“天才歌手”天童よしみの歌声は聞き手との間に「物語」を作り出す

音楽プロデューサー・松尾潔氏

今年デビュー50周年を迎えた、天童よしみ。音楽プロデューサー・松尾潔さんは出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「彼女の歌声は、聞き手との間に『物語』を作り出す」とその魅力を語った。

天才少女時代のライバルは上沼恵美子

9月26日は天童よしみさんの誕生日。68歳になられました。テレビアニメ『いなかっぺ大将』の「大ちゃん数え唄」を歌ったときの天童よしみさんは、当時「吉田よしみ」という名前でした。まだ高校1年生でした。それぐらいの頃から、天才少女歌手として“コンテスト荒らし”だったんです。生まれは和歌山ですが、育ったのは大阪の八尾。関西圏のあちこちののど自慢大会でいつも優勝していたそうです。そして、彼女と競って準優勝だったのが上沼恵美子さんだったという話もあります。

上沼さんは、「いつもよしみちゃんに優勝されて」って今でも言っています。だけどあのお喋りがあったから、海原千里・万里としてスターダムを駆け登り、歌の方でも「大阪ラプソディ」という大ヒットを飛ばしました。すごい2人が子供のときガチンコで勝負してたって話なんです。

「珍島物語」はオリコン最高位35位で130万枚

天童よしみという芸名でデビューして、今年で50年になります。先週、その50周年記念シングルが出ましたが、私はその作詞を担当しました。天童よしみさんといえば1996年にヒットした「珍島物語」が有名ですが、オリコン最高位を見るとびっくりするぐらい順位が低くて、35位なんです。それなのに130万枚売れています。

歌の内容は、韓国の珍島に伝わる伝説を元にした話で、普遍性を持った、人と人、家族の絆を描いた歌です。レコード大賞の歌唱賞をはじめとして、いろんな賞を受賞されて、彼女の芸能界におけるステータスを決定づけました。

その歌声は聞き手との間に「物語」を作り出す

「天童さんの非凡なところって何かな」と、一緒に仕事をしながら考えていました。もちろん歌が上手っていうのはありますが、うまさの方向性っていうのが、常に聞き手に向かっているんです。聞き手ファーストとでも言いましょうか。聞く人との間にナラティブ

(narrative)、物語を作り出すんですよね。つまり、聞き手が体感を伴って、記憶に焼き付けることができるような歌声なんです。

プロの歌手を名乗る人はたくさんいて、僕もいろんな歌手と仕事をしていますが、その中に「この人が歌うと、まるで自分自身の思い出のアルバムの写真のことを歌っているようだ」と思わせてくれるような歌い手がいます。「あれ、私この話したっけ?」みたいな。それぐらい、自分の身近なとこに入り込んでくるような歌なんです。

「歌は世につれ、世は歌につれ」ではないですが、歌が自分の人生の記憶に寄り添って、逆に自分の生き方が歌に影響を受けた、そんな気持ちにさせてくれる。フィクションである歌と自分のノンフィクションを、シームレスに一体化させてくれるような歌声を持った人は、プロの中でもそんなにはいないと思っています。

これは歌い手というところにプラスして、生活者として日々どう向き合っているかということが、歌声に出ていると思うんです。今でも八尾に本拠地を構えて活動するという、数少ない地方在住歌手の一人でもあります。僕は普段R&Bとかソウルミュージックとか、いわゆるブラックミュージックに根ざした音楽をやることが多いんですが、天童さんはジャンルを超えた凄みを感じます。日常生活と乖離しない音楽という、何か一つの答えを見せてくださった気がします。

天童よしみと仕事をして…

9月21日にリリースされた「帰郷」の歌詞を書いたんですが、これも彼女の話をいろいろ伺って、自分がどこに立っているかということを忘れない人を主人公にした歌詞にしてみました。まさに天童よしみ版「ふるさと」という感じです。

ところで、なぜ天童よしみさんの仕事を松尾潔がやっているの? って、疑問を抱かれた方がいるかもしれません。ポルノグラフィティとか槇原敬之、いきものがかりをプロデュースする、ポップスの名人・本間昭光さんという方がいるのですが、彼は天童さんと同じ小学校中学校に通っていて、後輩に当たるんです。その本間さんが「松尾君、ちょっと手伝ってくれない?」って言われて。「天童よしみさんですか!?」って思ったんですが、「今、俺ソウルミュージックを作らせてもらっている!」っていう実感が得られました。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、武田伊央、松尾潔
番組ホームページ
公式X
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

この夏は、「夏バテ」ならぬ「冷えバテ」対策にきのこと豚肉の味噌汁で芯から温めよう!

野村邦丸がパーソナリティを務めるラジオ番組『くにまる食堂』(文化放送・毎週月曜から木曜9時~13時)内で火曜日の11時半ごろから放送されている「ホクトpresents きのこで菌活~カモン健康!」。きのこを食べて体の内側から「健康」になる方法について、「日頃の生活の中で気になる健康」をテーマに、毎週、その道の専門家に話を聴く。

今週は、『イシハラクリニック』副院長の石原新菜先生に「夏バテの予防と対策」というテーマで話を伺った。

夏バテといえば夏の終わりごろに「最近夏バテで…」と体調不良を訴える人が多かったが最近では7月ごろから夏バテを訴える人が増えてきた。この理由は、「暑熱順化」という言葉で説明できるという。「暑熱順化」は、徐々に身体を夏の暑さに順応させるということ。昔は春から夏にかけてだんだんと暑さに慣れていくことができていたが、最近は5月頃から夏日を観測することも増え、急に気温が高くなり身体が夏の暑さに慣れる時間がないうちに真夏を迎えてしまい、夏の初めから夏バテのような症状が出る人が増える要因になっているそうだ。では、夏バテの対策で重要なことは…。

野村邦丸「新菜先生、夏バテの主な原因は自律神経の乱れと思ってもいいですか?」

石原新菜「そうですね。まず冷房が効いた部屋で身体を冷やす。で、外に出ると今度猛暑ですから、外がめちゃくちゃ暑い。中が寒い、外が暑い、この温度差で体温調節をしなきゃいけない自律神経が頑張るとバランスが乱れてしまって、その影響で身体の中のいろんな機能に不調が現れてくるってことなんですよね。まだ暑いので、皆さんさっぱりした冷たいものをささっと食べちゃう。のどごしのいいものを食べたくなるんですけど、栄養が偏ってしまうんですよね。タンパク質とか薬味とか食物繊維、発酵食品がうまく摂れなくて。こういった栄養が偏ってしまうということも、また身体の疲れにつながる。もう悪循環ですよね」

邦丸「わかってるけど、やっぱりツルツルしこしこのそうめんとか冷麦ばかり食べちゃうんだ!って方も多いと思います。気持ちはわかりますよね」

石原「さらに薄着で冷房の中で、冷たい飲み物、食べ物。もうトリプルで内臓を冷やしてしまうんですよね。だから私いつも言ってるんですけど、最近の現代人の夏バテというのは暑くてバテるのももちろんあるんですけども、内臓を冷やしてしまって内臓の冷えから来る体調不良だから「冷えバテ」だよっていつも言ってますね」

邦丸「夏バテじゃなくて「冷えバテ」。夏バテ予防、あるいは冷えバテ予防に有効な食べ物は何でしょうか?」

石原「やっぱりおすすめなのが、きのこと豚肉の味噌汁。きのこたっぷりの豚汁の状態ですね。やっぱり豚肉にはタンパク質が豊富ですから、筋肉を作るものにもなりますし、それからやっぱり代謝を促すビタミンB1すごく豚肉には多く含まれているんですね。代謝はエネルギーに変えてくれるので、夏バテとか、冷え対策にもなる。きのこもビタミンB群がすごく豊富に入ってます。あと、大豆を原料にしてる味噌にもタンパク質、それからビタミンB2も入ってる。きのこにもB2が入ってて、きのこと味噌汁の組み合わせってすごくいいんですね。相乗効果があって。後は、味噌汁に含まれる塩分とかミネラル。夏、汗をたくさんかいて、ミネラルが失われてしまうので、味噌汁で補給するのもいいですし、そこに腸内環境を整える食物繊維が豊富なきのこを取り入れると一石二鳥かなと思います。実はきのこにたくさん入ってるのは、カリウムもあって、カリウムには、ナトリウムを追い出す働きがあるので、夏の「むくみの改善」にも良いですし、あとは結構汗でもカリウムが出ていってしまうので、カリウムの補給にもいいですね。あまりカリウムが不足してしまうと筋肉の動きに関わって、足がだるくなるとか攣ってしまうとか、いろいろあるので、カリウムもしっかり摂りたいミネラルなのできのこに入ってて、お勧めですよね。また、夏バテが続くと今度は免疫機能が低下してしまって、夏風邪の原因にもなってくるんですよね。きのこには免疫細胞に直接働きかけるβグルカンが豊富に入ってたり、免疫アップにもおすすめなんです。あとは睡眠ケアにも役立つオルニチンとかギャバ。そういったアミノ酸もたくさん入っているので、疲労回復におすすめ。なので、是非きのこたっぷりの豚汁。これを夏バテ予防として取っていただけたらいいなあと思いますね」

邦丸「きのこを入れて豚汁。豚汁は本当に好きな人が多いと思うんですよ。夏場の豚汁で夏を乗り切ろうってのはいいですね」

Facebook

ページトップへ