宮西尚生「佑ちゃんじゃないと判らない苦労はあったと思う」引退表明の斎藤佑樹に贈る言葉

球界のセットアッパー・宮西尚生が語る! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、真剣勝負の試合の舞台裏やチームメイトのこと、リスナーからのお便りにも答える番組・STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』。現役のNPBプロ野球選手がシーズン中もレギュラーで出演する貴重な番組です。2021年のシーズンも大詰め。7日の放送では、14年連続の50試合登板の記録を目指す心境や、引退を表明した斎藤佑樹投手へのメッセージなどを語りました。宮西投手のお相手は、パーソナリティの草野あずみです。

草野:斎籐投手の引退表明、宮西さんはどう受け止めてますか?

宮西:率直に言って「ホンマようやったな、お疲れさん」って。ちょうどきょう(収録日の2日)朝に電話して、同じことを言ったんよ、ホンマようやったと。やっぱりね、斎籐にしかわからんプレッシャーもあったと思うし、いろんなもどかしさとかもあったと思うけど、それを表に出さずに、よう最後までやりきったと思うし、本人も意外に納得しているような口調だったんでね。(中略)まずは休みはゆっくり家族と過ごして欲しいなと思います。

草野:記憶に残っているエピソードはありますか?

宮西:佑ちゃんとのプライベートは、こういう放送ではしゃべれないということも多いけど(笑)。

草野:話せる範囲で…
 
宮西:(中略)佑ちゃんの(先発した)試合で「勝ち」を消してしまったことがすぐに頭に蘇るよね。佑ちゃんの通算成績を見た時に「もう1勝、増えてたのにな」っていうような申し訳なさを感じるよね。

リリーフ投手としての責任感が滲み出る、宮西投手ならではの言葉ですね。そして、NPB記録の「15年連続50試合登板」を目指す宮西投手、14年目となる今シーズンは、収録した10月2日現在で43試合登板(10月7日現在では44試合)。記録継続が見えて来ています。

草野:記録が見えて来ましたね。

宮西:う~ん、前半戦が終わったときは100(%)ムリやなって諦めてましたし…

草野:そうだったんですか

宮西:覚悟はしてたし、こんな内容で50(試合登板)を達成したところで…という思いもあったから、何気ない感じで後半は「自分のためにやろう」ってスタートして、怒濤の登板だったよね。この1か月半、2試合に1回くらいのペースで投げ続けたから。(記録継続は)予想だにしてなかったよね。このペースで行けば、普通に行けると思うし。

宮西:でも今年、(記録のことを聞かれても)行きたいとも思わない。だけど、監督やコーチに「次、行け」と言われたら、行くのが仕事だから行くけど、それで50(試合登板)達成しても、恐らく僕は何も応えないと思います。

草野:いちファンとしては、すぐそこに14年連続の記録がかかっているとなると「がんばれー」って応援しちゃうんですけど。

宮西:個人的には(記録は)今年で終わったと思ってるし、続いたとしてもね。だけど、いま言ってくれたように、ひとりでも「50試合連続」を目指して欲しいと思って応援してくれる人がいるなら、やり続けなけないとアカンっていう思いもあります。その葛藤は、今年はかなりあるよね。

元中日ドラゴンズの岩瀬投手が達成した「15年連続50試合登板」というリリーフ投手としての金字塔を目指す宮西投手。その大記録にリーチをかける14年連続が現実的になっても、その内容に満足できないとストイックな心境を語る一方で、ファンのためにも記録に挑戦を続けるという強い気持ちも聞かせてくれました。

現役選手ならではの、リアリティに満ちたトークを毎週、ざっくばらんに語ってくれる宮西投手。来週は、兼任コーチとしてチームを陰でも引っ張る鶴岡捕手とのエピソードなどを披露してくれます。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40 『吉川のりおスーパーライブ』内)
 

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~24時00分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生なんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ