財津和夫、贈られて好きなものは「愛」と答える

TULIP・財津和夫が、時にはオチャラケながらその後すぐ真面目に話しだしたりする『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、財津と武田アナのプレゼントに関する思いが窺えることに。

いよいよ7月まで

TULUPの50周年ツアーは冬の間小休止していたが、今月末再開される。まずは7月のラストまで完走してくださいね、というリスナーのメッセージに「(以前の放送で)『続くよ、最後じゃないよ』と言いましたけど・・・TULIPのツアーはこれが最後で、(そのあとは)ソロコンサートやら、ひょっとしたら80歳になったメンバーが集まって一日やってみようか、みたい事はあるかもしれないな。そんな予定でございます」と穏やかに今後の展望を含めて語る財津。
各地で「ラストステージ」を心待ちにしているファンのためにも、4か月(15週)を切る期間で残り18ステージというハードなスケジュールを無事乗り切って欲しい。ツアーに参加されたリスナーの皆さん、また是非とも感想を番組までお寄せください。

あなたは「金の延べ棒」と「愛」どちらを選ぶ?

リスナーからの「プレゼントを貰うことと渡すことどちらが好きですか」という質問にふたりが答える。

武田アナは、渡す方が好き。理由は、相手がどっちの色がより好きだろうとか、どうしたら喜んでくれるのかを想像している時間が楽しいから。相手が嫌いなものを渡さずに済むよう、周りの人に聞いて徹底的に調べるのが武田流のようだ。
財津は、貰う方が好き。お金か金の延べ棒、と間髪入れずに答える。本音を語る番組です、と財津が常々言うものの、これは茶目っ気たっぷりの回答。失笑の武田アナから、他にないですか、と促されると財津が一転して「愛かな。愛は本当に大切ですよ。愛はいろんなものに形を変えてやって来る。だから『あ、これって愛じゃないのかな』と見抜かなきゃいけない。武田さんが渡したプレゼントの中にもおそらく愛がいっぱい詰まっている。貰った人はそれを『あ、愛だな』と思って受け止めているんじゃないですか。そう思うと、渡すことがさらにうれしくなりますよね」と真面目トークに。「受け取るときにも、これは愛だなって思わないといけないですね」と武田アナも今度は納得のようだ。

今日の一曲は、財津和夫「切手のないおくりもの」。1977年(昭和52年)に発表され、翌1978年はNHKのみんなのうたで放送。大きな反響を呼び、財津自身も何度かリメイクし、また多くの歌手によるカバーバージョンが競作されている、ある意味異色の財津作品である。

次回の放送3月26日も、通常通り18時15分(午後6時15分)から。
「大丈夫」という言葉が持つ不思議な力についてお話しします。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、武田伊央
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

夏川椎菜「最難関を更新した1枚」ニューシングル『シャドウボクサー』に込めた想い!


声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
4月13日のゲストは夏川椎菜さん!
ニューシングル『シャドウボクサー』について伺いました。

「シャドウボクサー」は夏川さんの名前にちなんで毎年イベントを開催している「417の日」、4月17日に発売!作曲はUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんです。「今まで私と田淵さんで作ったものよりも、ちょっと攻撃的だったり、皮肉が効いた感じの曲にしたいとお願いしたんです。エッジのある曲が来るのは予想していました」

歌詞は夏川さんが書いています。「自分で書いて良かったと思うことの方が多かったですね。自分で歌いながら歌詞をつけるから歌いやすい母音と子音の並びに自然にするんですけど、 人に書いてもらっていたらちょっと覚えるの遅かっただろうなと。最終的には自分が歌いやすい並びになっています。作詞する時はなるべく外に出て、人の雑踏とかちょっとした雑音が聞こえる場所でやると1番集中出来る。ちょっとざわざわしてるぐらい」

かなり早口で歌い続ける『シャドウボクサー』、レコーディングはどうだったのかというと「何度も何度もブツブツ言いながらカフェで歌詞を書いていたので、改めて練習ということもなく、作詞をして流れるようにレコーディングみたいな感じでした。歌入れも最近はお任せ頂けるというか、1回考えてきたことを録音して、それを基準に膨らまして録っていくような感じです。レコーディングはスッと行きました」

ただスンナリと行かない部分もあったようです。「仮歌を自分の家で録ったんですけど、スタジオで歌った時に“ちょっとここ口が回らないな”とか“逆の方が意味的にいいな”と思ったりして、修正したりしました」

MVは夏川さんの想いを反映して、予定していたストーリーから変更されていました。「最初にアイデアを頂いた時は、勝てないから努力してどんどん強くなってって、最後強くなって勝ちますというストーリーになっていたんですけど、“勝ちたくない、最後まで負けたい”と思って変更してもらいました。『シャドウボクサー』は負け犬に対しての応援歌というか、手応えなくたっていい、ブザマな姿を晒しても挑戦し続けることに意味があるということを一番伝えたかったので、勝ってしまうとそこで終わっちゃう、それ以上ない感じがしたので“負けたい”と言ったんです」

カップリングの『労働奉音』は「ふざけました!メタルなのかなというくらいダークな印象。ライブを想定して書いた曲です。私のバックバンドを“ひよこ労働組合”と呼んでいて、バンドのテーマソングみたいになればいいなと思って。音に奉公をするために労働するという意味でタイトルを付けました。ぜひクラップなどで参加して頂きたいですね」

自分が担当していたラジオ番組に雨宮天さんから「あらやまみそ」というラジオネームでメールを送られたことがある夏川椎菜さん。ニューシングル『シャドウボクサー』は夏川椎菜さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「どちらも最難関を更新した曲、1枚になったと思っております。この2曲をうまく乗りこなせる、そんなアーティストになれたらいいなと思っております!」

Facebook

ページトップへ