宮西尚生「リリーフがドラフト指名される時代が来て嬉しい」中継ぎ投手の立ち位置向上を実感

最終戦までしっかり闘うぞ!! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、シーズンに臨む選手としての思いや試合の舞台裏、チームメイトのことなどを現役の選手ならではの視点でトークするSTVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』。今回はドラフト会議でファイターズに指名された選手たちがトークテーマです。まずは1位指名で、天理高校の達雄太選手については…。

宮西:もちろんは期待はしてるし、1年目から活躍するに越したことはない、チームとしても、個人としてもね。だけど、恐らくチームとしてはそこまで慌てていないと思うよね。長いスパンを見ると思うし、これだけの選手だったら将来を見据えて、ちゃんと育成していかないといけないと思うから。マイペースでいいと思うし、まずは自分の良いところをアピールしていかないといけないと思うね。

草野:6位指名の長谷川威展投手、金沢学院大学です。高校は埼玉の花咲徳栄でファイターズの野村選手の1年先輩です。(指名受けた時の)コメントが気になりました。(長谷川投手は)大学では主にリリーフとして活躍していたんですが、「宮西投手を目指して年間50~60試合を投げられる選手になりたい」と言っていたんです。目標は宮西さんと明言しています!

宮西:いい選手じゃん!(笑)。

草野:リリーフは、みやにさんに憧れると言うことですね。

宮西:その大事なとこ、噛まんとってよぉ!

草野:ごめんなさい!そこは本当に申し訳ありません!!

宮西:(笑)いや、でも俺を目標としてくれるのはもちろん嬉しいけど、そこじゃなくて、リリーフとしてドラフトにかかったことが僕としては嬉しいよね。ひと昔前は、先発を中心に取って、キャンプで見極めて、リリーフに行くか先発にそのままか、っていうものだったから。自分も大学時代はずっと、先発・完投型だったわけやから。

宮西:そう言う中で、大学でリリーフで主に活躍していてプロに入るって言うのは、リリーフの立ち位置が年々、上がっているんだなと改めて感じるところですよね。

草野:それを築き上げたひとりが、宮西さんですからね。

宮西:先輩方はたくさんいますけど、そうやってリリーフを目指してプロに入る選手がもっと増えてもいいし、もっと注目される選手、それこそドラ1で(リリーフが)来るって言う時期が、数年後には見えたらいいなって思います。

草野:宮西さんに憧れている長谷川選手、キャンプで会うと思うんですけど、ちょっと気に掛けますか?

宮西:気にしますよ、もちろん。堀(瑞樹投手)から乗り換えようかなって…。(笑)

草野:ええっ~!それは堀さんのいるところで…。

宮西:堀にも言ってますから(笑)。

リリーフが指名され、そして目標は自分と言われて、今年のドラフトは宮西投手にとっては特に記憶に残るものになったようです。そして、気に掛けている堀投手も最優秀中継ぎ投手のタイトルを確定させるなど、成長は著しいものがあります。…宮西投手も安心して、長谷川選手に乗り換えられるかも?!。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) 【『吉川のりおスーパーライブ』内】
 

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ