川照之が「不快な思いをさせた方に…」と謝罪した。不祥事を釈明する場でよく使われるこの“便利な”フレーズ、音楽プロデューサー・松尾潔さんはレギュラー出演しているRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で、「本質に触れていない」と批判した。

森喜朗と香川照之

男性として生まれるということは、この国ではいまだ、マジョリティーとして世に出てくるようなものです。その自覚がないまま、その優位性をあたかも自分の手柄であるかのように振る舞っている年長の男性が、最近よく問題になっていますよね。

その中でも筆頭格が森喜朗さん。東京オリンピックの組織委員会で重責にあったわけですが、女性蔑視発言がありましたね。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と。それに対してスポンサーだったトヨタの豊田章男社長がノーを突きつけました。

政界の方が財界より遅れているのかな、みたいな印象さえ受ける話でしたが、そのトヨタのCMで「顔」になっていた香川照之さんが、やはり女性に対して、言葉ではなく、今回は性加害ということで糾弾されています。

「不快な思いをさせたのであれば…」というフレーズの違和感

トヨタも森さんに対してと同じような、ある意味、筋の通った態度でCM契約を更新しないという対応でした。そしてTBSテレビは「今後出演しない」と発表。金曜日の放送でお詫びしていましたけど、こういうとき、決まり文句みたいになっている「不快な思いをさせたのであれば…」というフレーズ、どう思いましたか?

「不快な思いをさせたのであれば」って政治家の人たちもよく使う、一見良心に訴えているような印象があるんですが、そこが間違っているんだと僕は思います。「私はこういうことをやりましたけれども、それでお気を悪くさせたのであれば」っていう言い方。でも、触ったっていう事実で、もうアウト。不快な思いをさせたとかそういうことじゃなくて、もうそれ以前の問題です。

例えば万引きをするっていうのはもうアウト。相手が不快な思いをしようがどうだろうが、もうその行為自体がアウトっていうふうに、犯罪として私たちは認識すると思うんですが、香川さんがしたこと、今報道されているものを見た限りでは、事実がもう既にアウト。という認識を持たなきゃいけない。

梨園という“伝統”の世界

飲食店でのホステスさんへの行為を「お金を払っているわけだし、ある程度許容範囲だと思っていたんだけど」と考える人もいるかもしれません。でも、やりすぎなんですよ。暴力って自覚しないままの暴力は、ほかにもあります。「お酒飲みなさいよ」というアルコールにおけるハラスメントだとか、「一緒に寝ろよ」的なことをちらつかせたようなことは、今の時代、暴力と言っていいでしょう。

元自衛隊員の五ノ井里奈さんが、パワハラだけじゃなくてセクハラ、モラハラ、マタハラ、いろんなことがあったっていうことを訴えていますが、こういったことと地続きです。香川さんがいる歌舞伎の世界、梨園と言われるところは、本当に特殊な形で、男性の優位性というのが維持されてきたところです。

もっと言うと、梨園は“生まれた家”がかなりの部分を決めてしまうという、今の一般社会ではあってはならないことが全部そのまま、伝統芸能という名のもとに、そのまま保存されている世界です。しかしそういう面も好ましく思って、芸を見に行くファンもいるという、ややこしい構造があります。私も歌舞伎によく足を運ぶ一人なので、難しい問題が今こうやって顕現しているな、と思います。

市川海老蔵と香川照之(市川中車)

こういう事件が起きたときに、矮小化しないことが大切だと思っています。同じ歌舞伎界では、かつて海老蔵さんの件もありました。海老蔵さんと香川さんとでは全然違うじゃないかという指摘もあるとは思います。ずっと歌舞伎の家で育ってきた海老蔵さん、一方香川さんは40歳を過ぎて市川中車を襲名。元々そういう家柄であるとはいえ、テレビドラマとかにおけるステータスと、歌舞伎におけるステータスが全然違うってところで、ご本人も気持ちのバランスを取りづらかったのかとか、いろんな憶測が飛び交っています。

しかし「やっぱり歌舞伎はね」というふうに、梨園全体の構造的な問題として片付けるのはちょっと怖いことだなと思います。では、我々は何をすべきかっていうと、自分たちのそれぞれの生活で、同じようなことをやっていないかという意識を一人一人が持っていくこと。それが、この世の中を少しでも良くするために必要じゃないかなと思いますね。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、武田伊央、松尾潔
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ