宮西尚生「まさかマウンドで涙するとは思わなかった」栗山監督からの"手渡し"に秘められた思い

栗山さんのためにも"15年連続50試合"目指す!! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、真剣勝負の試合の舞台裏やチームメイトのこと、リスナーからのお便りにも答える番組『宮西尚生のなんとかなるさ』。今や"ビッグ・ボス"の話題で持ちきりのファーターズですが、退任した栗山監督のことも忘れないで!ということで、栗山監督を尊敬していた宮西投手が、10月26日の札幌ドームでのホーム最終戦で話題となった場面について語りました。

草野あずみ:(宮西投手へ交代の際)栗山監督が自らマウンドに歩み寄り、宮西さんに手渡しでボールを渡している姿を見て、表情や、お互いにウルウルしているのが伝わってきて、ジーンとしていました。

宮西:けっこう、そういう言葉は頂きましたけど。まさかね、自分がマウンド上で「やばい!涙出る」ってなるとは思わなかったんですよね。さすがにね、勝負の場ですし、自分も(記録更新がかかる)50試合目の登板で「しっかり抑えたい」というプレッシャーもあるし…。だけど涙がこぼれそうでしたね。(中略)

宮西:「最後に監督がボールを渡したい」と伝え聞いてから、いろいろ考えさせられましたよね、自分の今までの(栗山)監督とのやりとりと言うか。本当に。自分の成績を振り返ったときに「ほとんど(栗山)監督やん」と思って。それは凄く、いろいろ思うところがありましたね。

草野:粋な演出もありましたよね。

宮西:登場曲ね?(編注:投手交代の際、登場曲として特別に、さだまさしの「道化師のソネット」を選曲)。あれも(ボールを)直接、手渡ししたいと伝え聞いてから、何か監督の思い出となるようなことをしてあげたいなと思って、監督に付いてるマネージャーに「監督って、どんな音楽が好きなの?」って聞いたら、「さだまさしさんの『檸檬』(れもん)が好き」って言われたん。で『檸檬』を聞いたら、(登場曲には)合わないだろうなと思って、そこから、さだまさしさんの曲をひたすら全部、聴いて、その中で『道化師のソネット』を「わあ、これいいかも」と思って。

宮西:あれもアレンジしてるんですよ、ちょっと。急きょ、音響さんに頼んで「何秒から始めて何秒まで、次の何秒からもう一回、つなげて下さい」って言う感じなんで。

草野:そうだったんですね~。

宮西:そんな感じなんで、あの曲(『道化師のソネット』)を知ってる人は「んっ?」って感じになるかも知れないんですけど、僕の好きなフレーズというか「監督っぽいな」ってところを全部、選んだんです。

あのシーンの裏には、宮西投手の万感の思いも込められていたんですね。本人の語りで聴いてからもう一度、あの交代シーンを見ると、ファンならずともちょっと込み上げるモノがあるかも知れません。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) ★『吉川のりおスーパーLIVE』内
 

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

神野三枝が気づいた「節電要請に応える電気ポットの使い方」

東海ラジオ『Paradise』(月~金9:00~11:00)は「あなたの人生がパラダイスに!」なるように、オトナな音楽、カルチャー情報、医療や介護の問題、ホットなエリア情報、役立つ生活情報、ショッピング情報など、様々な情報を持ち寄って、ホッと一息つける時間を演出する番組。DJは神野三枝。12月1日のオープニングトークは「今日から始まった節電要請」の話から。

Facebook

ページトップへ