コンサドーレ野々村社長「今の方向性を変えたらもうコンサドーレではない」ミシャ監督続投を事実上宣言

ミシャとともにもっと強くなるぞ! ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和社長がSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』に出演。コンサドーレは18日のヴィッセル神戸戦、0-1で破れたものの、シュート数では圧倒し、スター軍団・神戸に"サッカーをさせなかった"戦いぶりを披露しました。

野々村:勝つことは重要なんだけど、僕はこのゲームに関しては、(中略)神戸に対してウチ(コンサドーレ)が本当にすごいサッカーを見せることが出来たということが誇らしいなと思って。たまにあるんです。コンサドーレ(の社長)を始めて9年になるんですけど、最初の頃は全く出来なかったけど「このチームにこんなサッカーが出来るようになったんだ」と試合中に思ったりして、「別にこの試合にもし負けたって全然いい。伸びてるな」と思える瞬間がたまにあるんですけど、この試合(18日の神戸戦)はそんな試合だった気がします。

この試合の後、ペトロビッチ監督は「残念だったのは我々が敗れたこと。ただ神戸に対して見せた戦いは質が良かった」と語っています。そして最後に得点を決めるストライカーの才能についての話が盛り上がった流れで、野々村社長からこんな話が…。

野々村:例えばウチと同じくらいの(シュートの)チャンスの数があるチームって、今だったらフロンターレとマリノスあたりなんだけど、"チャンスの質"は、この2チームの方が多分、高いと思うんです。ウチでも、もっと簡単に点を取れるような"質の高いチャンス"を作り続けようよってことをやればいいのかなと思う。

吉川アナ:なるほど、チャンスの質!。

野々村:同じような場面でシュートを打つ。例えば、データ上は同じポジションからシュートを打ったなら、同じ確率で入るでしょうって思うかも知れないけど、そこに至るまでにFWの選手が使ってしまった体力とか、ラストパスの質とかが少し変わるだけで、シュートを打つ人はだいぶ(点を)入れる確率を上げられると思うんです。その"質"をもう少し上げれば、(もっと点が)入るかなと思いますよ。

そして今週は、ミハイロ・ペトロビッチ監督の続投が報道されました。これについて野々村社長は…。

野々村:契約の話なんで(立場上)明確には答えられないんですが、今の方向性を変えたら、もうコンサドーレがコンサドーレじゃ無くなるのは事実かなと思うんですよね。ミシャさんみたいに、手持ちの戦力を采配でただ勝たせるというのでは無くて、手持ちの戦力を伸ばしながら、強くしながら、より魅力的なサッカーをやって勝つ、という過程をコンサドーレは今しっかり踏んでおかないと伸びないと思うんで。将来にわたっても同じだと思うので、今のトライは続けた方がいい。

事実上の「続投宣言」です。今のコンサドーレの合い言葉のひとつが「見たことのない景色を見に行こう」。ミシャ・サッカーの完成形という、誰もまだ見たことのない魅力に溢れて強いコンサドーレのサッカーを、ミシャとともに見に行きましょう!

そして、26日(日)は、J1リーグ公式戦第30節「北海道コンサドーレ札幌-サンフレッチェ広島」戦をSTVラジオで実況生中継します。サンフレッチェと言えば、ミシャが日本でのサッカー監督キャリアをスタートさせた縁あるチーム。26日(日)12:55~からもSTVラジオで、コンサドーレを応援して下さい!

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

GO!GO!コンサドーレ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 7時30分~8時00分
出演者:野々村芳和(北海道コンサドーレ札幌社長)、吉川のりお(STVアナウンサー)
番組ホームページ

北海道コンサドーレ札幌社長・野々村芳和さんと吉川のりおアナのアラフィフコンビがお送りする【痛快スポーツトークバラエティ】。サッカー番組のようでサッカー番組じゃない!?。誰でも今日からサポーターになれる、そんな番組です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ