杉山清貴のポプコン時代「ゴスペルにリスペクトを示した興味深い曲」松崎真人がセレクト

ポプコン時代の杉山清貴の曲をフォーカス ©STVラジオ

シンガーソングライターで"選曲家"の松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を中心に"厳選かけ流し"(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。ポプコン(ヤマハ・ポピュラーソング・コンテスト)出身の松崎。今シーズンは、そのポプコン出身ミュージシャンの曲を紹介して、その時代背景や裏事情などを紐解く時間を多めに設けています。(文中敬称略)

11月2日に最初にリストアップした"ポプコン案件"は…M07「グッバイ・モーニング/サンディー」

松崎:ポプコンにエントリーした人が勝ち上がっていく「世界歌謡祭」の第7回(1976年)での模様(音源)です。作詞は庄野真代なんです。(中略)サンディーもその後、「サンディー&サンセッツ」として、久保田麻琴という日本のポップスの中でも"裏ポップス"と言ってもいいかも知れないけど、早くから民族音楽を取り入れたりとか、非常に重要な役割を(担っていた)。例えば、細野晴臣がいて、ムーンライダースの鈴木慶一がいて、そしてサンディーと共に活動していた久保田麻琴がいて、と言うくらい"進取の気風"で新しい音楽を取り入れ方をしていたひとりです。サンディーは、そんな方と活動をともにすることになる歌い手です。

松崎:次は、当時は「アレレのレ」という、完全に"なめた"感じのグループ名で、本人たちも「あれは、賑やかしで出た」と、後で述懐していますが、今のスターダストレビューです。

M08「おらが鎮守の村祭り/Stardust Revue with 添田啓二・岡崎昌幸」

松崎:当時からすごく異色を放っていて、(ポプコンの)本選会の前にラジオの「コッキーポップ」で、こんなバンドが本選会にエントリーしますよって感じで(番組で)掛かったこともあるんですが、やはり本番での演奏のインパクトが強かったですね。

松崎:さて、次がきょうの"聴きモノ"です。僕と杉山清貴との出会いの曲です。なので、オメガトライブがヒットした時は「あ、杉山さん、頑張ってたんだな」って思いました、久しぶりに見て。この音源は、ヤマハのポプコンにいた時の音源ではないのですが、後に杉山清貴が自分のライブ盤で、自分の若き日の歌をちゃんと歌い直しているバージョンがあると言うことを発見したので、お掛けしようと思います。そもそもはポプコンへのエントリー曲です。
  
M09「ゴスペルナイト/杉山清貴」

松崎:(この音源の)イントロが始まった後に拍手が入ってるじゃないですか。やはり、その当時から知ってたよっていうお客さんの拍手ですよね。1980年のポプコンに出て、その時の杉山清貴のバックバンドは「キューティ・パンチョス」という名義だったんですが、そこから「オメガトライブ」としてブレイクするまでには、まだ数年あるわけです。

松崎:なので、オメガトライブが出てきて、そのボーカルが杉山清貴っていうことで、名前は覚えてましたけど「へえ~っ」って思いました。林哲司の描く、これから売れるポップスの形に、杉山清貴の持ってる声質とかがすごくハマったんだと思うんです。杉山清貴自身のルーツが感じられるようで、しかも(この曲が)杉山清貴とのファーストコンタクトだったこともあり、この「ゴスペル・ナイト」という曲は僕にとっても、すごく思い出深い曲なんです。

松崎:テレビの「コッキーポップ」で見たのが、きのうのことのように想い出されます。「この人、上手いな」と思ったのと、ゴスペルという言葉を自分はもう既にかじっていたので、「へえ、そういうことを、ここにちゃんと入れ込んでくるんだ」と、色んな意味で深さを感じた(杉山清貴との)出会いでした。

<松崎真人の編集後記>
「ゴスペルナイト/杉山清貴」ポプコン出場時は「ゴスペルの夜」表記だった記憶が……。ともあれ、今となってはCity Pop再評価ムーヴメントの立役者である杉山清貴がアマチュア時代、ゴスペルというジャンルの成り立ちについてすでに目を配り、リスペクトを持っていたことは興味深い。僕は祖母の歌うゴスペル(当時は「黒人霊歌」と呼ばれていた)を子守歌にして育ったのでなおさら。ちなみに僕が最初に覚えた歌は“Nobody Knows The Trouble I See”(誰も知らない私の悩み)という。(松崎真人) 
  
<11月2日のプレイリスト>
M01「REINCARNATION/松任谷由実」
M02「そして僕は、途方に暮れる/大沢誉志幸」
M03「冬が来る前に/紙ふうせん」
M04「カナダからの手紙/平尾昌晃・畑中葉子」
M05「白夜の騎士/ザ・タイガース」
M06「いいのかな/ザ・ワイルド・ワンズ」
M07「グッバイ・モーニング/サンディー」
M08「おらが鎮守の村祭り/Stardust Revue with 添田啓二・岡崎昌幸」
M09「ゴスペルナイト/杉山清貴」

M10「雨の御堂筋/欧陽菲菲」
M11「空港/テレサ・テン」
M12「RAINY WALK/山下達郎」
M13「恋の奴隷/奥村チヨ」
M14「すきま風/杉良太郎」
M15「太陽がくれた季節/青い三角定規」
M16「知らず知らずのうちに/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」
M17「いつのまにか少女は/井上陽水」
M18「ゼロ地点/森広隆」
M19「MILLION MILES FROM HOME/キザイア・ジョーンズ」
M20「ありったけの愛/THEATRE BROOK」

M21「夜に傷ついて/アン・ルイス」
M22「最後の雨/中西保志」
M23「ただ泣きたくなるの/中山美穂」
M24「ヤングブラッズ/佐野元春」
M25「19のままさ/浜田省吾」
M26「君は雨の日に/長渕剛」
M27「心の旅/チューリップ」
M28「タクシードライバー/中島みゆき」
M29「帰省 〜Never Forget〜/中森明菜」
 
STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週 火~金 19:00~22:00)
 ※RCCラジオ同時生ネット(~21:50)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC☆J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人:(まつざき・まこと)シンガーソングライター、選曲家(北海道出身)。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活動。
番組ホームページ

リクエストメール:mj@stv.jp
twitterハッシュタグ:#musicj 
(番組OA中は、マニアックな話題で盛り上がります)

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになります!。
★RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ