兄弟子・立川志の輔も太鼓判「立川生志のニュース落語2」発売

「立川生志のニュース落語2」表紙 ©梓書院

毎週、時事ネタを基に新作落語を創り続ける、RKBラジオ『立川生志 金サイト』人気コーナーの書籍化第2弾「立川生志のニュース落語2」(梓書院)が6月30日に発売される。

兄弟子・志の輔とのスペシャル対談も収録

新型コロナウイルス感染が拡大し、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言がたびたび発出されていたさなかの2021年4月~12月に生まれた時事落語をまとめた前作『立川生志のニュース落語』発売から約1年。

2022年もコロナ禍が続く中、バズった・炎上したネット記事、国葬・不祥事・失言…国の政治の話から地方議員さんの話まで。ネタのバラエティも笑いも(そして時々皮肉も)たっぷりに、落語で振り返って笑いに塗り替える!

本書では立川志の輔と立川生志のスペシャル兄弟対談も収録。創作落語の名手である兄弟子・志の輔も「ニュースから小噺に至るまで、これだけの幅でやっていけるのって落語家の中でも生志君にしかできないんじゃないか」と太鼓判。

噺ごとについているQRコードをスマホやタブレットのカメラで読み取れば、生志師匠が演じているラジオ番組の音声を聴くこともできる。

兄弟子・立川志の輔師匠の推薦文 ©梓書院

演題の一部

テレビ各局でADの呼称廃止
ナンバーワン商法に業界団体が抗議状
制服が届かない! 入学式直前SNSに悲鳴続出
キラキラネームどこまで認める?
音楽聞くのはサビだけ?
スシロー生ビール半額企画 品切れに客落胆
岸田総理、英女王国葬招待枠無いのに先走り
岸田総理 長男の秘書官登用が波紋
葉梨大臣 死刑のはんこ 発言撤回
中条きよし議員が国会で新曲PRし炎上

【著者】立川生志プロフィール

1963年福岡県生まれ。福岡大学卒業後、大手企業に入社し一旦は営業マンとなるが子どもの頃からの夢を叶えるため2年で退社。
1988年立川談志に入門、立川笑志となる。
談志も認める陽気な高座は前座時代から「賞ハンター」の異名を持ち、若手落語家の登竜門と言われる「NHK 新人演芸大賞」「にっかん飛切落語会」の各賞を何度も受賞。
1997年二ツ目昇進。
2008年4月、入門20年目にして落語立川流真打に昇進。立川生志と名を改めた。

真打昇進後に始めた独演会『ひとりブタ』(東京、横浜、名古屋、大阪、広島、北九州、福岡)は各地で好評を博しているが、近年では趣味の海外旅行を兼ねて欧州や米国での公演も意欲的に行っている。
2008年「彩の国落語大賞」、2009年「横浜文化賞 文化・芸術奨励賞」、2017年「福岡市文化賞」を受賞。2010 年に博多座では初となる落語公演を師匠談志との「親子会」で実現させ、2012年からは兄弟子志の輔との「兄弟会」を毎年開催している。

RKBラジオ『立川生志 金サイト』

2021年春『立川生志金曜日のインサイト』としてスタート(2021 年秋から改称)。ラジオならでは、落語家ならではのニュースショー。ユーモアやウィットを交え、ときに鋭い社会風刺をきかせながら、1 週間の出来事を振り返る。番組後半では落語家の番組らしく、ミニ落語や大喜利も披露している。

 

「立川生志のニュース落語2」
【出版社】梓書院
【発売日】2023年6月30日
【定 価】1,100円(本体価格1,000円+税)

立川生志 金サイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週金曜 6時30分~10時00分
出演者:立川生志、田中みずき
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

「ほぼトラ」はそもそもあり得ない? アメリカ大統領選挙の現状に迫る

4月17日「長野智子アップデート」(文化放送)、午後4時台「ニュースアップデート」に、上智大学総合グローバル学部教授の前嶋和弘さんが登場。アメリカ現代政治が専門の前嶋さんに、今年11月に迫っているアメリカ大統領選挙について話を伺った。

前嶋和弘「アメリカって投票率がOECD加盟国、先進国の中でいちばん伸びているんですね。1996年の選挙で50%いくかどうかだったのが、2020年の選挙では65%までいきました。理由は何かというと期日前投票、これもしっかりやって、みんなを行きやすくさせた。いろんな努力をしています。あと近年、大混戦です。僅差の中で『自分の1票は大切だ』と思うところも増えた、ということもありますね」

鈴木敏夫(文化放送解説委員)「二極分化している中で、なんとしてでもバイデンに当選させてなるものか、なんとしてでもトランプはイヤだ、という人が『行かなきゃ!』となるんですか?」

前嶋「そうですね。あと選挙戦術もそうなんですよ。長野さんは何度もアメリカ大統領選挙を取材なさっていますけど、90年代ぐらいは真ん中に人がいた。いまは右と左に分かれて、バイデン応援団とトランプ応援団。よくバイデンさんの支持率が悪い、悪いと言います。バイデンさんの支持率、全体の40%ぐらいですけど、民主党支持者の支持率は85%ぐらいなんです。共和党支持者の支持率は5%ぐらい。やっぱり分かれていて、バイデン再選、絶対だ、と思っているほうと、いやいやトランプだ、と思うほうがかなり分かれてしまっている。それだけの熱意がある中で、引っ張られて選挙に行く、という人も多いわけですが、行かない人もいる。そこが問題ではあります」

長野智子「本当に二極化していて日本では『ほぼトラ』(ほぼトランプで決定)みたいな言葉をメディアでも、永田町でもよく聞くんですけど、どうですか?」

前嶋「そもそもアメリカっていま、2つの大きなことが起こっています。史上最悪の分断、もうひとつは史上最も厳しい僅差。この2つが一緒にあって、最も厳しい僅差なので、『ほぼトラ』ってそもそもあり得ない」

長野「はい」

前嶋「それと今年の選挙って予備選は基本的に共和党の戦いで、民主党側は、やっていたけど注目が集まらないので、トランプさんが勝っているシーンばかり見られている。また勝ったぞ、やっぱりトランプだ、みたいな話になるけど、それはおかしい。最近あまりニュースが日本で流れなくなって『いま、何?』みたいな状態ですけど、バイデン、トランプ、どっちが勝っているかというと、この2週間ぐらいでワッとバイデンが上がっていて、ほぼ並んでいる。このままずっといくんだと思います」

長野「へえ~!」

前嶋「なぜかというと、メディアにトランプが裁判の話で出てくる。選挙の話ではあまり出なくなったので、並んでくるんですね」

長野「露出が影響あるんですね」

前嶋「そして近年の選挙って最後の最後まで決まらない。2000年選挙から、どちらが勝ってもおかしくない、というのが続きました。今年もそうだと思います。秋ぐらいまで決まりません」

Facebook

ページトップへ