「OECDの経済予測、来年の世界の成長率を再び下方修正」など、一週間の注目ニュースを徹底解説

経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。

経済ジャーナリスト町田徹が選んだ今週のニュース10項目

〈第10位〉昨日、日本製鉄がインドでの合計1兆円以上の投資計画を発表。 
〈第9位〉昨日、三菱重工業が、電力会社4社と新型原子炉の共同開発に合意したと発表。
〈第8位〉日曜日投開票のイタリア上下院総選挙で、極右政党が第1党に躍進。10月半ばにも、右派政権が誕生する見通しに。
〈第7位〉月曜日、イギリスの通貨と国債が急落。 
〈第6位〉火曜日、安倍元首相の国葬が行われ、国内・国外から、およそ4200人が参列。
〈第5位〉ロシアからヨーロッパに天然ガスを送るパイプライン「ノルドストリーム」の4カ所で損傷を発見。 
〈第4位〉プーチン大統領の部分動員令にロシア国民が強く反発。 
〈第3位〉今日にも、ロシアがウクライナ東南部4州の占領地の併合を強行へ。 
〈第2位〉昨日、日中国交正常化から50周年の節目を迎える。
〈第1位〉月曜日公表のOECD(経済協力開発機構)の経済予測。来年の世界の成長率を再び下方修正。 

金曜日は「ふかぼり3兄弟」で、注目ニュースをさらにふかぼり!

9月30日(金)17時35分から放送の連動番組『町田徹の経済ニュースふかぼり!』では、「日本はどこで間違えたのか?日中国交正常化50年の軌跡を振り返る」と題してお送りしました。この時間は、昨日迎えた「日中国交正常化50周年」の歩みを振り返り、最初は友好ムードに溢れていた両国の関係が、なぜ、今ほど冷ややかなものになってしまったのか?時々の中国側の立場を見つめ直しつつ、日本側に外交政策上の甘さがなかったのか、検証してみました。

さらに、同日23時からの『町田徹の経済リポートふかぼり!』では経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。9月30日(金)のゲストは日本経済研究センター金融研究室長の左三川郁子さん。動揺する株式・為替市場の今後を左右する「内外の金融政策の行方」と題してお送りします。

10月からリニューアル!ふかぼり3番組が統合した新番組『町田徹のふかぼり』スタート!

10月7日から、夕方4時からの『町田徹の経済ニュースカウントダウン』と、5時35分からの『町田徹の経済ニュースふかぼり』、夜11時からの『経済リポートふかぼり』の3本の番組を統合し、夕方の4時から『町田徹のふかぼり』として装いも新たに放送することになりました。

毎週金曜日の4時からの30分間!ぜひお聞きください。

町田徹の経済ニュースカウントダウン
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週金曜 16時00分~16時20分
出演者:町田 徹(経済ジャーナリスト)、杉浦 舞(フリーアナウンサー)
番組ホームページ
公式Twitter

【ふかぼり3兄弟(シリーズ番組)】
『町田徹の経済ニュースふかぼり!』
放送日時:毎週金曜 17時35分~17時50分
『町田徹の経済リポートふかぼり!』
放送日時:毎週金曜 23時~23時20分

※該当回の聴取期間は終了しました。

こんなことでは企業不祥事の際、自民党の議員は「行政指導」などできない 衆院政倫審、28日の開催見送り

テレビ東京・解説委員の山川龍雄が2月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。開催が見送られた衆議院政治倫理審査会について解説した。

衆院予算委員会に臨む岸田文雄首相=2024年2月26日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影) ©産経新聞社

衆議院政治倫理審査会、28日の開催見送り

—–

岸田総理)それぞれの議員が置かれた立場を顧みて、丁寧に説明するよう党として促して参ります。いま審議されている予算は、震災対応、あるいは賃上げなど、国民生活にとって極めて重要な予算です。1日も早く衆議院を通過させ、年度内成立を確実なものにするため、与党としても全力で取り組んで参りたい。

—–

自民党派閥の政治資金パーティーをめぐる問題を受け、与野党は2月28・29日に衆議院政治倫理審査会(政倫審)を開く方向で調整していたが、公開の是非をめぐって折り合いがつかず、28日の審査会の開催は見送られた。

飯田)改めて明日(2月29日)以降の運びを協議するそうです。ゴタゴタしていますね。

山川)公開を嫌がる姿を見れば見るほど、後ろめたいことがあるのではないかと思ってしまうので、自民党としてはどんどん政治不信を招く方向に進んでいるように思います。

飯田)昨日(27日)の段階では公開のあり方をめぐり、記者だけは入れてもいいのではないかなど、いろいろな形が模索されたようですが。

山川)企業に例えれば、政治家にとって顧客は国民で、株主も国民なわけです。その国民から預かっている税金の使い方に対し、いま疑念が生じている。だから国民に対して公開し、説明しなければ申し立てにならないですよね。

こんなことでは企業が不祥事を起こした際、自民党の議員は行政指導などできない

飯田)政倫審には出るも出ないも任意であり、そこで喋ったことに関しても偽証罪等は問われないので、強制力の小ささが指摘されています。

山川)ある意味で予算を人質に取り、「この予算が通らないと大変ではないか」と時間稼ぎをしているようにも見えるので、自民党としても「そこが国民にどう映っているのか」を考えた方がいいと思います。それから、一連の裏金問題に関して、子どもにも見せられないような悪い例が次々に出ていますよね。何か問題を起こしたとき部下の責任にするとか、あるいは何か調査する上で第三者委員会を立ち上げるけれど、身内の人間で固めてお手盛りの調査をやるとか。

飯田)そうですね。

山川)今回も、透明性を考えたら国民に公開しなければいけないのに公開を拒む。こういうことを続けていると、自民党の議員自身がこれから主要な行政指導を行うような場合、人を派遣できなくなるのではないかと思います。例えば最近、自動車関連の不正問題があった。そうすると国交省が指導するわけです。いまは公明党のポストになっていますが、企業が不祥事を起こしたときには、閣僚が行政指導を行うわけです。そのときに、こんなお手盛りの第三者委員会を用意したり、情報も公開しないようでは、企業からすると「あなたがそれを言うのか?」となりますよね。

飯田)指導を受ける側としては。

山川)自分たちが悪い事例を示してしまうと、あとで自分の首を絞めるような形になるのではないかと思います。

再発防止策の前に全体の状況を明るみにして原因をはっきりさせるべき

飯田)例えば企業が不祥事を起こした場合、原因を追究して問題点を洗い出し、そのあと再発防止策を講じる形になります。まだそこまで話が進んでいないですものね。

山川)再発防止の前に、全体の状況を包み隠さず明るみに出し、「どこに原因があったのか」をはっきりさせないと再発防止策も立てられません。企業でもよくあるのですが、不祥事を起こしたときに「誰が悪いのか」ではなく、「会社の文化がそうさせた。だから再発防止策を取ります」など、再発防止策を記者会見ですぐに言いたがる企業がいます。それは、基本的にいまの問題に対してあまり追及されたくないパターンが多いのですよ。

飯田)なるほど。

山川)政治家、自民党のなかでも「再発防止はどうすればいいか」という話がよく出ますが、「現在のことはあまり根掘り葉掘り探られたくない」という裏返しなのですよね。

重鎮まで出したくないのでどこかに防波堤をつくりたい

飯田)裏金問題に関し、「どこまで根が深いか」はほじくり出されたくない。そうなれば「重鎮の人たちまで出てきてしまうから」ということでしょうか?

山川)よく言われている二階さんや森さんまで出したくないし、実際に出ないのでしょう。どこかで防波堤をつくりたい考えが見え隠れしますよね。

聞く力はあるが、聞く相手を間違えている岸田総理

飯田)野党議員も国会で指摘していますが、「総理はどうするのか」と聞くと、「これは国会の話ですから、国会にお任せを」となってしまう。「リーダーシップはどこへ行ったのだ」という話を聞きます。

山川)岸田総理も総理の立場と総裁の立場のなかで、「国会と自分は別」という切り分けが多くなっていますよね。でも本来、それは全部リーダーがやらなければいけませんし、そもそも自民党の総裁ですからね。岸田さんは自分の得意技が「聞く力である」と、総裁に就任されてからずっと言っていますが、聞く力でいちばん大事なのは、聞く相手を間違えないことです。

飯田)聞く相手を。

山川)そういう意味では、聞く力はあるのかも知れませんが、派閥の領袖や官僚など周辺にだけ話を聞いていると、逆に自分が手のひらで踊らされるかも知れない。菅さんなどは、ときどき違う人と朝食をとりながら聞いていましたが、最終的には国民ですから、国民目線でものを語る人に定期的に聞く機会やパイプを持つべきですね。聞く姿勢はあるのかも知れませんが、聞く相手を間違えているのではないでしょうか。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ