サカナクション山口一郎、加藤浩次の自作Tシャツに書かれた文字に驚愕!「マジっすか!」

焼き鳥屋でTシャツ談義 ©STVラジオ

 加藤浩次とサカナクション山口一郎が、緩~いトークを繰り広げるSTVラジオ『加藤さんと山口くん』。20日の放送では、山口の馴染みの焼き鳥屋で(この時点で、すでにラジオらしくない演出ですが…)、2人が焼き鳥を食べながら番組PRのためにTシャツを作るという話に。

山口「よく見たら『加藤さんと山口くん』だってわかるくらいがいいっすよね。加藤さんって、筆記体で英語書けます?」

加藤「書けるよ…って、バカにすんじゃねぇよ」

山口「じゃぁ、筆記体で『Mr.Kato & Ichiro』みたいな、ビャーっと。書いてくれたら、それを刺繍で入れますよ」

シャツの形や素材、そしてブランドのコラボなど、凝りに凝ったTシャツ作りに燃える山口。軽く「いいねぇ」と半ば聞き流していた加藤が、実はオリジナルTシャツを作っていることを山口に披露。スマホで写真を探しながら、加藤のオリジナルTシャツを見せ始めます。

加藤「これオレが作ったTシャツなんだよね」

山口「え、これ何て書いてあるんですか?」

加藤「これねぇ、ブルース・リーがさ『考えるんじゃない、感じろ』って言ってたんだけど、それを『感じるんじゃない、考えろ。私は何にも感じることができません』ってしたの」

山口「え、いったい何のためにつくったんですか」

加藤「いや、服選ぶの面倒くさいし、自分でTシャツ作ったらラクだなと思って、100枚くらい作ったの」

山口「マジっすか!」

加藤の意外なTシャツ好きに、マジ驚いた山口。こんな「Tシャツこだわり派」の2人が作る番組オリジナルTシャツ、どんなものが出来上がるのか。でも、いつ出来るのか…緩~く、お待ちください! 

STVラジオ『加藤さんと山口くん』(毎週日曜 ひる12:00~12:30)

加藤さんと山口くん
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 12時00分~12時30分
出演者:加藤浩次(極楽とんぼ)、山口一郎(サカナクション)
番組ホームページ
公式Instagram

「極楽とんぼ」の加藤浩次 と ロックバンド「サカナクション」の山口一郎。ともに北海道・小樽市出身の2人が、「よく聴いてたなぁ」というSTVラジオで日曜・ひるのレギュラー番組に登場。全く違うジャンルで活躍する2人が、力を抜いて「ゆる~く」トークを繰り広げます。地元のラジオだからこそ明かせる芸能界や音楽業界の最新ネタや裏話、そしてローカル感も満載のニッチな情報も満載。リラックスした雰囲気の中、加藤さんと山口くんが日々の思いを本音トークでぶつけます。

※該当回の聴取期間は終了しました。

中元日芽香の「な」、海外からのお悩みにも答えます。「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったな」


『中元日芽香の「な」』が、7月4日(月)午前7時に更新され、3人のリスナーからのメール相談に中元が親身に答えた。

1人目は、とある大学生からの相談だ。

現在大学3年生で、勉強が難しくなり課題に追われている。勉強の他にもバイトや教習所など、新しく始めたことが多くある。元々不安を感じやすい性格ではあるのですが、最近は切羽詰まっていて何をやるにも不安で好きなことをしている時間も、私はこんなことをしていていいのかなと不安になる。どうすれば、不安を無くせますか?

「聞いていると日々のタスクをこなすのだけでも大変そう。考えてみれば大学もそうだし、バイトもそうだし、だんだん要求されるレベルが上がっていく。だんだん難しいことを要求され続ける中で不安を感じるっていうのは自然な感情。でも、日頃からやるべきことをちゃんとこなしている方だと思うので、そこは大丈夫。好きなことをしている時間は今日1日頑張ったんだから好きなことをする時間をする権利があるんだって堂々と楽しんでいい。今日勉強をして、バイトもやったんだから。好きなことをやるぞ!っていう風に堂々と楽しんで。自分ができていないことに目を向けると不安になると思うけれど、逆に自分ができていることに目を向けてあげると、少し安心できて不安が軽くなるんじゃないかな」

2人目の相談は、とある先生からの相談だ。

現在地元で先生をしているが仕事がとてもきつい。教育でミスがあると子供たちの将来も変えてしまうかもしれないなど、深く考えなくていいことも考えてしまう。さらに残業時間も長く、自分の時間もない。また元々先生は自分のやりたい仕事ではなかったということも、心が重い理由の一つかもしれない。現在やりたかった仕事に向けて転職も考えているが、区切りの3月まではなんとしても頑張っていきたい。なんとか心が軽くなる方法はないですか?

「責任感が強い方。先生も人間だし、今思うと私の学校にもいろんな人がいた。そんな中でも、生徒にとっていい大人でいなきゃっていう先生は生徒思いの素敵な先生。しんどい時とか心が重い時の対処の仕方っていくつかある。仕事以外の趣味に没頭するとかも一つの方法。あとその辛い時に仕事に関して、でもこれ自分がやりたくてやってるからとか、自分が選んだ仕事だから、っていうのも結構踏ん張る大きな力をくれる。だからそのカードが使えない中で、どのようにして日々を乗り越えようっていう方法が見出せないのは確かにつらい。あと体の疲れとか睡眠不足も心の余白?余裕?を奪っていく要素の一つ。やりたかった仕事に向けて転職も考えているということで、ご自身の明るい未来を思い描くことが、エネルギーになってくれたらいいな。あるいは、何もしない時間を作るのも逃避になっていい。スケジュール的に拘束されていたとしても、自分の心の中の自由は守ってあげてほしい」

3人目の相談は、インドネシアから、Spotifyを聴いているというリスナーからの相談だ。

私はいつも自分の人生で起こらなかったことを心配しています。例えばお仕事でミスがあったら先輩を怒らせちゃうかなということです。どうすればいいですか?

「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったなって思います。自分の人生で起こらなかったことを心配してしまう、これ共感できるなーっていう方いらっしゃるんじゃないかな。心配性であったり、根拠のない自信を持つのって難しいなーって感じるタイプかな?適度な心配がミスを回避してくれたり、自分を守ってくれることにつながるけど、あまりに心配が大きくなりすぎると漠然と不安になって落ち着けなかったり、なんとなく暗い気持ちになってしまったりっていうことになる。なので、自分のその心配性のおかげで、仕事を丁寧にできているんだっていう自信に変えられたらいい。問題が発生したら、その時対処すればいいかっていうふうに割り切ることも、心を守るためには、必要なことなのかもしれない」

Facebook

ページトップへ