今月日本で生涯を閉じたプロ野球初のキューバ出身選手バルボン氏を悼む

飯田和郎・元RKB解説委員長

きょう3月30日にプロ野球が開幕する。いまでこそ、福岡のプロ野球ファンは、ホークスを応援するが、かつてこの地には史上最強の球団・西鉄ライオンズがあった。野球ファンでもある飯田和郎・元RKB解説委員長が、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で西鉄ライオンズの鉄腕・稲尾和久投手から本塁打を放った、ある外国人選手のエピソードを披露した。

先頭打者本塁打がなければ完全試合

1956(昭和31)年から、3年連続で日本一に輝いた西鉄ライオンズのスター軍団の中で、一人挙げるとすれば、「鉄腕・稲尾」こと、稲尾和久さんだろう。その稲尾さんの珍記録にまつわる、ある外国人選手の話をしたい。

珍記録が生まれたのは1957年7月6日、ライオンズの本拠地・平和台球場で行われた、西鉄対阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)の試合だ。この日先発した稲尾さんは入団2年目、20歳になったばかりだった。

1回の表。稲尾さんは阪急の先頭打者の外国人選手にいきなり本塁打を打たれた。が、その後、稲尾さんはただの1人のランナーも許さず、完投した。試合は西鉄が2対1でサヨナラ勝ち。先頭打者本塁打がなければ完全試合だった。

記録男・稲尾さんだが、のちに、「ノーヒット・ノーランだけがなかった。まして本塁打の後がパーフェクトだったから、達成したかった」と悔やんでいた。

来日以来68年間日本に住み続けたキューバ出身選手

その先頭打者本塁打を放ったのは、日本プロ野球で初めてのキューバ出身選手、ロベルト・バルボンさん。今月12日、89歳で死去した。亡くなったのは兵庫県の西宮市。バルボンさんは21歳で来日して以来、68年間日本に住み続けた。

1955(昭和30)年3月19日の毎日新聞に、バルボンさんの来日を伝える記事が載っている。

阪急ブレーブスに入団した黒人選手、ロバート・バルボン内野手は18日午後零時5分、羽田着で来日した。身長1.79メートル、体重71.2キロ。右投げ右打ちの二塁手でカナダの黒人リーグで3割4分の好打を放っていた。

キューバのハバナから3日かけての来日だった。日本での生活は戸惑いの連続。当時、遠征先の宿舎は旅館で、バルボンさんは「畳で寝るのがつらかった」とこぼす。また、食べた経験のない和食は口に合わず、チキンライスばかりを食べていたという。

そうした文化や習慣の違いを乗り越えて野球に打ち込んだ。阪急に入団した1955年にパ・リーグ最多の163安打、49盗塁を記録した。のちに3年連続で盗塁王。11年間の現役生活で、通算成績は1123安打、308盗塁。ベストナイン1回。1353試合の出場記録は、2007年に更新されるまで外国人選手最多だった。

バルボンさんはなぜ、日本に居続けたのか? キューバでは1959年に革命が起こり、1961年に社会主義宣言を発した。キューバとアメリカは国交断絶し、航路がなくなってしまったのだ。「日本では数年、プレーするつもりだった」「キューバ革命なかったら、キューバに戻っていた」。のちに本人はそう語っている。

母国に帰れなくなったバルボンさんは、引退後阪急のコーチを務めたほか、球団通訳としても活躍。試合終了後のお立ち台で外国人選手のインタビューを得意の関西弁に訳したことで人気を集めた。

阪神淡路大震災で現役時代の記念品を失う

1997年、朝日新聞のインタビューで現役時代を振り返り、黄金時代の西鉄ライオンズについてこう語っている。

「そら強かったわ。中西さんの打球の速さ、すごかったわぁ、あんな選手、後にも先にも見たことない。ほかにも、関口、豊田、高倉……大下さんかて、現役のバリバリやで。西鉄になんか勝てるわけないわ」

バルボンさんは、一線を退いたあと、子供たちへの野球指導を続けた。明るい性格で誰からも好かれた。阪神淡路大震災では西宮の自宅が損壊、現役時代の記念のトロフィーも壊れてしまった。

それでも、すぐに野球教室を再開した。上手くない子にもほめる、それが指導法だった。「野球を好きになることが大切。細かい技術はその後や。教えられとるのは、私の方かもしれんけど」

先駆者が残した足跡の大きさ

時代は変わった。国際情勢も、外国人選手の環境も変わった。ホークスのモイネロ、昨年まで在籍したデスパイネ、グラシアル。中日のビシエド、日本ハムのマルティネス…キューバ出身の選手も、数多く来日している。一方で海を渡り、新たな舞台に立つ日本人選手も珍しいことではなくなった。

そうやって野球が進化していく。そこには必ず先駆者がいる。バルボンさんもその一人だ。WBCで世界一を奪還し、ペナントレースが開幕するこのタイミングでバルボンさんの訃報に接し、つくづく先駆者が残した足跡の大きさを感じる。

田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、飯田和郎
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

若き女性教師の悪夢のような極限心理をあぶり出す 『ありふれた教室』

ニッポン放送「ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町」(日曜朝5時~)で、おススメの最新映画をご紹介しているコーナー『サンデー早起キネマ』。5月12日は、衝撃の映画体験が味わえる3本をご紹介しました。

その1本は、ドイツから届いた、若き女性教師の悪夢のような極限心理をあぶり出したサスペンス・スリラー『ありふれた教室』。

『ありふれた教室』  (C)ifProductions_JudithKaufmann

ポーランド系ドイツ人女性のカーラは、仕事熱心で責任感が強い若手教師。新たに赴任した中学校では1年生のクラスを受け持ち、同僚や生徒の信頼を獲得しつつありました。

そんなある日、校内で相次ぐ盗難事件の犯人として、カーラの教え子が疑われることに。問題があれば徹底的に調査する“不寛容方式”を掲げる校長らの強引なやり方に反発したカーラは、独自の犯人捜しを始めます。すると、カーラが職員室に仕掛けた隠し撮りの動画には、ある人物が盗みを働く瞬間が記録されていたのです。

やがて、盗難事件をめぐるカーラや学校側の対応は噂となって広まり、保護者の猛烈な批判、生徒たちの反乱を招き、同僚教師とも対立。カーラは、後戻りできない孤立無援の窮地に陥っていくのです……。

『ありふれた教室』  (C)ifProductions_JudithKaufmann

監督は、この作品が長編4作目にして日本劇場初公開となるイルケル・チャタク。誰にとっても馴染み深い学校という場所を“現代社会の縮図”に見立て、正義や真実の曖昧さをサスペンスフルに描ききりました。

教員のなり手不足や過酷な長時間労働、モンスター・ペアレンツなどの問題がしばしば報じられる日本社会とも無縁ではありません。

『ありふれた教室』  (C)ifProductions_JudithKaufmann

英語のタイトルは、『The Teachers’ Lounge』=職員室ですが、『ありふれた教室』という日本語のタイトルが、本当に“言い得て妙”なんです。この作品が、世界中の学校だけでなく、あらゆるコミュニティーで、いつ起きても不思議ではない“今そこにある脅威”をあぶり出しているからなのです。

まさしく“学校は社会の縮図”。どこででも起きそうな“ありふれた”こと、この作品に登場する人たちは、私たちの周りにもいる“ありふれた”人たちなのです。だから怖い!ちょっとした選択ミスで物事がどんどん悪い方向に転がっていってしまう……誰にでも起きそうな問題をどのように解決していくのか? 解決する方法はあるのか? その前にそもそも人は問題の根源にちゃんと向き合っているのか?……まで考えさせられます。

教師、生徒、保護者の間でふくれ上がった猜疑心が暴発し、 正義や真実をのみ込んでいく衝撃的なストーリー展開! 圧巻のエンディングにも打ち震える破格の映画体験を是非、劇場の大スクリーンで。

『ありふれた教室』  (C)ifProductions_JudithKaufmann

『ありふれた教室』
5月17日(金)新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国公開監督・脚本:イルケル・チャタク
出演:レオニー・ベネシュ(『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』『白いリボン』)、レオナルト・シュテットニッシュ、エーファ・レーバウ、ミヒャエル・クラマー、ラファエル・シュタホヴィアク
2022年/ドイツ/ドイツ語/99分/スタンダード/5.1ch/原題: Das Lehrerzimmer /英題: The Teachers’ Lounge /日本語字幕:吉川美奈子/提供:キングレコード、ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム/G

(C)ifProductions_JudithKaufmann

Facebook

ページトップへ