ロックを日本語でいかに表現するか『MUSIC☆J』真夏の9日間スペシャルプログラム!

日本語ロックの歴史を松崎が紐解く! ©STVラジオ

シンガーソングライターで"選曲家"の松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を中心に"厳選かけ流し"(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜19:00~21:00)が、7月23日(金)から8月6日(金)までの間の火曜~金曜、トータル9日にわたり、スペシャル・プログラム『ナイタースペシャル MUSIC☆J』をお送りします!。いわば『MUSIC☆J』"シーズン5.5.1"

この9日間は特別企画として『MUSIC☆J~日本語ロックの8人~』と題し、各回の30分程度「ロックをいかに日本語で表現するか?」という視点で、松崎が魂の全力選曲!。9日間を通しで聴きたくなるプログラムをお届けします。各回、30分ほどを特別企画枠として、以下のラインナップをお送りします。

<7/23(金)>漣健児「和製ポップスの訳詞」~坂本九/ステキなタイミング(1960)など
<7/27(火)>加藤和彦「音の入り口から出口までロックであること」
<7/28(水)>吉田拓郎「ボブ・ディランと筒美京平の共存」
<7/29(木)>湯川れい子「女性」と「母性」をロックに乗せた先行者
<7/30(金)>はっぴぃえんど=松本隆「現在にまで続く日本語ロック、ポップスの王道」
<8/3 (火)>山下達郎/吉田美奈子「描く風景からフォーク的情緒を切り離した」
<8/4 (水)>桑田佳祐「たかが歌詞じゃねえかこんなもん」は反語である。
<8/5 (木)>忌野清志郎〜ザ・ブルーハーツ「パンク〜ニューウェーブを通過して得たもの」
<8/6 (金)>桜井和寿と草野正宗〜現在へ(1999以来進化は止まったのか?)

今回の特別企画のために、スタッフはSTVラジオの地下にあるレコード室を徹底的に捜索!。日本のロックの礎とも言える「訳詞」による名盤を発掘しました。

ジャケットを見るだけで、時代を感じさせる往年の名盤…。この他にも、日本語のロックを紐解く上で欠かせない名曲の数々を、松崎真人の解説でお届けします。

ちなみに…管理番号がついていない盤も多々あり、レコード室捜索は難航を極めたとか…。

この期間、土曜日の『MUSIC☆J"シーズン5.5"』も通常通り、お送りします。つまり、7月26日週と8月2日週は「週5」で『MUSIC☆J』が聴ける!。ナイスですね~、スペシャルですね~。

STVラジオ『ナイタースペシャル MUSIC☆J  ~特にロックを日本語でいかに表現するか~』(7月23・27・28・29・30日、8月3・4・5・6日 各17:55~20:50)※RCCラジオ同時ネット

『ナイタースペシャル MUSIC☆J』~特にロックを日本語でいかに表現するか~
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 17時55分~20時50分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(シンガーソングライター/北海道出身)
番組ホームページ

Twitterで、#musicj を付けると、OA中にライブでリスナー同士が井戸端会議で盛り上がります!

※該当回の聴取期間は終了しました。

麒麟・川島、くっきー!に感謝「初めてライブに呼んでくださった先輩」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月31日(土)放送のお客様は、お笑いコンビ・野生爆弾 くっきー!さん。ここでは、麒麟がブレイクする前に、野生爆弾の2人にお世話になった(!?)エピソードを披露しました。


くっきー!さん



NSC大阪の13期生で、1994年に幼馴染のロッシーさんとお笑いコンビ・野性爆弾を結成。ネタ作りからコントの小道具まで、すべてご自身で手掛け、独特の世界観のコントで注目を集めます。2008年に拠点を大阪から東京に移し、“白塗り顔”で表現するモノマネ芸などでブレイク。クリエイターとしても作品を発表しており、「超くっきー図鑑 渡り鳥」(ヨシモトブックス) 「くっきずむ」(美術出版社)などの著書も。個展「超くっきーランド」は国内外で総来場者数50万人を記録。また、学生時代から音楽活動に精通しており、ロックバンド「ジェニーハイ」ではベースを担当。お笑い・アート・音楽と、多方面で活躍しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」7月31日(土)放送のゲスト:くっきー!さん



◆麒麟を初めてライブに呼んでくれた先輩

1996年、大阪時代の野性爆弾(左からくっきーさん!、ロッシーさん)



川島:麒麟の2人が最初にお世話になった先輩は野性爆弾さんなんです。初めてライブに呼んでくださった先輩。

くっきー!:そうやなあ。

川島:「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)に出て大阪でお仕事をいただいてからも、野性爆弾さんはライブに呼んでくれて。2006年かな? 「これはいける!」って思うネタができたんですよ。

くっきー!:会心の。

川島:「M-1」でずっと3位やったけど、「これは今年いけるわ!」ってネタができて。そうしたら、野性爆弾さんが「うめだ花月」のライブで「麒麟出てくれ」ってオファーしてくれてね。「うめだ花月」でしっかり漫才をやったら、自信があるネタやったのにめちゃくちゃスベッて、誰も笑わなかった!

くっきー!:(笑)。

川島:お客さんが満員で300人ぐらいいるのに、1個も笑いが取れへんまま(舞台の)袖にはけることになったら、くっきー!さんが「ごめんな」と。「俺らのことが好きな客やから、悪いことをしてしまった。ほんまはおもろいネタやねんけどな」って謝ってくれたんです。それで、次に野性爆弾さんが舞台に出てネタをやったんですけど、同じぐらいスベッて。「お客さんは何を観に来たんや!」と思いましたね(笑)。

くっきー!:ちょっと待ってくれよ。俺、今日この番組のゲストちゃうんか(笑)? お前、やってくれてるな(笑)。

川島:いやいや(笑)。2人きりでこういう話をあんまりしたことがないので、答え合わせをしたいんです。あのとき、どういう気持ちやったのか。麒麟に対して優しくしたあとに、同じ災難が(自分たちに)降りかかったわけじゃないですか(笑)?

くっきー!:たしかにな。なんで我々もスベッたんやろね(笑)?

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回8月7日(土)のお客様は、フリーアナウンサーの青木源太さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月8日(日・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

Facebook

ページトップへ