初々しさが尊すぎる。“26時のマスカレイド”新メンバー中村果蓮がメディア初出演!

26時のマスカレイド ©ラジオiNEWS

ラジオNIKKEI第1で毎週木曜夕方6時から放送中の『ラジオiNEWS』。旬のアイドルに日本経済新聞の編集委員がニュースをやさしく解説するニュースバラエティです。
6月は26時のマスカレイドをマンスリーパーソナリティに迎え『ニジマスのラジオiNEWS』をお届けしてきました。

最終週となる6月25日の放送では、吉井美優さん、森みはるさんがパーソナリティを担当。
そして!6月21日に開催された新メンバー発表ライブで見事ニジマスの一員となった中村果蓮さんがメディアに初出演!!
約2,000名の応募者の中から選ばれた滋賀県出身18歳のシンデレラガールに、名物コーナー「iNEWSいきなり記者会見」で今の心境を伺いました。

コントのように繰り広げられる記者会見

“記者会見”を意識し過ぎて、どこかたどたどしい吉井さんと森さん。
コメントの内容は真剣なのに話し方が面白すぎて、コントのように記者会見は進んでいきます。

会見の冒頭では先輩メンバーの吉井さん、森さんから、新体制についての意気込みが語られました。

吉井:この度、26時のマスカレイドは5人となりました。
   これから切磋琢磨して、上にあがっていければと思います。

森:26時のマスカレイドが5人のグループになりました。
  何でも質問してください!

記者A(鈴木編集委員):中村さんがニジマスの新メンバーオーディションに応募したきっかけと、自分の名前が呼ばれた瞬間の心境を教えてください。

中村:もともとアイドルになりたくてニジマスのオーディションを受けたのがきっかけです。
   呼ばれたときは混乱していて、自信が少しなかったのでとても嬉しかったです。

この後、鈴木編集委員が扮する名前のクセが強い記者たちが、「中村さんの目指すアイドル像」「呼ばれたいニックネーム」「吉井さん森さんから見た中村さんの印象」などを次々と質問していきました。

最後に、7月19日の新メンバーお披露目無観客ライブへの意気込みを語っていただき、(栗林アナウンサーの進行の甲斐あって何とか)記者会見は無事に終了しました。

中村さんのフレッシュさと吉井さん、森さんのお笑いセンスを是非ラジコのタイムフリーでお楽しみください!

中村さんの初めての曲紹介も!

今回のiNEWSの聴きどころは記者会見風コーナーだけではありません!
中村さんの初めての曲紹介や、鈴木編集委員による時事ニュースの解説、吉井さんと森さんのニュース原稿読みチャレンジなど盛りだくさん。
来月のマンスリーパーソナリティ=LOVEメンバーの野口衣織さん、佐竹のん乃さんからのメッセージもあります。
60分を通してどうぞお聴きください!

ラジオiNEWS
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週木曜 18時00分~19時00分
出演者:鈴木亮(日本経済新聞編集委員)、栗林さみ、吉井美優、森みはる、中村果蓮
番組ホームページ
公式Twitter
公式YouTube

※該当回の聴取期間は終了しました。

EV市場に変調……アクセルをふかしはじめた日本勢への影響は?

政策アナリストの石川和男が5月19日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。米EV(電気自動車)大手テスラが、減収減益や人員削減に追い込まれるなど変調をきたすEV市場について専門家と議論。今後の日本がとるべきEV政策やメーカーの戦略について提言した。

※画像はイメージです

米EV大手テスラは4月15日、世界で従業員の10%以上を削減すると発表。同社の今年1-3月期の決算は、前年同期に比べ4年ぶりの減収減益となったほか、EVの販売台数も9%減となった。一方、安値攻勢をかける中国メーカーBYDの今年1-3月期決算は、純利益が前年同期に比べ11%増、販売台数は13%増となったものの、伸び率は減少した。

この現状について、ゲスト出演した自動車業界に詳しい経済ジャーナリスト井上久男氏は「中国では今、景気低迷を背景にした価格競争からEVの値引き販売が起きている。今年3月に中国のスマホ大手シャオミが出したEVが、かなり評判がよく、まさに走るスマホ。テスラより安い価格で市場投入してきており、中国のEV大手BYDが“シャオミ潰し”に動くなど、中国勢同士で競争が起きていて第二のEV競争が始まっている。テスラはそれに巻き込まれている」と解説した。

日本勢について井上氏は「まだ商品をほとんど出せていない。値引き競争したくてもできない。それが不幸中の幸いで、値引き競争に巻き込まれずに済んでいる」と指摘。あわせて「EVが新しいもの好きな人たちの間である程度一巡して、いわゆるキャズムのような状態になっている。充電環境の悪さや、補助金がないと高くて買えないなどの理由から、再び世界でHV(ハイブリッド車)が売れ始めている」と明かした。

一時はEVに関して出遅れが指摘された日本メーカーだが、井上氏によると「テスラやBYDが引っ張ってきた、この4年くらいのスピードが早すぎた」とのこと。井上氏が取材した大手国内自動車メーカーの経営陣は「(EVが)想定内の普及スピードに戻ってきた」と話したという。

井上氏は「中国では“賢い車”、車のスマート化が加速している。日本メーカーは中国勢に比べると、まだスマート化に関するノウハウは少ない」とも述べ、トヨタと中国SNS大手テンセント、日産と中国ウェブ検索大手バイドゥが提携したように、車のスマート化技術の強化が重要だと指摘した。

そのうえで、今後日本メーカーが世界のEV市場で勝てる価格について聞かれた井上氏は「市場によって違うと思うが、アメリカであれば補助金なしで400万円くらい(1ドル150円程度を想定)のEVを出せば売れると思う」と述べる一方、「日本国内では150万円くらいだと思う。国内は軽自動車が中心のマーケットになっていて、可処分所得も伸びず、高齢者も増えるなかで国民の足となっている。地方に行けば一人一台。ガソリンスタンドも減少する中、軽自動車のEVでもう少し安いものが出れば爆発的に売れると思う」との見通しを示した。

最後に石川は「(今のEV価格競争を)日本が傍観者として見ているのは、実はいいこと。日本メーカーは、競争を見極めたうえで売っていくことができる。最終的に日本メーカーが大事にしなければならないのは価格戦略。いいものが売れるのではなく、売れるものがいいもの。メーカーが価格戦略を立てられるよう、国も支援策をふんだんに出して、国策として日本のEVメーカーを育てていくべきだ」と持論を述べた。

Facebook

ページトップへ