日本の脱炭素のカギは「水素」スタンフォード研究員になった元記者が提言

SDGsで世界に遅れを取っているといわれる日本だが、リードしている分野もある。それは脱炭素のカギとなる「水素」だ。昨夏、勤務していた地方放送局を退職して渡米し、スタンフォード大学でSDGsについて研究している、尾川真一・客員研究員が、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演し、日本は水素を輸出産業として育てるべきだと提言した。

日本が世界をリードする脱炭素のカギ「水素」

スタンフォード大学で私は「水素経済」という授業を受けました。この授業では、日本がモデルケースとして取り上げられる場面が何度もあって、日本人としてすごく誇らしい思いをしました。

そもそもなぜ水素が注目されているのでしょう? 今「CO2(二酸化炭素)の排出を抑えましょう」という話をよく耳にしていると思います。水素を活用することで最大4分の1程度、CO2の排出を抑えることができるとされています。全体の25%ですからこれは大きな数字ですよね。

トヨタが2010年代の前半にMIRAIという、水素で走る燃料電池自動車を出しました。その頃から日本は国を挙げて水素の活用を推進してきましたが、それから10年ほど経った今、世界をリードする位置になっていると感じています。

大型車はEVよりも水素

水素で走る自動車に関して、アメリカはEV(電気自動車)を推しているので、残念ながら否定的な考えです。一方でEVが不得意とする大型車については、水素に担わせようという構想もあります。

大型トラックやフォークリフトは、重たい物をたくさん運ぶために大量の電気が必要なので、大型のバッテリーを積む必要があります。すると、車自体の重さが増えるので、運べる荷物の重さは減らさなければなりません。ここにジレンマがあるわけです。

その点、水素はそこまで大型のバッテリーは要らないので、車体はガソリン車と同じ程度の重さで済みます。加えて充電時間の問題があります。EVは充電するのにすごく時間がかかりますが、水素はガソリンの給油と同じようにできるので時間もかかりません。このあたりが、大型車は水素の方が向いていると言われる所以です。

水素そのものを燃やす「水素エンジン」の可能性

あとは水素そのものを燃やす水素エンジンという使い方もできるんです。MIRAIは水素を電気に換えて走りますが、そうするのではなく、水素そのものを燃やしてしまう。この方法だとすごいエネルギーが得られるので、例えば、垂直に離着陸できるような飛行機も実現するかもしれません。

まだ研究段階ですが、水素を直接燃やして使う方法と、電気にして使うという、ハイブリッドのパターンも案として浮上しています。すなわち、垂直に上昇するときは水素をそのまま燃やして水素エンジンで、一方で水平に飛ぶときはそこまで力が要らないので、水素を電気に換えて、というような考えです。

水素は電気の貯金箱

私は、水素の一番の活用法を、再生可能エネルギーで作った電気を貯蔵しておくための電池の役割を果たすことだと考えています。太陽光では昼間しか発電できません。でも、人は夜になって照明をつけたりお風呂に入ったりして電気をたくさん使うので、需要と供給が逆転してしまっているんです。

この昼間余った電気をどうするか、ということが問題になっています。九州でも出力規制、つまり夏の晴れた日に太陽光の発電を一時止めるということが行われています。もったいないって思いませんか?

このもったいない、使われていない昼間の再生可能エネルギーで(水を電気分解し)水素を作っておく、というのが一つの案です。そして電力需要が高まってきた夜間に、水素を使って電気を作ることで、再生エネルギー由来の電気を、夜も供給する。すると効率よく循環できるわけです。

電気の一番の問題は「溜められない」ということ。大型のバッテリーを並べて電気を溜めておくのか、それとも水素のような違う物質に変えて、電気を保管しておくのか。いろんな案が今試されていますが、そのうち水素は8割という高いエネルギー効率で貯蓄できるので、実用化が有力視されています。

日本の水素技術を輸出すべし!

日本はこの水素分野で、いろいろと進んでいます。例えば日本は水素をオーストラリアから輸入していますが、水素は爆発する危険性が高く、運搬は難しいんです。それを、日本の川崎重工が造った運搬船で成功させていて、世界的な注目を集めています。アメリカで何度もニュースで見ました。

また北九州市では、製鉄所から排出されている水素を、パイプを通して街まで運び、街の水素ステーションから自動車に供給するという実証実験を行なっています。こうした例はまだ世界にはそれほどありません。しかもこの実証実験は、2018(平成30)年というかなり早いタイミングでした。

こうした今ある技術を輸出して、新たに日本の輸出産業に育てたいですね。アメリカや中国のように広い国土を持つ国は、太陽光や風力を中心にすればいいでしょうけど、ヨーロッパ諸国のように日本と似た地理的状況にある国を対象にして、効率的に再生エネルギーを溜めたり使えたりする水素技術、水素産業の輸出はこれから求められていくと思います。

スタンフォード大学客員研究員・尾川真一さん
田畑竜介 Grooooow Up
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:田畑竜介、田中みずき、尾川真一
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ