KAN「​絶対に泣いてはいけない!」ヨースケ@HOMEに捧げるライブを語る

ヨースケ@HOMEを知って欲しい ©STVラジオ

シンガーソングライターで、偉大なメロディメーカー・KANが、音楽シーンをウィットたっぷりに語り通すSTVラジオ『KANのロックボンソワ』。今週は、2年前に37歳の若さで急逝したシンガーソングライターのヨースケ@HOMEを偲んで、交流のあったミュージシャンが集まって開催した「絶対に泣いてはいけない!ヨースケ@HOME ツイットーライヴ vol.1」のついて、KANが思い入れを語ります。奇しくも、今回の放送日の6月20日は、ヨースケ@HOMEの命日でもあります。

KAN:本当は一周忌の去年の6月にZeppTokyoで普通にライブとしてやるはずだったんですが、去年、世の中が大きく変わりましたから、やむなく中止にして、今年は配信という新しい形が広まってきたので、お客様なしで生配信で6月14日にやりました。相当に良かったと思いますよ。

KAN:お客様なしの生配信ですから、ただ演奏してても…。番組を作るというイメージで(開催しました)。ヨースケ@HOMEを知ってくれている方はもちろんですけど、ヨースケ@HOMEは知らないけれど、なんとなく「(根本)要さんと秦(基博)くん出てるから見てみようかな」なんて思った人が十分、ヨースケ@HOMEを知らなくても十分楽しめる。それでいて、ヨースケ@HOMEを聴いてみたくなったな、ってなるように作りたいなと思って、とてもいい形で、(参加ミュージシャン)みんなの思いが伝わったんじゃないかなと思います。

この「絶対に泣いてはいけない!ヨースケ@HOME ツイットーライヴ vol.1」の参加ミュージシャンは、KANの他、キヨサク、ジョンB、菅原龍平、根本要、秦基博、PES、吉田佳史。ライブのアーカイブは6月21日(月)23:59まで見ることができます。詳しくはコチラから。 

絶対に泣いてはいけない! ヨースケ@HOME ツイットーライヴ vol.1

そして、ヨースケ@HOMEの曲はもちろん、ライブで演奏された曲を中心にお掛けしました。

M1. Chu Chu Chu / Cabrells < 2011 
 ⇒2011年にKAN・ジョンB・菅原龍平、そしてヨースケ@HOMEの4人で結成し、東名阪札のツアーを行った『Cabrells』の唯一CD化されたオリジナル曲。ライブでは根本要さん、吉田佳史くん、秦基博くんも加わって演奏しました。

M2. 所在ない / JohnB & the Donuts! < 2011
 ⇒ジョンBくんのソロプロジェクトによるヒット曲。今回のライブで最も印象に残る演奏のひとつになったことでしょう。

M3. バイバイバイ / KAN < カンチガイもハナハダしい私の人生 < 2010
 ⇒菅原くんからの勧めで、私はこの曲を弾き語りました。

M4. パノラマ / ヨースケ@HOME < 2008

緊急事態宣言のため、しばらく東京からお届けしてきましたが、次回(26日深夜)は札幌に戻れるかな…。

STVラジオ『KANのロックボンソワ』(毎週土曜 24:00~25:00)
 

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

KANのロックボンソワ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 24時00分~25時00分
出演者:KAN
番組ホームページ

土曜の深夜、偉大なるメロディーメーカー・KANが音楽を語り尽くす1時間。それが『KANのロックボンソワ』です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ