財津和夫、ビートルズのカバーアルバムを作った理由は「親離れする」ため

TULIP・財津和夫が、時には(いや、しばしば)ビートルズの魅力について話す『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、TULIPがビートルズの曲をカバーしたアルバム(「すべて君たちのせいさ」)について制作企画の理由などを語ります。

ビートルズの曲って、初期の頃は間違ってる部分もいっぱいある

番組冒頭ではTULIPのイントロクイズに挑戦してみたがあまり当てられなかった、というリスナーのお便りを紹介した後、下田アナがチョイスしたTULIPのイントロクイズをリスナーの皆さんと財津自身にもいきなり挑戦してもらう事に。財津は無事クリアでしたが、番組をお聞きの皆さんの結果はいかがだったでしょうか・・・
さて、今回は財津和夫が敬愛するビートルズの今年のニュースから。ポール・マッカートニーが、ジョン・レノンが生前に残した音源をもとに「ビートルズ最後のレコード」を完成させたと発表したのが5か月前。過去の録音テープからAI技術を用いて雑音などを取り除いたジョン・レノンの歌声を切り出し、楽器の音と合わせるミックス作業をしたもので、「今年中に発表する」と発表があった後、具体的な曲名や発売日などの続報はまだありません。(※追記:番組収録時点では未発表でしたが、番組放送直前の11月2日23時〔日本時間〕に「ナウ・アンド・ゼン」が世界同時配信リリースされました。) 
「あと2か月ですけど、ニュースが飛び込んできますかね」と下田アナ。「ビートルズマニアは楽しみですよね」と、大のマニアである財津が答えたところで、TULIPがビートルズナンバーをカバーした異色のアルバム「すべて君たちのせいさ All Because Of You Guys」(1976年発売)の話へ転じる。

まず、レコードジャケットが変わっている。ベース色はピンク、そこに漫画雑誌の表紙のようなメンバーの似顔絵(似てないのもあるが)に加え、ビートルズの4人の似顔絵も描かれている。
財津:「著作権があるので、許可を取った上で、有名な漫画家さんの作ったキャラクターをメンバーに当てはめて、まあ冗談半分に作ったジャケットなんです」
下田:「貴重なアルバムなんですけど、TULIPは日本のビートルズと呼ばれていたんでしょう」
財津:「呼ばれてません。もしそんな事言われたら穴が無くても掘って入ります」
どういう経緯でこのアルバムを作ることになったのかを問われると
財津:「ビートルズが大好きで、ビートルズをやっている方が、自分たちのオリジナルをやっているよりも楽しい。なので、頭の中に一杯のビートルズを一回ここで整理しよう、思いっきりコピーして親離れしよう、と完全コピーしながら、ちょっとアレンジしたりして」
ここで、財津のビートルズ分析に火が付く。ちょっと話が長くなっていいですか、と前置きした後
財津:「ビートルズの曲って、初期の頃はいい加減にレコーディングしているのが多いので、間違ってる部分もいっぱいあるんです。分析すればするほど『ここおかしいじゃん』というのがいっぱいあるんですけど、そこがまた良かったりもする。ですから、間違った部分をそのままコピーしたり、ここはあえて直しましょう、と(アルバム作りを)やりました」
下田:「アルバムを15曲に絞るの自体難しくなかったですか」(※注:内、2曲はTULIPオリジナルで残り13曲がビートルズのカバー)
財津:「全部好きだから、迷ったんですけど、まあ難しくない曲・・・ビートルズの曲って、コピーっぼくやるとだいたい失敗しちゃうんですけど、コピーしやすくあまり文句言われない簡単な曲を選びました」 
そして、今日の一曲は、TULIPがカバーしたビートルナンバーのひとつ「ザ・ナイト・ビフォー」。番組でもお伝えしたように、ビートルズ主演の映画「ヘルプ!4人はアイドル」に使用された曲です。なお、ビートルズ自身が歌うオリジナルが日本でシングル盤としてリリースされたのは1965年11月5日、そう今回の放送日から遡る事58年前の今日でした。
お聞きいただくのは、「すべて君たちのせいさ」に収録されているTULIPのカバー演奏の方。「みんな、ビートルズ(のオリジナル)が聞けると思って、そこでがっくりしちゃったよね、ごめんなさい」と曲をかける直前、財津からお詫びの一言付きでした。

次回11月12日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの放送です。
夫婦円満の秘訣とは何か、について二人が一所懸命(?) に考えます。

グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週日曜 18時15分~18時30分
出演者:財津和夫、下田文代
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

スピーディ福田淳 手がけてきた企業すべて“黒字化”!?「その理由はすごく簡単なことで…」

脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMのラジオ番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。 6月8日(土)、6月15日(土)の放送ゲストは、コンサルティング会社「スピーディ」代表取締役・福田淳さんです。8日(土)の放送では、これまでの仕事などについてお話を伺いました。


(左から)茂木健一郎、福田淳さん



1965年生まれ、大阪府出身の福田さん。株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント バイスプレジデントを経て、2007年に株式会社ソニー・デジタルエンタテインメントを起業。主にIT分野のコンテンツのブランディングや知的財産管理の事業をおこないました。その後、2018年に株式会社スピーディを起業し、タレントエージェント事業、アメリカ・ロサンゼルスでのアートギャラリー経営をはじめ、多岐にわたり活躍中。2024年3月には著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」を出版して話題となっています。


福田淳さん



◆「暇」が増えるほど高まるエンタメのニーズ

茂木:福田さんは一貫して「エンタメは人間の生活にとって大事」っていう(姿勢でいらっしゃいますよね)。そこは変わらないですよね。

福田:変わらないです。人を楽しませるのが好きで、それをずっとやっているうちに分野関係なくずっとエンタメ38年目ということですね。

茂木:今回出版された著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」には、すごいことが書いてあります。「人類の歴史っていうのは、暇を作ることだった」と。人間って、暇なときにエンタメを求めるじゃないですか。

福田:やはりいろいろオートメーションが進んで、車の開発でもコンピューターの開発でも、人間の作業の時短ですよね。それで余った暇な時間をどうやって潰すのかというところにクリエイティブがいて、そこにエンターテインメントの参入余地があるので。人類は進化すればするほど暇な時間が増えるので、エンタメのニーズが高まると見ています。

茂木:いま、福田さんに注目されている人はすごく多いと思うのですが、もともとは多岐にわたる企業の経営をして、そして、そのいろいろ立ち上げてきた企業すべて黒字化!

福田:一応、いままでのプロジェクトを並べて見てみたんですけど、僕がサラリーマンのときに途中で任務を外されて、その後黒字になったのもありますが、全部黒字になっているんですよ。

茂木:すごくないですか!!?

福田:これはなぜかというとすごく簡単で、絶対に辞めないんですよ。途中、むちゃくちゃ赤字でも、死んでも辞めない。そうすると、事業ってどこかで黒字になりますよね。だって、コストを下げて売り上げを上げればいいだけですから。

茂木:ということは、難しいお仕事を任せられても成功するまで辞めないということですよね。

福田:辞めない。難しいかどうかもだいたい全部わかっていなくて、そこから取り組んで「どうしようかな」という感覚でやっています。


福田淳さん



6月15日(土)の放送も、引き続きスピーディ代表取締役・福田淳さんをゲストに迎えてお話を伺います。

----------------------------------------------------
6月8日(土)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月17日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎

Facebook

ページトップへ