宮西尚生「監督が代わっても合わせるのが一流選手」ビッグボスの下でも活躍を宣言!

厚澤さん、ありがとう!! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、現役の選手ならではの舞台裏やチームメイトのこと、そしてリスナーからのお便りにも答える番組『宮西尚生のなんとかなるさ』。今週もビッグボス新庄の話題が多いファイターズにあって、一方ではチームを去ることになった選手やコーチも多くいます。師匠でもあった厚澤和幸ピッチングコーチの退団について、宮西投手が率直な思いを語ります。

宮西:厚さん(厚澤コーチ)はルーキーの頃から、ずっと同じチームで見てもらってたんで、相当の寂しさというか「ひとつの時代が変わったんだな」と言う思いが確信的なものになりましたね。ずーっと精神的に支えてもらっていたコーチだったんで。これは僕だけでも無いんですよ。ピッチャー陣全員がそうですよ。

宮西:何というか、言えない文句とかも聞いてくれるコーチなんですよ。本当は、コーチにそんなこと言える環境って、ないじゃないですか。だけど、それを平気で言える空気感を作ってくれる良いコーチだったんで、若い選手も中堅も、僕もそうですけど、みんな頼りにしてましたよね。

草野:相談しやすい空気感を…?

宮西:うん。やっぱり指導者として、適任な人材だと思いますよ。

草野:相談したくても、なかなか切り出しづらい場面も、あるものなんですか?

宮西:もちろん、それはありますよ。その壁を取っ払ってくれるのが厚澤さんで。厚澤さんもプロ野球で苦労された方なので、そう言う気持ちも凄いわかるし、だから色んな選手から頼られる人なんだなと思いますね。

宮西:(中略)だから本当、(厚澤コーチが)いなくなるのは、辛いね。

辛い別れの一方で、新しい出会いもやってきます。言うまでもなく、ファイターズには、ビッグボス・新庄監督が就任しました。宮西投手自身は、まだ直接、会っていないとうことですが、来シーズンの「新庄監督体制」に向けた思いも語っています。

宮西:僕も、ファンのみなさんと一緒で、ニュースでしか(新庄監督を)見てないんですよ、情報も。だから「わぁ、新庄さんだ」みたいな感じだよね。 (中略)

草野:新庄監督が会見で「みんなが僕がやりたい野球を理解して、そっちを向いて欲しい」ということを話していましたけど。

宮西:本当、そうだと思います。やはり同じ方向を向いていないとダメだし。栗山監督は栗山監督のやり方に、僕らは合わせないといけないし、新庄監督・ビッグボスには、ビッグボスに合わせないといけないし、しっかり合わせられるのが、監督が代わっても合わせて、そこでまた同じだけのレギュラーを取れるのが一流選手だと僕は思っているので。

宮西:だから次は、ビッグボスのやり方に合わせて、貢献していきたいなと、すごく思っています。

来シーズンは、NPBタイ記録となる「15年連続50試合出場」がかかった大事なシーズン。今シーズンは自分自身もあまり納得のいかないシーズンだったと振り返っているだけに、来シーズンにかける思いは誰よりも強い宮西投手。ビッグボスの元で、再び「勝利の方程式の解」になるよう、期待します!。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜日 17:30~17:40)
 

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

コンサドーレ野々村"会長"「前3人はどこも出来ないといけない」新戦力の攻撃陣に"指令"

三上GMが赤裸々に ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和会長が出演するSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』。社長から”会長”に」なってからは初めての出演になりますが…何も変わりません。いつもと変わったことと言えば、今週は野々村会長は沖縄からのリモート出演。コンサドーレのキャンプの様子もちょっとだけ含めて、いつもの野々村トークを展開します。

チームは沖縄キャンプで27日、J2・長崎と練習試合を行って、浦和から加入したFW興梠慎三選手がシャドーのポジションで出場しました。

野々村:内容は良いに越したこと無いけど、45分なり90分なり、しっかりサッカーが出来るかどうかの確認という意味では、十分な練習試合だたっと思います。

吉川:右シャドーに興梠選手は入ったと言うことですが、これもオプションのひとつと言うよりは、今いるメンバーの中ではシャドーになる?

野々村:オプションのひとつだとは思います。コンサドーレの前3人は、誰がワントップで誰がシャドーかって、そんなに強く意識する必要もなくて、誰でもその3つのポジション出来ないといけないよって所があるので、場合によってはシーズンの中で(興梠)慎三がシャドーをやることもあるかも知れないし。何か大きな狙いがあって(練習試合で)やっていることではないですね。

吉川:興梠選手が入り、シャビエル選手が入ってきたところからすると、攻撃陣の競争力が一気に上がりますね。

野々村:それは間違いないと思いますね。シャビエルもきょう(28日)来ると思うんです。コンディションはまだまだなんだろうけど、みんんがそこそこのコンディションになれば、競争は相当、激しくなると思います。

吉川:考えて見れば、もう1か月後には(開幕なので)トップ(コンディション)の状態じゃなきゃいけないんですよね。

野々村:それが望ましいけど、それはなかなか難しいかなっていう風には僕は思ってます。2週間以上、キャンプやれてる選手と、シャビエルなんかも今日からみたいな感じになるわけですよね。そこのコンディションのバラつきはあるから、開幕の時にピークである必要は全然、ないと思います。今までやって来たことのベースがあるので、元気な選手がしっかりいれば、それなりのパフォーマンスはチームとして出せると思うので、個々、だんだんとコンディションを上げて行ければいいんじゃないかなと思います。

コロナ禍の影響で、野々村会長もチームの選手、スタッフとの接触は最低限にしているようですが、チームの仕上がり具合は注意深く見ているようです。

そう、開幕までもう1か月となりました。早く興梠選手やシャビエル選手の躍動する姿を札幌ドームで見たいですが、その前に番組としては、どうしても週明けの「Jリーグ・チェアマン」の発表が気になります。ドキドキ…。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)

Facebook

ページトップへ