木村洋二学園長「迷って青春。ちゃんこ鍋です!」勉強しない娘に悩む母親へのお答えが…

「迷って青春」今も迷い続ける木村学園長と油野生徒会長 ©STVラジオ

大泉洋の"相方"としても知られるSTVラジオの怪人・木村洋二と、まだ何色にも染まっていない櫻坂46のような新人・油野純帆アナの2人による新番組『聖ヨウジ学園』。開校2週目に突入した番組は早くも"教育番組"という理念から道を踏み外そうとしています。

【火曜日:木村学園長の生徒指導室】…生徒(リスナー)から寄せられたお悩みに木村学園長が時に優しく、時に厳しく答えます!

生徒(リスナー)からの相談:中学3年の娘が全く勉強しません。テストが近くても1日前に勉強するくらいです。こんな感じで高校受験、大丈夫なのか心配です。娘は「高校に行く人は何か目標があるから行くんだ。私は夢も希望も無いからどうなってもいいんだ」と言います。私の育て方が悪かったのかなと…学園長、あぶらちゃん、私は娘にどうアドバイスしたらいいですか?

木村学園長:きれい事は言いたくないけど、なんか明るい将来、未来があるからさ。若いんでしょ、まだ。

あぶらちゃん:若いですよね。

木村学園長:お母さんも「私の育て方が悪かったのか」って、そこまで背負い込むことないでしょう。あなた、お嬢ちゃんの気持ち、判るの?

あぶらちゃん:そうですね、私は「どうなってもいいんだ」と言うよりは、「高校に(目標を)見つけに行けたらな」と思っていましたので。

木村学園長:見つけに行って、どうだったの?

あぶらちゃん:大学には行って徐々に決まったという感じだったので…

木村学園長:じゃあ、あなたの高校3年間は、何にもなかったってことなの?

あぶらちゃん:いやいやいや。楽しい友だちとの思い出が出来ましたね。思い出も大事ですよ!

木村学園長:でも、高校で何か見つかったの?何か明るい…照明というかライトの光が見えてきたの?

あぶらちゃん:(呆れて笑いながら)大切な友人と食べるっては楽しいなってことを、高校で学びました。

木村学園長:(リスナーの)お嬢ちゃんは、とにかく高校入りましょう。高校に行って、見つければいいいんですよ、あぶらちゃんが言っているように。とにかくね、食べること!。だから、ともかくね、太ること!(?!)。

あぶらちゃん:(笑うしかない)

木村学園長:ちゃんこ鍋です!もう、太りたいんだったら、ちゃんこ鍋!…いやあ、でもこれ、マジメに答えなきゃ。

あぶらちゃん:はい。

木村学園長:迷って青春です。決められたレールの上を歩こうなんて、そんなものは年を取ってから歩けばいいのであって。

あぶらちゃん:あ~。

木村学園長:レールが定まってないっていうのは、方向転換だって出来るわけでしょう。

あぶらちゃん:選びたい放題ですね。

木村学園長:ズバリ言えば、本当に高校に行きたくないんだと思ったら、真剣にお母さん、お父さんと話をすればいいんだから。(高校に)行って何かを探すというのも手だと思う、あなた(あぶらちゃん)に言ってるようにね。でも、なにか(見つけるモノを)持ちましょう。なにか持ちましょう。この相談の答えになってないかも知れないけど、フラフラ行っても収穫はないかも知れない。キツいこと言うようだけどね。

あぶらちゃん:そうですねぇ。(中略)。聖ヨウジ学園に入学していただきましょう!

木村学園長:そりゃ、やめた方がいいね。絶対、やめた方がいい。もう本当に戻れないから。

相談のお答えになってるとは思えませんが、木村学園長は真剣に考え、答えています(たぶん)。全道、全国の聖ヨウジ学園の生徒のみなさん、火曜日の「生徒指導室」に人生相談をお寄せ下さい!

『聖ヨウジ学園』の時間割は…
<月:国語>木村洋二の人生の格言・・・偉人や経営者などの格言を紹介。さらに毎週木村学園長のありがたい名言(迷言?)も!/人生において、心に留めておいた方が良いことについて仰々しく紹介。

<火:保健体育>木村学園長の生徒指導室・・・生徒(リスナー)から寄せられたお悩みに木村学園長が答えます!

<水:日本史>STVラジオの歴史・・・水曜日は歴史の時間。STVラジオ60年の歴史を木村学園長に教えてもらいましょう!「昔聴いていたあの番組を学園長に語ってほしい!」、「あのイベントの裏側は?」といった生徒の疑問などに答えていく。他、油野による倉庫探索→学園長解説なども。

<木:政経倫社>(隔週)あぶらの経済講座・・・経済学部出身の油野が知っているようで説明できない経済用語を解説したり、身近なモノや言葉から経済の歴史や動向を分析したりします。(隔週)あぶらのツーリズム・・・木村学園長の各地での思い出話をきっかけに、油野がバスガイドのバイト経験を生かして、北海道各地をガイド。

<金:家庭科>第一次産業を知ろう&今日のお夜食・・・日本の中でも第一次産業の従事者が多い北海道。農・林・水産・畜産・狩猟など、陸や海の豊かさを守り(SDGs14・15の目標)ながら我々の食卓も豊かにしてくれる方たちをご紹介。

STVラジオ『聖ヨウジ学園』(月~金 13:40~13:50)・・・『まるごと!エンタメ~ション』内。

※radikoは「10月5日・火曜日」の番組にリンクされています。

聖ヨウジ学園
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 13時40分~13時50分
出演者:木村洋二、油野純帆(STVアナウンサー)
番組ホームページ

STVラジオ『まるごと!エンタメ~ション』内の13:40~に開校!。あの大泉洋の相方として知られる木村洋二と、まだ何色にも染まっていない新人アナの油野純帆が、学園存続のためにあらゆる情報を集め、謎解く、ミニ教育番組(?)。リスナーからの情報や格言、あぶらちゃんへのファンレターもお待ちしています!
メール:ya@stv.jp ※Yoji と Aburano の「ya」で憶えて下さい。
FAX :011-202-7290

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ