財津和夫、エッセイを綴るという事と作詞をするという事は似て非なるものだと説く

TULIP・財津和夫が、時には読書の秋を迎えての思いを話す『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、書き手の立場から、詞とエッセイの手法の違いなどを中心にお伝えします。

財津の「猫と犬の秋」宣言

読書の秋となりました。リスナーからの『じじいは蜜の味』読後の感想メッセージに関して、今回もインタビュー番組のノリで下田アナが財津へ質問を始めます。
下田:「『比喩表現とかシーンの描写がくっきり思い浮かぶ』(というお便りですが、)エッセイを綴るという事と作詞をするという事は、言葉を使う上で何か共通点があるものなのか、それとも全く違うものですか」
財津:「似て非なるものですね。歌ってメロディが付くからダラダラ書けない。でも文章って、説明するからまた面白さが出てくる場合もある。歌は、説明的であればそこでもうダメです。だから似ているようでやっぱり違うな、と思いますね」
続いては、書く時の順番や手段についての質問に。
下田:「文章を書く時は、ずっと頭の中で考えてから机に向かうのか、それとも考えながら書いていきますか」
財津:「普段は何も考えていない、いや考えられない方かな。ボーっと生きているんで。でも締切というものがある。自分でもなんでこの仕事引き受けてやってるんだろうな、と思う事がよくあるんです。『ああ、また締切がきた。考えなきゃ』と頭を絞るように机に向かって考えていますけども、出てこない。で、諦めたように散歩していると『あ、これがいいかな』とか浮かんできたりします」
ちなみに、作詞も文章も全て手書き。パソコンは持っていないそうです。
下田:「比喩って『これ使おうかなぁ』と思って書くんですか。それとも感性で生まれるんですか」
財津:「比喩はダジャレですよ、簡単に言うと。だから比喩表現するとき、何に例えたら一番良いのかって、それを考えている時が、楽しいですよね」
言葉って宝だし、力になるし、一方で人を傷つけたりすることもあるし、傷つけてもなお言わなきゃならないこともあるし、と下田アナが経験を踏まえての発言をすると、財津が今日一番の(?) 本音で答える。
「言葉って、今(下田アナが)言ったようにちょっと面倒なことがあるじゃないですか。だから、犬とか猫とかに向かって『仲いいもんね僕たち』って一方的に言いながら、(その後は)言葉なしで交流している瞬間が、本を読んでいる時より好きだなぁ」
下田:「じゃあ、読書の秋ではないのかしら」
財津:「あら、困ったな。猫と犬の秋にしちゃおうかな」
という事で、予告していた「最近読んだ本」については言及できませんでした。ゴメンナサイ。

今日の一曲は、介護施設で働いているというリスナーから、入所されている方々に覚えていただいた曲というメッセージ付きのリクエストで、財津和夫「切手のないおくりもの」。この番組でも何度かお答えしているように、リクエストが多い曲のひとつです。1977年(昭和52年)の発表、翌1978年はNHKみんなのうたでの放送で大きな反響を呼び、財津自身も何度かリメイクし、また多くの歌手によるカバーバージョンが競作されています。

長野の泣き虫カズちゃん

TULIPアンコール公演がスタートしています。来週10月29日は長野での開催。長野での公演、何か思い出はありますか、と下田アナから質問された財津、なぜか苦笑しながら
「その質問、ある意図がありますね・・・泣いちゃったんですよ、ここで。『泣き虫カズオ』なんでね」
どうして泣いちゃったのかなぁ、と下田アナが子どもに尋ねるような声をかけると
「客席を見たら、歌いながら泣いている人がいたんです。なんとなく泣いている、涙を浮かべているというのではなく、ハンカチ出して肩を揺らしながら泣いている人を見たら、つられちゃいましたね。これが老人の連鎖反応ですよね」
恥ずかしがっている財津に、心の交感ですよ、と下田アナが締める。もう長野は福岡よりも涼しいでしょう、どうぞ体調にお気をつけてお過ごし下さい、とも。

次回10月29日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)から。
「希望」についてお話しをします。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

フランス料理は自由! 鈴木おさむが「なんだその大喜利!?」と驚いた斬新なフレンチ

「おとなりさん」(文化放送)のゲストコーナー「10時のおとなりさん」の2月28日のゲストに、「白金オルタナティヴ」のオーナーシェフ・斉藤貴之さんが登場! フランス料理人が考案した自由すぎる新メニューとは?

斉藤貴之さんがオーナーシェフを務める「白金オルタナティヴ」は、町工場跡地をリノベーションしたオシャレな店内でフレンチをベースにした世界の料理が楽しめる。

鈴木おさむ「『白金オルタナティヴ』のコンセプトは“大人のファミレス”ですが、ベースはフレンチなんですよね? フレンチをベースにするとどんな料理になるんですか?」

斉藤「フランス料理の技術を使って中華・エスニック・和食を入れた料理を作っています。逆に普通のフレンチと違い、バターや生クリームをそんなに使わないので、食後感もすごく軽いです」

鈴木「今日はお聞きしたいことがあって。僕はそんなにグルメじゃないんですけど、食べることは好きです。イタリアンや中華は、イメージで料理がパッと浮かぶんですけど、フレンチって未だに実態が分からないというか、イメージが浮かびにくいんです。フレンチってどう思ってたら良いんですか?」

斉藤「そもそもフランス料理自体は幅広いんです。カジュアルなビストロから高級店のレストランまであるので、初めは町のビストロに行ってステーキとフライドポテトとワイン一杯で楽しんでいただけたら」

鈴木「えー。でも中華やイタリアンに比べて、フレンチは敷居が高いと言われませんか?」

斉藤「それはイメージです。30年くらい前にフランスから帰ってきたシェフたちが、三ツ星レストランみたいな高級店をやろうとしたんです。そのイメージが未だに残ってますが、フランスではフレンチは日常食なので。もっとカジュアルに楽しんでいただけたらと思います」

鈴木「何をしたら“うちはフレンチだ!”って言えるんだろう?」

斉藤「フレンチの伝統的な料理はあるんですけど、フランス料理の定義は本当に自由なんですよね。それをベースに料理人が自由に作ってます」

鈴木「創作料理はどういうときに思いつくんですか?」

斉藤「やっぱり食材を見て思いついたり、お酒を飲んで酩酊状態のときにパッと思い浮かんだりします。瞬間的に思い浮かぶので、私はそんなに考えないですね」

鈴木「料理って著作権が無いじゃないですか? 料理界では、他の人が作るのはタブーなんですか? それとも良いんですか?」

斉藤「本当は嫌です。うちもけっこうパクられます」

坂口愛美アナ「それは同業者が食べに来て?」

斉藤「食べに来たり、今はSNSで見たりして真似されますけど、されたら名誉なことなのかな? と思ってますね」

鈴木「誰かが作ったから流行るわけですからね」

そんな斉藤さん、最近も新作で変わった料理を考案したそう。

斉藤「ジビエでライチョウって鳥があるんです。スコットランドの鳥で苦みがあるんですけど、それをアイスクリームにしてエスプレッソをかけて。イタリアンのアフォガートにしたんですよ」

鈴木「え!? 鳥を? それはスイーツですか? 鳥料理ですか?」

斉藤「鳥料理です」

鈴木「へー、それは鳥を先に食べてアイスクリームを後から食べるんですか?」

斉藤「いや、これはアイスクリームが鳥なので……」

鈴木「あ、アイスクリームが鳥なんだ!! なんでそんなの思いつくんですか?」

斉藤「イタリアンでアフォガードを食べたときに“これはライチョウでいける!”って」

鈴木「なんだその大喜利!?(笑)」

斉藤「これはおもろい料理になりそうだ!と思って、すぐに仕込んだらいけましたね」

鈴木「お客さんのリアクションは?」

斉藤「“これはすごいなー!”と言ってもらうことが多くて。ただ、『ジビエコース』で、ジビエを食べにくるお客様向けに出しました」

鈴木「そっか。ジビエが好きな時点で、攻めてるお客さんだったんだ!」

斉藤「“その方々なら大丈夫なはず!”と思って。一般の方には出さないです」

鈴木「へー! 面白いなー!」

Facebook

ページトップへ