宮西尚生「まさかマウンドで涙するとは思わなかった」栗山監督からの"手渡し"に秘められた思い

栗山さんのためにも"15年連続50試合"目指す!! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、真剣勝負の試合の舞台裏やチームメイトのこと、リスナーからのお便りにも答える番組『宮西尚生のなんとかなるさ』。今や"ビッグ・ボス"の話題で持ちきりのファーターズですが、退任した栗山監督のことも忘れないで!ということで、栗山監督を尊敬していた宮西投手が、10月26日の札幌ドームでのホーム最終戦で話題となった場面について語りました。

草野あずみ:(宮西投手へ交代の際)栗山監督が自らマウンドに歩み寄り、宮西さんに手渡しでボールを渡している姿を見て、表情や、お互いにウルウルしているのが伝わってきて、ジーンとしていました。

宮西:けっこう、そういう言葉は頂きましたけど。まさかね、自分がマウンド上で「やばい!涙出る」ってなるとは思わなかったんですよね。さすがにね、勝負の場ですし、自分も(記録更新がかかる)50試合目の登板で「しっかり抑えたい」というプレッシャーもあるし…。だけど涙がこぼれそうでしたね。(中略)

宮西:「最後に監督がボールを渡したい」と伝え聞いてから、いろいろ考えさせられましたよね、自分の今までの(栗山)監督とのやりとりと言うか。本当に。自分の成績を振り返ったときに「ほとんど(栗山)監督やん」と思って。それは凄く、いろいろ思うところがありましたね。

草野:粋な演出もありましたよね。

宮西:登場曲ね?(編注:投手交代の際、登場曲として特別に、さだまさしの「道化師のソネット」を選曲)。あれも(ボールを)直接、手渡ししたいと伝え聞いてから、何か監督の思い出となるようなことをしてあげたいなと思って、監督に付いてるマネージャーに「監督って、どんな音楽が好きなの?」って聞いたら、「さだまさしさんの『檸檬』(れもん)が好き」って言われたん。で『檸檬』を聞いたら、(登場曲には)合わないだろうなと思って、そこから、さだまさしさんの曲をひたすら全部、聴いて、その中で『道化師のソネット』を「わあ、これいいかも」と思って。

宮西:あれもアレンジしてるんですよ、ちょっと。急きょ、音響さんに頼んで「何秒から始めて何秒まで、次の何秒からもう一回、つなげて下さい」って言う感じなんで。

草野:そうだったんですね~。

宮西:そんな感じなんで、あの曲(『道化師のソネット』)を知ってる人は「んっ?」って感じになるかも知れないんですけど、僕の好きなフレーズというか「監督っぽいな」ってところを全部、選んだんです。

あのシーンの裏には、宮西投手の万感の思いも込められていたんですね。本人の語りで聴いてからもう一度、あの交代シーンを見ると、ファンならずともちょっと込み上げるモノがあるかも知れません。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) ★『吉川のりおスーパーLIVE』内
 

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

【西武】西口文也ファーム監督インタビュー オフに手術をした森脇、佐々木健両投手のリハビリは「今のところは順調に進んでいる」

2月2日放送のライオンズエクスプレスでは前日に引き続き、埼玉西武ライオンズの西口文也ファーム監督にインタビューした模様を放送した。キャンプに先立って発表された班分けについて、そしてファーム監督としての来シーズンへの思いを訊いた。

――新人選手では武内夏暉投手、宮澤太成投手、糸川亮太投手がA班スタート。上田大河投手のB班スタートの理由は?
西口「最初から無理させて故障させてもいけないというところだと思います(新人合同自主トレでも別メニュー)。」

――昨年の1年目はA班スタート、シーズン中も一軍に居続けた青山美夏人投手もB班スタートですが理由は?
西口「はっきり言っていいのか分かりませんけど、今年は先発をやってみようというのでB班スタートになりました」

――じっくりと調整しなおすということ?
西口「元々大学の時に先発はやっていましたし、先発としてやってみようじゃないかと。中継ぎから先発をやるのは長いイニングを投げたりで違う部分はあるが、先発をやっていれば中継ぎもできる。投げるスタミナをつける部分で、A班よりもB班の方が取り組みやすいからではないですかね」

――A班では焦ってしまうからB班という心遣いもある?
西口「そこもあると思います。B班の方が投げさせやすい。A班だと他の投手の調整も考えないといけないので」

――青山投手の台湾ウィンターリーグでの投球はどうだった?
西口「まあまあ、ぼちぼちというところじゃないですかね(笑)」

――海外でプロのユニフォームを着て野球をするという経験は大きい?
西口「そうですね。違う環境で野球をするのはもちろんですし、どういうバッターか分からない状況で投げる経験ができたと思います」

――育成選手では唯一、タイシンガー・ブランドン大河選手がA班でキャンプインしますが、その理由は?
西口「元々ポテンシャルが高い選手で魅力もある。ちょっと怪我は多かったですけど、それも癒えて万全の体調で臨めるので、もう一度挑戦してもらおうというところです」

――本人は張り切りますね?
西口「やはりそこでしっかりとアピールしてもらって、支配下に戻ってもらいたい。ポテンシャルは高いので」

――ブルペンを支えた森脇亮介投手、佐々木健投手はオフに手術をして育成選手としてのスタートですが、リハビリは順調?
西口「今のところは順調に進んでいる。焦らずにやってほしいと思います」

――新人選手、昨年から育成の選手、支配下から育成になった選手と様々な選手がいますが、二軍と三軍ではどのような連携を取っていく?
西口「普段から連携は取れているのであえてという部分はないですけど、支配下から育成になった選手はどれだけもう一度支配下選手になりたいという強い気持ちを持てるか。それを持って練習に取り組むことが大事になってくる。どうやって声掛けしていくかは私たちにとって大切な部分だと思うので、気をつけながらやっていきたい」

――イースタンリーグ優勝、狙いにいきますか?
西口「上の方から今年は狙いにいけと言われている(笑)。もちろん狙いにいきたいと思っています」

※インタビュアー:文化放送・斉藤一美アナウンサー

Facebook

ページトップへ