ダービー初実況を果たした小塚アナ、今度はDJに!

AMを聞いて育った競馬アナのFM風おしゃべり

DJ AYUMU(本名:小塚歩 ラジオNIKKEIアナウンサー)は、普段は競馬中継のレース実況を中心に、番組の進行役だったり、ニュース読みだったり…と音楽系番組やFM DJとは程遠い感じなのですが…先ごろ、日本競馬の頂点ともいえる日本ダービーの実況を初めて担当し、いろいろなメディアから取材を受けて知名度急上昇、いま、ノリにノッております!てなわけで、いまの無敵さなら、何でもできちゃうはず、と無茶ぶりプロデューサーからのリクエストで、一日限り、FM DJに扮してナビゲーターに挑戦します。でもね、DJ AYUMU、幼少期はAM放送が大好きな野球少年で、青森出身で、英語よりは津軽弁が得意、嘉門タツオさんの替え歌を真似して遊び、福沢朗さんに憧れて実況アナになることを夢見ていたらしい…FM風!??だいじょうぶか、DJ AYUMU!!しょっぱなから、かっこいい曲紹介の披露が求められる音楽系の番組が続きます。

『ラジオNIKKEIリスナー感謝祭DAY2 DJ AYUMUのイケイケプレイリスト!!」
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:2020年7月24日 金曜日 9時00分~9時25分
出演者:DJ AYUMU(ラジオNIKKEIアナウンサー 小塚歩)
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ