「ZARDのサウンドはCDに最適化」音作りの舞台裏と時代背景を松崎真人が説く

デジタル向きの音創りをした「ZARD」 ©STVラジオ

シンガーソングライターで"選曲家"の松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を中心に"厳選かけ流し"(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。ポプコン(ヤマハ・ポピュラーソング・コンテスト)出身の松崎らしく、同じくポプコン出身の八神純子のデビュー前の歌声を紹介しました。(文中敬称略)

松崎:八神純子のデビュー曲よりも遥か前にポプコンにエントリーした時の曲を、当時の古い方のアレンジで聴いて頂こうと思います。後にデビューアルバムにも収められる曲なんですが、その時のアレンジは大村雅朗。聴いてもらうポプコンにエントリーした時のアレンジは萩田光雄です。

松崎:発声とかも違う、若々しいと言ったらおかしいけど、今の完成された八神純子節とはまた違う歌声が凄い新鮮です。

M07「雨の日のひとりごと/八神純子」

松崎:この、いわゆるプレーンな歌い方から、後の"プロフェッショナル八神純子"のあの特徴的なボーカルに変わって行く様というのは、この間に何があったのだろうと、想像力をたくましくさせてしまうところがあります。

そして「編集後記」でも触れるこの曲。

M22「MY FRIEND/ZARD」

松崎:(常連のリスナーからツイッターで)「ZARDはCD時代の偉大な存在」と書き込みがありました。まさにそうだと思います。CDを作っていた時代って、どんどんスタジオがオートメーション化して行って、トータルリコールって言って、「深夜2時までやったら、きょうのこの状態、このスタジオの状態を全部、記憶して、いったん帰って、あしたの午後2時から全く同じ状態からやり直せる」ってなった時代なんです。じゃないと、エンドレスでスタジオを納得いくまで使って1曲を磨き上げるって、難しかったんです。

松崎:その昔は、「この目盛りがココ」みたいなのをポラロイドカメラで撮っていた人がいたりしたくらいですからね。ZARDが活躍した時代というのは、スタジオ機材をコンピューターで管理して、トータルリコールと言って保存・そしてロードすると言うことが出来るようになって、トレードマークサウンドを再現できるようになったという頃だと思います。

松崎:それが今度はハードウエアの機材から、ソフトウエアになって今日があるということです。だけど、やっぱりZARDを聴くと、ハードウエアで録ってるんだなと言う音がします。だから「CD時代の偉大な存在」という言い方は、言い得て妙だなと私は思いました。

<松崎真人の編集後記>
「マイ フレンド/ZARD」 なんでもかんでも「アナログ盤でリリース」が流行っている昨今。もし「ZARDのヒット曲がアナログ盤で蘇る!」という企画があっても僕の食指は動かない。ZARDのサウンドはCDというフォーマットに最適化されているから。CDでも十分な温もりが感じられる音作りを追求したのが当時のZARDとそのチームだったから。(松崎真人)

<10月29日のプレイリスト>
M01「Wait & See〜リスク〜/宇多田ヒカル」
M02「サウダージ/ポルノグラフィティ」
M03「ピンク・タイフーン/ピンク・レディー」
M04「Ring/平井堅」
M05「トゥディ/ザ・ボルテージ」
M06「花・太陽・雨/PYG」
M07「雨の日のひとりごと/八神純子」
M08「サヨナラ模様/伊藤敏博」
M09「今夜はANGEL/椎名恵」

M10「Love, Day After Tomorrow/倉木麻衣」
M11「恋人達のペイヴメント/ALFEE」
M12「塩屋/大江千里」
M13「二重唱(デュエット)/岩崎宏美」
M14「月見草/岩崎宏美」
M15「四つのお願い/ちあきなおみ」
M16「恋の季節/ピンキーとキラーズ」
M17「黄色いサクランボ/ゴールデン・ハーフ」
M18「しゃアない節/桑田佳祐」
M19「CAROLINE, NO/THE BEACH BOYS」
M20「Endless Game/山下達郎 」

M21「風のLONELY WAY/杉山清貴」
M22「MY FRIEND/ZARD」
M23「神様ヘルプ!/チェッカーズ」
M24「真夏のあらし/西郷輝彦」
M25「星の指輪/浜田省吾」
M26「戦士の休息/町田義人」
M27「モンテカルロで乾杯/庄野真代」
M28「世界は仕事で動いてる/松崎真人」

M29「FEVER/TRICERATOPS」

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週 火~金 19:00~22:00) ※RCCラジオ同時生ネット(~21:50)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC☆J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人:(まつざき・まこと)シンガーソングライター、選曲家(北海道出身)。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活動。
番組ホームページ

リクエストメール:mj@stv.jp
twitterハッシュタグ:#musicj 
(番組OA中は、マニアックな話題で盛り上がります)

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになります!。
★RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ