宮西尚生が語る今季のファイターズに足りなかったコト

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が12月13日(日)13時から放送のSTVラジオ『ひちょりのWA!!』に出演する。

STVラジオ『ひちょりのWA!!』は、北海道日本ハムファイターズの選手で、現在は野球解説者としても活躍している森本稀哲がラジオならではの本音トークを繰り広げるこの番組。森本がかねてより熱く呼びかけていた宮西投手との共演がシーズンオフのタイミングで実現した。宮西は森本を「現役時代にお世話になった恩人のひとり」と話す通り、2人だからこそ聴ける貴重なエピソードが次々と登場する。

宮西の武器である、左打者に対する外スライダーの誕生秘話と投球時の意識を聴いた森本は「仙人と話しているみたい」と凄さを独特の言葉で表現。さらに2年連続Bクラスに沈んだファイターズについて、宮西はチームに足りなかったコトを語る。「これが無いと若手も育たないし、優勝することも難しい」と来季のVへ向けて熱く持論を語ると、それを聴いた森本は「チーム作りは監督やコーチだけがするものじゃない。どんどん声を上げるべき」と選手同士のコミュニケーションの大切さを強調した。

その他にも熱いトークを繰り広げた詳しい2人のやりとりは、12月13日(日)午後1時からのSTVラジオ『ひちょりのWA!!』で放送。
 

ひちょりのWA!!
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~13時30分
出演者:森本稀哲、吉川のりお
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ゴロワーズを吸ったことがあるかい/かまやつひろし」"正しいB面の使い方"のお手本の一曲

名B面の極致…かまやつひろし「我が良き友よ」 ©STVラジオ

ポプコン出身のシンガーソングライターで、"選曲家"の松崎真人がお送りするSTVラジオ『MUSIC☆J』(RCCラジオ同時ネット)。'70~'90年代の日本のポップスを中心に、厳選・フルコーラスでお届けしています。1枚のシングルレコード(CD)のA・B面(カップリング曲)を聴き比べる「ところでB面なんですが」は、リスナーからのリクエストを受けて、コーナーの真骨頂と言える曲を取り上げます。(文中敬称略)


松崎:「ところでB面なんですが」は、この歌のためにあるようなコーナーです。まさに、かまやつひろしがヒットする曲を歌うことを至上命題に吉田拓郎に曲を頼み、かまやつひろしが「もうヒット狙いだ」と割り切って「我が良き友よ」を歌って、その分、B面で好きなことやったと言う、"A・B面の正しい使い方その1"っていうやつです。では、大ヒット曲。きょうはアナログシングルで掛けられます。貴重ですね。この曲、番組ではよく掛けますが、本物のアナログシングルではなかなか掛けないんですよ。

M16「我が良き友よ/かまやつひろし」

松崎:放送の準備の時にジャケットを見たんですけど、懐かしかったです。僕も、このジャケットのレコード、買いました。全然、この「我が良き友よ」の内容とは不似合いな、すごくスタイリッシュなかまやつが帽子を斜に被って、サングラスを掛けて写ってるんです。なので、かまやつの心の中ではB面がA面だったんじゃないかと思いますよね。どう考えても、あれは「我が良き友よ」のジャケットじゃないもんね。B面のジャケットに見えるわけでございますが、みなさんも画像検索して見ると良いかなと思います。(検索しなくても、画像はコチラ! ↓)

Facebook

ページトップへ