「シティポップ・マイスター」村田和人の名曲を厳選してお届け!『こだわりセットリスト・特別編』

"こだわり"の選曲をノンストップでお届けする『こだわりセットリスト・特別編』。3月21日(火)19:00~は『こだわりセットリスト・特別編~村田和人特集』を放送します!

村田和人は、知る人ぞ知る「シティポップ・マイスター」。1982年4月、シングル「電話しても」でデビューし、2015年頃まで活動しましたが、残念ながら2016年、がんで帰らぬ人となってしまいました。享年62歳。夏はモチーフにした曲が多く、その抜けるようなさわやかなサウンドとハイトーンボイスは、今なお、多くの音楽ファンに愛され続けています。

山下達郎、竹内まりやをはじめ、 ″ナイアガラファミリー″ との親交も深く、彼のアルバム制作には様々なビッグなアーティストが参加しています。83年に発表した彼の代表曲のひとつ「一本の音楽」は、カセットメーカー「日立マクセル」のCMソングでヒットしました。この曲は「一本の音楽」というキャッチコピーをCMに使うことが前提で彼にオファーがあり、それを受けて作詞作曲をした楽曲といわれています。今でこそ、CM使用が前提の曲作りは珍しくありませんが、当時はかなり珍しいパターンとして話題になったようです。

今回は、彼の魅力的な作品を厳選して、セットリストを組んでみました。ファンの方も、そうでない方も、時代を越えて心に響くナンバーを取り揃えましたので、どうぞご期待ください!

※セットリストの詳細は番組HPでご確認ください。

こだわりセットリスト・特別編
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:2023年3月21日 火曜日 19時00分~19時30分
番組ホームページ

この時間は、ラジオNIKKEI・編成部の日ごろから、音楽を聴くことが大好きな社員たちが、少しだけこだわって選曲したナンバーをアーティスト別にお送りいたします。どうぞご期待ください!
選曲担当・広島くん

※該当回の聴取期間は終了しました。

宮世琉弥、ブルーノ・マーズの楽曲が映画「とんかつDJアゲ太郎」主題歌に起用されて驚いた思い出「映画館でビックリした」

俳優、シンガーソングライターの宮世琉弥(みやせ・りゅうび)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 宮世LOCKS!」(毎週水曜23:08頃~)。6月19日(水)の放送では、生徒(リスナー)から寄せられた「梅雨を吹き飛ばす楽曲」を紹介する「りゅビビビMusic!」をお届けしました。この記事では、ブルーノ・マーズの楽曲について語ったパートを紹介します。


パーソナリティの宮世琉弥



<リスナーからの楽曲紹介&メッセージ>

◆ブルーノ・マーズ「Runaway Baby」


この曲はめちゃくちゃポップで、とにかく元気で明るくなれる曲です。私は学校に行くときとか、テンションを上げたいときによく聴いています。みんなに聴いてほしいです!

<宮世からのメッセージ>
この曲は僕も知っていました! 映画「とんかつDJアゲ太郎」の主題歌でしたよね? 映画館に観に行って、主題歌がこの曲でビックリした思い出があります。本当に梅雨が吹き飛びました!

番組では他にも、宮世がオススメの「梅雨を吹き飛ばす楽曲」を紹介する場面もありました。

----------------------------------------------------
6月19日(水)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月27日(木)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ