ラジオNIKKEI・檜川アナ、夏競馬の見どころ語る!20年ぶり北の大地へ『中央競馬』

今年の夏の中央競馬では開催日程にひとつの特徴がみられる。7月25日から8月9日の3週は札幌・新潟開催のみで、西日本での開催がないのだ。これは予定されていた東京オリンピック、パラリンピック開催による特別措置によるものだが、オリンピックは延期になってもレースは当初のスケジュールのままで行われる。マラソン競技の札幌への開催地変更で、一度は函館開催に変更されるなど紆余曲折はあったが、結局元の鞘に戻った形だ。1956年から中央競馬の実況中継を行うラジオNIKKEIでは、夏競馬も各競馬場から全レースの模様を全国の競馬ファンにお送りする。
そんな中、長年、関西を中心に西日本の競馬実況を担当してきたラジオNIKKEIの檜川彰人アナが、久々に「東日本遠征」する見通しとなった。関西支社に移って20年余り、すっかり「関西の顔」となっている檜川アナだが、札幌に行く喜びよりも夏の小倉の日数減に落ち込んでいるという。彼にとっては夏=小倉なのだから。そんなコロナ禍の中、ターフで展開される熱いドラマを伝え続けるベテランに話を聞いた。

札幌からの実況はいつ以来になりますか?

檜川:あまりにも昔過ぎて忘れてしまいました(笑)。

札幌競馬場の印象について教えてください。

檜川:数年前、記者クラブの視察でトレーニングセールを見学に行きましたが、新しくて綺麗な競馬場だったという印象があります。

今回、久々の札幌からの実況になりますが、何か特別な想いはありますか?

檜川:もちろん、久々の札幌という想いもありますが、私としては、小倉開催が減るということの方が悲しいですね。

コロナ禍による「無観客競馬」が続いていますが、実況アナとして、これまでと一番違う点はどこですか?

檜川:レース中、お客様の歓声で出来事に逆に気付かされることがあるのですが、無観客ではそれがありませんね。

今年の夏競馬の見どころ、注目している馬があれば教えてください。

毎年のことですが、2歳戦でスターの卵を探すことです。個人的には新馬ではないですが、ヴェンジェンスという馬に注目しています。

最後に、全国の競馬ファン、リスナーに向けてメッセージをお願いします!

檜川:コロナ禍で苦しい時期ではありますが、引き続き競馬をよろしくお願いいたします! ファンの方の中には現地観戦ができず、イライラされている方も多いかもしれませんが、そんな時は少し競馬から距離を置いて、世の中のいろいろな事象にも目を向けてもてください。改めて競馬の素晴らしさが見えてくると思います。

檜川 彰人(ひかわ あきひと)
ラジオNIKKEIアナウンサー。1990年入社。1999年に大阪支社に異動してからは、西日本開催の中央競馬の実況を担当。2000年のエリザベス女王杯で初のGI実況を果たす。競馬以外にアニメ通としても知られ、『アニソンポッド』(ラジオNIKKEI)等、多くのアニメ系番組にも出演している。このほか『うまきんⅢ』『日経電子版NEWS』等を担当。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1 他1局ネット
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
番組ホームページ
公式Twitter
公式Twitter

#keiba_radio
#競馬実況web

※該当回の聴取期間は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ