「ひとり?どっかなぁ~」欽ちゃんのひと言で決まったイモ欽"トリオ"のデビュー

J-popsの源流はアイドルにあり ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。この日も3時間の番組中、30曲の日本の名曲をリストアップしました。

4曲目は、1981年のナンバー、イモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」。この曲終わりに、松崎トークが発車しました。

松崎:ローランドの「MC8」という機材で打ち込んだサウンドで、その上に細野晴臣メロディーが乗って、松本隆さんの詞を歌うというコンセプトで、1981年のイモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」ですので、YMO自身の「君に胸キュン」は、これより後です、1983年。ですから「君に胸キュン」の時は、YMOはもう散開が決まっていて、割と半ばヤケクソというか、何というかシャレで、セルフパロディという形で「君に胸キュン」をやったんじゃないかなと思われるんですが、それをするには、やはりイモ欽トリオをやっておいて良かったですよね。トリオですから、YMOと同じ3人と言うことで。

松崎:あとで裏話を聞くと、とにかく「良い子・悪い子・普通の子」で普通の子役で大ブレークしてアイドル的人気がワーッと盛り上がっていた長江健次さんをフォーライフレコードとしてはデビューさせたかったらしくて、プロデューサーというか後見人役として萩本欽一さんに話を持って行ったら、欽ちゃんのあの調子で「どっかなぁ~、う~ん」と言って、「ひとり?ひとり、どっかなぁ~」って言って、フォーライフの方が折れて、じゃぁ「良い子・悪い子・普通の子、3人で。トリオでどうでしょう」って言っていう言葉をフォーライフの方から引き出して、「なら、いいんじゃない?」ってなったって。やはり、萩本欽一さんの頭のコンピューターの冴えっていうのは、今でもスゴいですけど、1980年代の初頭までは"ものすごい"ものがございまして。

松崎:いつも言うんですけど、いま例えば、内村光良さん・ウッチャンがやっていることとかは、いろいろとルーツが萩本欽一さんのやり方、作法みたいなもの流れているなぁと思います。バラエティ番組の作り方然り、素人のイジり方然り、素人同然の方をスターにする才能然り、というわけですね。

松崎:というワケで、萩本欽一さんプロデュース、と言ってもいい女性アイドル、こちらは「わらべ」からソロデビューの倉沢敦美「プロフィール」…。

【5月1日のプレイリスト】
M01「モニカ/吉川晃司」
M02「Forever -ギンガム・チェックStory-/少女隊」
M03「永遠に秘密さ/近藤真彦」
M04「ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ」
M05「プロフィール/倉沢淳美」
M06「不自然な君が好き/C-C-B」
M07「雨音はショパンの調べ/小林麻美」
M08「銀の雨/松山千春」
(19時台)
M09「19:00の街/野口五郎」
M10「シルエット・ロマンス/大橋純子」
M11「愛の言霊〜Spiritual Message/サザンオールスターズ」
M12「WOMAN IN LOVE/BARBRA STREISAND」
M13「好きさ好きさ好きさ/ザ・カーナビーツ」
M14「スワンの涙/オックス」
M15「トラブルメイカー/相川七瀬」
M16「南風/レミオロメン」
M17「南風ーSOUTH WINDー/太田裕美」
M18「悲しみ2(TOO)ヤング/田原俊彦」
M19「内心、Thank You/THE東西南北」
(20時台)
M20「田園/玉置浩二」
M21「ら・ら・ら/大黒摩季」
M22「夏を待ちきれなくて/TUBE」
M23「いつまでも変わらぬ愛を/織田哲郎」
M24「シャツを洗えば/くるりとユーミン」
M25「潮風のアリア/くるり」
M26「THE THEME FROM BIG WAVE/山下達郎」
M27「WOULDN’T IT BE NICE(素敵じゃないか)/ザ・ビーチ・ボーイズ」
M28「ダイナマイトが百五十屯/小林旭」
M29「イエロー・サブマリン音頭/金沢明子」
M30「いい湯だな(ビバノン・ロック)/ザ・ドリフターズ」

最後の1曲。1970年代から80年代に、土曜日の夜9時を目前にした時間帯に、お茶の間で流れていたであろう曲。先週までは『オレたちひょうきん族』が続いていましたが、今週はついに『8時だよ!全員集合』に替わりました。

STVラジオ『MUSICJ☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC☆J
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 18時00分~21時00分
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター(北海道出身)
番組ホームページ

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになるかも。

※該当回の聴取期間は終了しました。

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ