サッカー選手槙野とグラフィックデザイナー アトオシとデザインが仕事を語る! 「人に喜んでもらえることが大事」

(左から)古野美優、槙野智章、相談者の学生、アトオシとデザイン

ラジオNIKKEI第1で放送中の『槙野智章のユメシャベル』は、12月7日(火)放送回にグラフィックデザイナーのアトオシとデザインさんをお招きしました。

〝目的を形にする、ロゴデザインとブランディング” をコンセプトにしているアトオシとデザインさん、グッドデザイン賞の受賞、Adobeのデザイン講師などもされおり、デザイナーじゃない人にデザインを伝えるをモットーにYouTubeにも出演、と幅広く活躍されています。

なんと番組ロゴもアトオシとデザインさん作なんです!!

番組の初めはグラフィックデザイナーの仕事について詳しくお話してくださいました。
みゆみゆの「グラフィックデザイナーとイラストレーターの違いを教えてほしい」という話からグラフィックデザイナーは<クライアントの想いをくみ取って形にする、要望に応えて、目的に応える>ことが大事だと話します。

デザインは綺麗なものをつくることが目的じゃない。良いデザインを作ることが目的なのだ。
とアトオシさんはいつでも相手の視点を大事にしていることがうかがえます。

 

コミュニケーションはデザインにつながる

後半は相談者の学生が登場。学生はウェブデザイン・アプリデザインを学生時代に経験し、グラフィックデザインも興味がある大学4年生。決まった就職先はデザインとは関係ない会社だけれど、学生時代にデザインを通して人に喜んでもらえた経験から、デザインも続けたい。その上でどういうマインドを持って過ごせばいいかという悩みを打ち明けます。

アトオシさんはまず人に喜んでもらえてうれしいという気持ちが何より大事だと伝えます。

アートとデザインの違いの話しから、デザインは「相手が喜ぶことを考えて作る」のだと力説します。

たとえ、デザインとは関係のない会社でも日々のコミュニケーションの中で相手が喜ぶポイント・コツがわかる日々鍛錬できるもの、それは後々必ずデザインの仕事に活かされる、とアトオシさん。

 

どのようにしてデザインを作っていくか
デザインをするのにはスクールは必要か
など他にも質問に答えて下さっています。

番組全編を聴きたい方はタイムフリーからぜひどうぞ!

槙野智章のユメシャベル
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週月曜 24時00分~43時30分
出演者:アトオシとデザイン(グラフィックデザイナー)
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

今のアルピーなら、ゴチの新メンバーありえる。

TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』毎週火曜深夜0時から放送中!

1月24日(火)放送後記

「アルコ&ピース D.C.GARAGE」331回目の放送。
この番組、「マッチングアプリで会えるがコンセプトのアイドルグループ『マチュヒト』」がバズってます。

ゴチ・・・

今のアルピーなら、ゴチの新メンバーありえる。
数年前は冗談で言っていたことも、今では現実味を帯びてきました。
ただ、平子さんからしたら、今のゴチはぬるすぎる。
ゴチの歴史が平子以前・平子以降に別れるほど、ガチでやる予定。
ナイナイの2人が残り続ける保証もありません。
レタスとキャベツの違いは分かりませんが、値段が分かれば大丈夫。
平子さんは大体の値段なら分かります。桃太郎すしの値段を完璧に覚えているんですから。
因みに、他にも平子さんのグルメアピールあります。
それは、白米の研ぎ方に一家言あるということ。
数ある研ぎ方の中で、見つけた平子式。
それは、無洗米を2研ぎ。
これです。

県民性・・・

福島県での仕事が増えてきた平子さん。
高校生の時によく使っていた駅の近くのホテルに前乗りした夜、近くにカウンター席だけのお店があったので、静かに一人呑みをすることに。
夫婦で経営されているお店だったのですが、このご夫婦が住んでいる場所が平子さんの実家の近くで、平子さんの親とも面識がありました。
ご主人が日本酒をサービスしてくれたり、隣の席にいた作業着を着た男性の奥さんの高校がめちゃくちゃヤリ〇ン高校という話を盗み聞きしたりと静かに呑んで会計をすると、お会計として提示されたのは「1,000円」。ご夫婦から平子さんへ「頑張ってね」の意味が込められた素敵なお値段でした。平子さんの財布事情を舐めているとかではなくてよかった。
また絶対このお店にくることを約束し、お店を出ようとすると、帰るタイミングを見計らって、平子さんを知っているお客さんから声を掛けて貰いました。
品があるタイミング。これが福島の県民性。ただ唯一作業着の男性だけ平子さんに気付いた瞬間、大はしゃぎ。これが神奈川の県民性。その人が神奈川県民かは分かんないですが、、、。
で、気分良くホテルに戻る途中、コンビニによると、酔っ払いの兄ちゃん3人に絡まれました。
気分良く帰りたいので、この3人はガン無視。
彼らが出たタイミングでコンビニを出ると、さっきの酔っ払いの1人が立ちション開始。
すると、残りの酔っ払いが平子さんに駆け寄り、「すいません!あいつバカで酔っぱらってるんで、漫才にしてやってください」
と言われました。
これが、真の福島の県民性。いわきは最低。

カンガルーの金○栓抜き・・・

先週、酒井さんが平子さんに渡したオーストラリアのお土産「カンガルーの金○の栓抜き」
リスナーの有識者から、オーストラリアではドリームキャッチャー的なアイテムで、成功者のほとんどはこのカンガルーの金玉を持っているとの情報が。
そんな有難いお土産を平子さんは一旦家族に見せるため持ち帰ったのですが、平子さんの予想とは裏腹に、いちるくん、みつきちゃんに大好評。
ハッピーセットのCMぐらい大興奮、。
偶々いたみつきちゃんの友達も欲しがっていたので、高円寺の子どもたちの間でカンガルーの金○が流行るかもしれません

Facebook

ページトップへ