「大澤誉志幸の曲で再びロックシンガーの王道に」山下久美子の"転換点"に着眼

山下久美子(左)と鈴木雅之のアルバムを手に ©STVラジオ

シンガーソングライターで"選曲家"の松崎真人が、日本の曲・日本語の曲を中心に"厳選かけ流し"(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。シリーズ企画「日本語ロックの8人・補講」の3回目は「松本隆の好敵手だち」。20時台に康珍化や秋元康、売野雅勇ら、80年代を彩った作詞家たちの作品をお届けました。その前段として、19時台の冒頭でお届けした3曲について、松崎真人が深掘りしました。(文中敬称略)

松崎:たくさんリクエスト頂いてましたが、掛けるタイミングがなかなかなかった曲です。1986年で、作曲は大澤誉志幸。アレンジがホッピー神山、PINKというバンドにいた方です。鈴木雅之のファーストソロシングル。

M10「ガラス越しに消えた夏/鈴木雅之」

松崎:鈴木雅之はもちろんブラックミュージック、いまで言うR&Bにすごく造詣が深い方です。作曲の大澤誉志幸も元々は「クラウディ・スカイ」というR&Bのバンドのボーカリストでした。1986年に、そういう音楽的な趣味を前面に出してヒットするというのは、今とは違って、難しかったんです。そういう"もどかしさ"を共有していた鈴木雅之と大澤誉志幸が「どうやったら自分たちが好きな音楽の成分を、一見、カムフラージュしながら世の中にガッと浸透させるか」と企んだことの大成功例だと思います。そこにホッピー神山という、非常に個性的な音を作るシンセサイザー奏者がハマった、ということだと思いますね。

松崎:理屈抜きに良い曲なんですが、この曲が無かったら、この後の大澤誉志幸も鈴木雅之のソロキャリアも変わって行っていただろうなと思います。1986年。そう言う意味では、時代の変わり目だったのかも知れません。もう1曲、大澤誉志幸の提供の曲です。

M11「こっちをお向きよソフィア/山下久美子」

松崎:イントロからアウトロまで完璧ですね。(この部分、文字おこし困難)。もう素晴らしいと思います。いまYouTubeで色んな動画が上がっていて、この曲の名演も数々あるんですが、元々のこのレコードのアレンジがしっかりしているからだと思います。

松崎:これも大澤誉志幸の作曲なんですが、作詞が康珍化です。(山下久美子は)「赤道小町ドキッ」がドーンと売れて、でもあれは、とてもキャラクターソングというのかノベルティソングというか、あの曲の存在感があまりに強過ぎると、ボーカリストしての幅が狭まってしまうので、本人もスタッフも悩んだと思います。あのテクノに少し寄せた細野(晴臣)の「赤道小町ドキッ」の後でこの曲、どちらかというとロックの王道ですよね、この「こっちをお向きよソフィア」をシングルカット出来たことで、山下久美子は女性ロックシンガーの草分けとしての王道を再び、歩み始めることができたんじゃないかと僕は思っています。そう言う意味では「日本語のロック」の歴史の中で重要な曲なんじゃないかと思っています。

松崎:山下久美子と言えば、渡辺美里と同じように、数多くの才能ある作家の方が曲を提供していますが、(山下)久美子と言えば、大澤誉志幸か、彼か、とう感じですね。

M12「マンハッタンブリッヂにたたずんで/佐野元春」
 
<松崎真人の編集後記>
「こっちをお向きよソフィア/山下久美子」。この曲は山下久美子のアイデンティティーを形成することになった1曲。身もふたもない言い方をすれば「自立した女性」がテーマなのだが、康珍化の詞、大澤誉志幸の曲のクオリティーの高さゆえ、時代のアンセムとなった。この歌のバッキングで共演したミュージシャンたちは「次の時代」を創っていくことになるのだが、それはまた別の話。(松崎真人)

<9月11日のプレイリスト>
M01「Woman“wの悲劇”より/薬師丸ひろ子」
M02「1グラムの幸福/飯島真理」
M03「REAL/大江千里」
M04「私鉄沿線/野口五郎」
M05「ねぇ/国安修二」
M06「ねぇ/Perfume」
M07「すみれSeptemberLove/一風堂」
M08「QUIET LIFE/JAPAN」
M09「風立ちぬ/松田聖子」

M10「ガラス越しに消えた夏/鈴木雅之」
M11「こっちをお向きよソフィア/山下久美子」
M12「マンハッタンブリッヂにたたずんで/佐野元春」
M13「『いちご白書』をもう一度/バン・バン」
M14「エブリバディ・ニーズ・サムバディ/ザ・テンプターズ」
M15「土曜日はいちばん/ピンキーとキラーズ」
M16「ときめきアンコール/富田靖子」
M17「長いのぼり坂/長渕剛」
M18「長い間/Kiroro」
M19「安物の時計/矢沢永吉」

M20「魅せられて/ジュディ・オング」
M21「セカンド・ラブ/中森明菜」
M22「君のハートはマリンブルー/杉山清貴&オメガトライブ」
M23「ヤマトナデシコ七変化/小泉今日子」
M24「時の流れに身をまかせ/テレサ・テン」
M25「ポイズン/布袋寅泰」
M26「SayYes!/菊池桃子」
M27「もう一度夜を止めて/崎谷健次郎」
M28「船を出すのなら九月/中島みゆき」

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜日 18:00~21:00)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC☆J
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 18時00分~21時00分
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター・選曲家(北海道出身)
番組ホームページ

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになるかも。(ナイターオフ期は、火~金19:00からで、広島・RCCラジオでも同時ネット)。

※該当回の聴取期間は終了しました。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ