宮西尚生「リリーフがドラフト指名される時代が来て嬉しい」中継ぎ投手の立ち位置向上を実感

最終戦までしっかり闘うぞ!! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、シーズンに臨む選手としての思いや試合の舞台裏、チームメイトのことなどを現役の選手ならではの視点でトークするSTVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』。今回はドラフト会議でファイターズに指名された選手たちがトークテーマです。まずは1位指名で、天理高校の達雄太選手については…。

宮西:もちろんは期待はしてるし、1年目から活躍するに越したことはない、チームとしても、個人としてもね。だけど、恐らくチームとしてはそこまで慌てていないと思うよね。長いスパンを見ると思うし、これだけの選手だったら将来を見据えて、ちゃんと育成していかないといけないと思うから。マイペースでいいと思うし、まずは自分の良いところをアピールしていかないといけないと思うね。

草野:6位指名の長谷川威展投手、金沢学院大学です。高校は埼玉の花咲徳栄でファイターズの野村選手の1年先輩です。(指名受けた時の)コメントが気になりました。(長谷川投手は)大学では主にリリーフとして活躍していたんですが、「宮西投手を目指して年間50~60試合を投げられる選手になりたい」と言っていたんです。目標は宮西さんと明言しています!

宮西:いい選手じゃん!(笑)。

草野:リリーフは、みやにさんに憧れると言うことですね。

宮西:その大事なとこ、噛まんとってよぉ!

草野:ごめんなさい!そこは本当に申し訳ありません!!

宮西:(笑)いや、でも俺を目標としてくれるのはもちろん嬉しいけど、そこじゃなくて、リリーフとしてドラフトにかかったことが僕としては嬉しいよね。ひと昔前は、先発を中心に取って、キャンプで見極めて、リリーフに行くか先発にそのままか、っていうものだったから。自分も大学時代はずっと、先発・完投型だったわけやから。

宮西:そう言う中で、大学でリリーフで主に活躍していてプロに入るって言うのは、リリーフの立ち位置が年々、上がっているんだなと改めて感じるところですよね。

草野:それを築き上げたひとりが、宮西さんですからね。

宮西:先輩方はたくさんいますけど、そうやってリリーフを目指してプロに入る選手がもっと増えてもいいし、もっと注目される選手、それこそドラ1で(リリーフが)来るって言う時期が、数年後には見えたらいいなって思います。

草野:宮西さんに憧れている長谷川選手、キャンプで会うと思うんですけど、ちょっと気に掛けますか?

宮西:気にしますよ、もちろん。堀(瑞樹投手)から乗り換えようかなって…。(笑)

草野:ええっ~!それは堀さんのいるところで…。

宮西:堀にも言ってますから(笑)。

リリーフが指名され、そして目標は自分と言われて、今年のドラフトは宮西投手にとっては特に記憶に残るものになったようです。そして、気に掛けている堀投手も最優秀中継ぎ投手のタイトルを確定させるなど、成長は著しいものがあります。…宮西投手も安心して、長谷川選手に乗り換えられるかも?!。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) 【『吉川のりおスーパーライブ』内】
 

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ