坂本冬美×杉作J太郎!決して交わることのなかった2人の大御所による生トークとは⁉

1月29日(金)サブカル界のトップランナー杉作J太郎がメインパーソナリティーを務める「電撃!杉作J太郎のドッキリないと5」に歌手・坂本冬美が電話生出演!

まず、杉作が「愛媛に来たことありますか?」と切り出すと、坂本はすかさず「何を言ってるんですか!愛媛は第2の故郷です」と切り返す。「これ、どの県でも言ってると思うでしょ?ちがうんです、どこでも言ってるわけじゃなくて本当に愛媛とは切っても切れない縁なの!」

その理由は松山市の離島・中島に人生で初めての歌碑が建ったからというもの。すると杉作もすかさず「坂本さんの地元和歌山の町長がやきもちを焼いて中島に歌碑の視察に来た」というエピソードを紹介し、2人の大御所のトークは熱を帯びてくる。

”毎日だれかが誕生日”というコンセプトのもと、杉作は毎日番組内で”きょう誕生日の人”をお祝いしている。
そこで突然「坂本さん、きょう誕生日の人のお祝いしてもらっていいですか?」と杉作がお願いすると、坂本は「1月29日誕生日の方、ハッピーバースデー!」と美声で応える。徐々に広がっていく”坂本×杉作ワールド”。

続いて、PVは160万回再生を超えた桑田佳祐氏作詞・作曲で坂本氏の話題曲「ブッダのように私は死んだ」のトークに。

杉作:土の中で死んでいるという設定は何かの比喩かと思っていましたが、聴けば聴くほど本当に死んでいると気づかされるんですよね。

坂本:レコーディングした当初は恨みの強い女性だと思っていましたが、実は恨み言はいっさい言っていないんです。女性の大きな愛を感じられます。でも、主人公はこの世にいないんですよ。

杉作:本当に新機軸の曲。何度聴いても聴き飽きないですよね。

坂本:レコーディングの時、イメージ通りの歌を歌えなかったらどうしようと恐る恐る歌った。感情を押さえながら言葉を置きに行ったんです。完成したCDで使われたのは感情的に歌ったテイクではなく、最初におさえておさえて言葉を置きにいったテイクでした。今も歌う時は感情が重くならないようにと心掛けています。

杉作が「ぜひCDで繰り返し聴いてほしいですよね」と呼びかけると、坂本は「こんな時代ですから私の口からは買ってと言いづらい…」

すると杉作は「あ、そうですか?じゃあ私の口から言います。『ぜひCDで聴いてください!』」

さらに杉作は「映像PVはYouTubeで見るといいんですかね?」と問うと、坂本氏は「実は映像付きのCDもあるんですが、私の口からは買ってと言いづらい…」と。

するとまた杉作は「あ、そうですか?じゃあ私の口から言います。『映像付きのCDを買ってください!』」

生出演の最後に、番組のテーマ「忍者」について坂本に突然問いかける場面などは”これぞ杉作ワールド”と唸るようなやりとりが展開される。「忍者って…ジャニーズの?」と面を食らいつつも真摯に答る坂本。杉作は「いや!ハットリくんとかそういった忍者!」と返すと、坂本は幼少期に一斗缶の蓋から手裏剣を作って野山で男子たちと投げ合っていた”強エピソード”を披露する。

決して交わることのなかっただろう2人の大御所による染み入るトークの数々。タイムフリー機能で聞き返せる内にあなたもぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

電撃!杉作J太郎のドッキリないと5
放送局:RNB南海放送
放送日時:毎週火曜~土曜 19時00分~21時00分
出演者:杉作J太郎、ひなた狼 ほか

※該当回の聴取期間は終了しました。

風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性に悩んでいます…相談者に江原啓之が愛の喝

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

5月12日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
今回ご相談させていただきたいことは、風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性です。
長女については、昨年に所得税の請求があり、問い詰めたところ風俗店で働いていたことが発覚しました。次女については、婦人科から2万円の投薬を受けた領収証があったことから、そのように感じています。私の直感ですが、ここ数ヵ月前から働いていたと確信しています。本人は否定していますが、嘘をついているのが分かります。

正直なところ、不自由なく暮らせているのに、風俗店で稼ぐ選択をした娘たちが理解できません。物欲、推し活のために自分の体を売り物にし、気持ち悪いと思います。受け入れ難いのですが、このことから学ばなければならないとも思っています。娘たちとどのような関係性でいるのが良いのか、どうか教えていただけないでしょうか。

<江原からの回答>
江原:私は風俗店で働くという職業を否定するつもりは全くありません。

昔、15年ほど個人カウンセリングをやっていたのですが、セックスワーカーの方たちもたくさん来て、いろいろな相談を受けました。ほとんどの方は生活のためにやっていましたよ。昔は、そうした選択をする方たちには、やっぱりいろいろなご事情がありました。「こういう仕事をしていると、世間ではいろいろとやかく言われるけれども、この私が家族・兄弟を養っていくのに、他に何ができるんですか?」とおっしゃるような方もいましたよ。

そういう事情のある方たちがいることは分かるのですが、相談者さんの娘さんたちは、そうではないですよね。過去のことは消せないでしょう。入れ墨と同じで、一度したものを消すというのは本当に大変で、年数がかかるものです。どこにどういう目があるか分からないですよね。必要に駆られて、自分の暮らしのためにやっているんだと胸を張って言えるのなら、風俗店で働いていたことについてとやかく言うような人々のことは、せせら笑って過ごせるでしょう。でも、ただ単にお金のためだけにやったのなら、後ろめたい気持ちが残ってしまう。

だから「どんな職業か」は問題なのではなく、「胸を張って生きられるようにしなさい」と言うのが、親の役目だと思うんです。本当に物欲や推し活のためだけにそういう働き方を選んでいたのだとしたら、子どもたちに対してそうハッキリ言うべきです。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「“愛”と“後先”を教えるのが親の役目です」


----------------------------------------------------
5月12日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 5月20日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ